FC2ブログ

善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

トンマン考:優しい人、残酷な人

善徳女王BS版も36回まで来ました。
ちなみに、BS版をご覧の方にはやはり完全版の視聴をオススメする緋翠です。(この間の25回にウルチェ退場のシーンがあり、王様とウルチェと言う、第二回から描かれていた主従の結末がきちんと書かれていました。名シーンです。時代劇には付き物の単なるイエスマンのアホの子とは違う形で、『忠臣』を見せてくれたウルチェ。ウルチェがいないと言うことは、すなわち王様の治世も晩年と言うことなんですよね。間接的ではありますが、新陳代謝がほとんど皆無の堅実なミシルチームに対し、若竹のような、荒削りだけれども勢いと情熱は誰にも負けないトンマンチーム。そして、身も心もボロボロで、ブレインまで失った王様チーム。それぞれの興亡が見えて、25~29回辺りは本当に面白いです)
さて、その36回ではとうとう比才編が終わりを告げました。公的には、ソファと再会し、ムンノの試練に立ち向かい、王業とは何かを学ぶトンマン。しかしその一方で、私的には変わらぬソファの愛を喜ぶ反面、チュンチュの拒絶に傷つき、ユシンの結婚に打ちひしがれます。……この頃からソファが死ぬまでのトンマンは、身も心も『王女様』です。負けず嫌いでツンツンツンデレなトンマンらしからぬ、甘い乙女心が多々見られます。
はっきり言って、管理人はその乙女なトンマンが苦手でした。不器用だけど男前で、時に残酷なトンマンの不思議なカリスマが好きだったからです。だから、ソファが死んだ後、自らミシルの懐に飛び込んだ時にはホッとしました。戻った、真っ直ぐにがむしゃらで、でもそんな彼女にどれだけ周りの人間が心を痛めているか、それには気付かないトンマンが戻った、と本当に嬉しかったのを今でも覚えています。
そして最近、ユシンとの恋愛話を考えている中でふと気付きました。
トンマンがやたらと乙女モードになってユシンに未練たらたらだったのは、ユシンのせいじゃないんですよ。いえ、正確には、恋の相手がユシンだからじゃないんですよ。そして、ユシンと歩むはずだった『女として、人としての道』に人格変わるほどの未練があるからでもないんです。だってその時の彼女は、覇道なんて歩いていなかったから。
何故かと言うと、31話~47話まで、トンマンがやたらと乙女モードだった時、彼女の傍にはユシンとは(勿論、ピダムとも)比べ物にならないくらい、彼女に大きな影響を及ぼす人物がいたんです。ソファが、いたからなんです。

以下、「浄土~」を書きながらトンマンに対して感じたことをつらつらと。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2010.07.08(木) _21:40:46
  2. キャラ語り
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP