善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

人物紹介 ~通仁親王(1124~1129)~

通仁親王(1124~1129)

●概略●
鳥羽院と中宮藤原璋子の次男(第三子)。
生まれた時は「儲宮(東宮)の御誕生」と騒がれたが、視覚に障害があったためか、五歳の正月に着袴の儀が行われることはなかった。両院は万年祈祷を怠らなかったという。
三条西殿の西対代廊南面を御在所とし、両親の手元で育てられていたが、折悪しく母璋子の七度目の御産直前に痢病にかかったために別居を余儀なくされ、そのまま対面を果たすことなく薨去してしまう。満年齢で僅か五歳三ヶ月の人生だった。
もしこの通仁親王が健康で長生きしていたら、早々に東宮に立てられた可能性も高いため、そうなると果たして後白河天皇は誕生していたのか、それ以前に近衛天皇は誕生していたのかもわからない。短い生涯であったが、皇統に及ぼした影響は大きかった。
詳しくは↓続き↓をどうぞ。
(参考資料は『中右記』、『長秋記』、『御産部類記』)



続きを読む
スポンサーサイト
  1. 1924.05.28(水) _00:00:00
  2. 待賢門院藤原璋子
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。