善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

人物紹介 ~叡子内親王(1135~1148)~

□叡子内親王のプロフィール□
鳥羽院の四女。後の美福門院藤原得子の第一子ですが、生後一ヶ月以内に鳥羽院の皇后宮藤原泰子(後の高陽院)の養女となり、泰子を母として生涯を共にしました。
叡子は『今鏡』にもあまり登場しない、多彩な人生を送った妹弟と比べると影が薄い内親王です。とはいってもそれは後世のことで、叡子は存生中は「高陽院の姫宮」と呼ばれ、その同行は妹たちよりも注目されていたことは間違いありません。もし成人していたら、高陽院の遺領を継ぎ、政界に一定の影響力を持ち得たでしょう。
そんな叡子の生涯を追います。



●叡子の立身出世●
叡子内親王が誕生したのは、保延元年(1135)十二月四日、父鳥羽院三十三歳、母「院の寵人」十九歳の冬でした。この「院の寵人」は後に美福門院となりますが、この時は鳥羽院の寵愛に頼る他ない、ただの「故中納言長実の娘」です。
鳥羽院と彼女が出会ったのは、鳥羽院が二人目の后となる皇后宮藤原泰子を迎えた一年後の、長承三年(1134)の初秋頃。紆余曲折を経て、翌年十二月四日に第一子の姫宮が誕生しました。
しかし、鳥羽院はこの姫宮を寵人に育てさせて、ただの庶子として扱うつもりはありませんでした。
実は姫宮誕生から二ヶ月前の十月十一日から十日間、鳥羽院は泰子と共に新造の宇治小松殿に滞在し、婚姻以来、初めてまとまった時間を泰子と過ごしています。恐らくここで、鳥羽院はすでに四十一歳になり、懐妊の望みが薄くなった泰子に、寵人の産んだ子を養子にすることを提案したのではないでしょうか。その証に、姫宮は生後二週間しか経ってない十二月二十一日に、鳥羽院と共に泰子の待つ東三条殿に移り、泰子の養女となりました。
この縁組は、一人の皇子も皇女も持たない泰子と摂関家に対する鳥羽院の気遣いでもあり、同時に寵人の地位を引き上げる為のものでもありましたが、実は泰子と姫宮は赤の他人ではありませんでした。泰子と得子は二十二歳も年の差がありますが、泰子の母源師子と得子の母源方子は、村上源氏の血を引く従姉妹同士で、なんと方子の方が四歳年上なんです(得子は超高齢出産で生まれています)。そう考えると、得子の娘が泰子の養女になることは、珍しいケースではあるものの、不自然ではありません。
さらに解説をしておくと、得子の父長実と待賢門院の父公実も実は母方の従兄弟同士なので、得子から見れば、泰子は母方の、待賢門院は父方の再従兄弟に当たります。……と、こう書くととんでもなく狭い範囲で婚姻が行われているみたいですが、意外にも、泰子と待賢門院の間にはこのような血縁関係はなく、二人は赤の他人同然なんです(二百年前まで遡れば、二人の先祖もやはり兄弟ですが)。こう言った「后妃同士が血縁的には赤の他人同然で、身内特有の繋がりやしがらみがない」と言うのは、平安時代後期における后妃の特徴かもしれません。

さて、翌保延二年(1136)正月二日、鳥羽院は初めて元三のうちに泰子の東三条殿に赴き、姫宮と時を過ごしています。二十六日の五十日儀と三月二十七日の百日儀では、摂関家の面々が勢揃いし、姫宮が正真正銘摂関家の姫宮として遇されていることがわかります。そして四月十九日、待賢門院腹の皇女より遅くはなりましたが、生後半年以内に姫宮は叡子と名付けられ、親王宣下を蒙りました。さらにこの日、生母の院寵人にも得子と名が付き、従三位に叙されます。この叙位により、未だ正式な女御宣下はないものの、得子は「院女御」と認識されるようになりました。
さらに得子はこの後再び懐妊し、翌保延三年(1137)四月八日の釈迦の誕生日に、第二子となる姫宮(後の八条院)を出産します。今姫宮と呼ばれたこの次女の生後五日目にあたる十二日、叡子は三歳で准三宮に宣下され、年官年爵と封千戸を賜りました。叡子はまだ数えで三歳ですから、叡子が手にした人事権は養母泰子が賜ったも同然ですが、とにもかくにも、以後、叡子は生涯「准三宮無品叡子内親王」として生きていくことになります。



続きを読む
スポンサーサイト
  1. 1935.12.04(水) _00:00:00
  2. 待賢門院藤原璋子
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。