善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

人物紹介 ~君仁親王(1125~1143)~

君仁親王(1125~1143)

●概略●
鳥羽院と待賢門院藤原璋子の三男(第四子)。実は、女院から生まれた初の皇子(それまでは未婚の内親王か出家した后が女院になっていた)。
「筋あり骨なし」と『台記』に記されていることや、生来病弱で生後七日目には一度息が絶えていることから、骨形成不全症であった可能性が考えられる。二歳の時の魚味始を最後に、生涯公式の場に出ることはなかったが、視覚に障害があった兄通仁親王が移徙などに参列していることなどを考えると、君仁の場合は自力で歩く能力が備わらなかったことを問題視されたのかもしれない。
享年十九。
君仁は、健康で長生きをしていたら、恐らく通仁に次ぐ有力な皇位継承候補になっていたはずである。また、もし君仁が健康であったなら、鳥羽院と待賢門院が熊野参詣を行うのはもっと後であるか、あるいは行われなかった可能性もある。通仁・君仁兄弟の早世と障害は、一家族の問題ではなく、歴史の流れに大きく携わる事件だったと言えよう。
詳しくは↓続き↓をどうぞ。
(参考資料は『御産部類記』・『中右記』・『長秋記』・『台記』・『本朝世紀』)



続きを読む
スポンサーサイト
  1. 1925.05.24(日) _00:00:00
  2. 待賢門院藤原璋子
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。