善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

SS これぞミセンの最終極意 巻之二

※本日二本目の記事です。


今回のお話には、豆知識と言うか、管理人が調べてみたら判明したとある人物の家族関係が出てきます。いやあ、風月主出身者は記述が多くて助かりますv

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010.08.31(火) _22:34:27
  2. SS(ドラマ設定IFもの)
  3.  コメント:3
  4. [ edit ]

8月29日と30日に頂いたコメントへの返信

善徳女王、大好きです。

……が、かと言って、善徳女王に出演している役者さんの違う作品を見る気はゼロの管理人(笑)
作品のファンになったら普通は役者さんのファンにもなって、次回の出演作も見そうなものですが、何故かそうはならないんですよね…。また善徳女王はハマり役が多かっただけに、難しそうです。

ただ、主役には思い入れがありまして! やっぱりドラマは女性主人公に共感出来るのも大事ですが、男性キャラに感情移入して女性主人公に恋をしないとつまらないですよね!(ええっ?)(トンマンに恋して見てます。トンマンラブ。トンマンがメインじゃないとつまらん!な管理人です)(…)
と言うわけで、ヨウォンさん情報はちょこちょこ調べているのですが、今年はどうやらのんびり過ごされるようです。でもモデルはしていらっしゃるので、「はぁ、美しい…(はぁと)」な気分にはなれて幸せですv
つーか、本当に、なんでトンマンを脱がせなかった!?(※トンマンには入浴シーンがありました)
ピダムとの恋愛をメインにするなら、キスシーンでも足洗うシーンでもなんでもいいからもっと色んなシーンを見せてくれれば良かったのに! 綺麗なのに! 美脚が勿体ない!!(!?)
……すみません、つい興奮しました。
って言うか、足洗うのはソルォンさんキャラであって、ピダムのキャラじゃないですね。トンマンも気持ち悪…もとい、嫌がりそう(笑) 「風呂くらい一人で入れる!」ってなりそうです。


続きから頂いたコメントへの返信です。
いつもありがとうございますv また、拍手ではなくコメント欄に頂いたコメントへは、私もコメント欄から返信することにしました。(りば様よろしくです!)
今日はこの後ミセンSS(え)の続きを更新出来たらなーと思います。

続きを読む
  1. 2010.08.31(火) _19:35:50
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:4
  4. [ edit ]

ごっちゃごっちゃと。

※本日二本目の記事です。


あちこち弄ってみました。
これまでに頂いた企画以外のネタ一覧を作ってみたり(せっかくコメントを頂いてもニワトリ頭な管理人、三日で忘れてしまうので…。汗)、テンプレートを変えてみたり、善徳女王関連の全ての記事にコメント欄をつけてみたりしました。
毎日拍手からコメントを頂いて、とってもありがたいのですが、拍手コメントって、改行は出来ないわ絵文字は使えないわ文字数制限もあるわで、送って下さる方にとっては不便な一面も多いかも……と思い至りまして。長文なので改行したり、絵文字を使ってみたいと言う方は、記事についているコメント欄からどうぞーv コメントを隠しコメントにした場合は、『最新コメント』一覧にも反映されないので安心です(?)

ところで、昨日は善徳女王完全版がお休みで悲しい一日でした。
何故。何故チュンチュブームが来ている今、チュンチュ登場の回でお休みになるのか! 焦らされてるのか!?(落ち着けー)
前回のBS版のピダムがゲゲゲゲゲとしか言いようのない感じだったので(やっぱりミシルとピダムのコンビは嫌だ…。会話が気持ち悪い。二人の表情も気味が悪い。あれは母子じゃないだろうどう見ても! ああもう、いっそ、ミシルはピダムを愛人にしちまえよ!! 寝取ってしまえ!! その方がスッキリするわ!!)(えええええ)、チュンチュに癒されようと思っていたのですが……残念。
今週はトンマンとチュンチュが可愛い回なので、そこでエネルギーをもらおうかと思います。チュンチュ×トンマンは頭の中で考えている限りは楽しいです(笑)
  1. 2010.08.30(月) _23:38:50
  2. お知らせ&ご挨拶
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

リレー連載『偽りが変化(か)わるとき ~砂漠編』  by 緋翠

リレー小説第6弾! 今度は管理人緋翠のターンです。
更新が遅れてしまいまして、本当にすみません…!(汗) な、なんで今回こんなに手こずったのか…。

あ。そう言えば、アルチョン郎こと、イ・スンヒョさんのファンミーティング(お茶会みたいなものなんでしょうか?)と言うのがあるようです。アルチョンファンの皆様、良かったら参加してみて下さいv^^v

続きを読む
  1. 2010.08.30(月) _21:49:35
  2. リレー小説『偽りが変化(か)わるとき』
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

8月28日に頂いたコメントへの返信とイメージ獣(笑)

ちっちき様から、『片羽根の鳥』に出てきた「蛟(みずち)」についてコメントを頂いたので、なんとなーくの動物イメージの話を。(ちっちき様へのコメントにて「蛟」についてはお話させて頂きますーv)
ピダムは「犬犬」散々言っていますが、正確には「狼→犬」イメージです。狼人間ピダム(笑) 美女トンマンと野獣ピダム(コラ!)
あとユシンは獅子で、アルチョンは虎(獬豸(カイチ)もアルチョンっぽいかなー。裁判官アルチョンw)……と言うのはさておき、トンマンは鳥イメージが強いですね! ドラマのOPでも鳳凰がメインになっているので、多分鳳凰がトンマンの象徴なんじゃないかと。王が善政を敷いた時に現れるのが鳳凰ですし、柔らかいイメージがあっていいなーと思います。鳳凰と言えば風を司る神獣なので、砂嵐で死ななかったのも鳳凰の風が守ってくれたんじゃ……とか勝手に妄想出来ますし(笑)(水に弱い……と言うか泳げないのも、鳥なら納得と言うか)(妄想です。ハイ)
ミシルはどれかなーと思ったのですが、パッと浮かんだのは九尾の狐でした(笑) 九尾の狐は妖怪のイメージが強いですが、確か中国では瑞獣でもあって……ただ、やっぱり絶世の美女だったり妖怪だったり、色んな面があってミシルらしい気がします。
ムンノは麒麟かなあ。最強の花郎なのに殺生を嫌って肉食もしないところが麒麟っぽいです。最初の頃は、その殺生を嫌う性格が仇となってか(?)、どーにもこーにも不思議ちゃんでちょっと間抜けなところが目立ってましたが…(笑)
あ、チュンチュの「蛟」は、「龍の前身」と言うイメージで書きました。「これから龍になりますよー」な存在ですね。ちなみに「蛟」は細身の身体をしていて、水辺に住んでいて、毒がありますw 「蛟」を「みずち」と読むと、日本の神様(蛇神)を表す意味が強くなるので、「みずち」ではなく、「コウ」と音読みする方が正しいかもしれません。『片羽根の鳥』では、中国の蛟をイメージして書いたので…。

ではでは続きから頂いたコメントへの返信です!
毎日の拍手、ありがとうございますーvv

続きを読む
  1. 2010.08.29(日) _18:44:04
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

SS これぞミセンの最終極意 巻之一

※本日二本目の記事です。


ちっちき様リクエスト「司量部令時代、もしピダムがトンマンを諦め他の女性と婚姻しそうになったら?」ですー。
……リレーSSがなかなか進まないので(なんでだ!!滝汗)、ストックしていたSSを放出します。うおー、カターン、カターンおじさん降臨して下さい…!!(落ち着け)

↓の画像は、後で出てくるトンマンの私服です。実は、どっちにしようか迷っています。……本当はもっと可愛い色を着せたかったのですが、トンマンは可愛い色合いのものは着ないようなので(笑)、濃い色で攻めてみました。ちなみにまだ女王時代前半なので、髪の毛も膨らんではいません。
トンマン  1.png

また、今回のSSはリクエストの内容的にも、どうしても女性のオリジナルキャラクターが必要だったので、登場しています。苦手な方はご注意下さい!

続きを読む
  1. 2010.08.28(土) _18:44:12
  2. SS(ドラマ設定IFもの)
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

8月27日に頂いたコメントへの返信

りば様から頂いた、『善徳女王でカレンダー!』ネタ。一日考えた結果、こんな感じになりましたv

1月:これはもう、我らの女王陛下ですよ! 一番美しいアングルで美しいお化粧で美しい衣装で、バックには荘厳華麗なお寺(トンマンが建てた芬皇寺とか霊廟寺とか、皇龍寺の九重塔とか)と牡丹の花をお願いします。誰もが見惚れるレベルの美を要求します(笑)
2月:砂漠にいた頃のソファと子供トンマン、カターンおじさん、それからこっそりチルスクの集合写真とか見たいですねーv 上半分が砂漠チーム、下半分が若きミシルチーム、かなーと。
3月:ミシルはうお座と言うことで、璽主のピンショットをここに。鎧武者ミシルと宮主ミシル、璽主ミシルと三分割でもいいかもしれません。
4月:りば様と同じく、アルチョンの一日を六分割で! 一番大きい部分を真ん中に持ってきて、そこには十花郎皆で宴会してる写真が良いですねv
5月:若葉と言えば、ユシンと龍華香徒の仲間達! 草原を走るユシンと、その遙か向こうでへばってる郎徒達が懐かしいです。郎徒のトンマンもここにいて欲しいですね! 上将軍ユシンも捨てがたいんですが、若葉じゃないしなあ…。
6月:ふたご座ですから、当然トンマンとチョンミョンですよ! 二人でお揃いの可愛い服を着て(チョンミョンチョイス)、指輪や耳飾りなんかを取り合って下さい(笑)
7月:ちょうど半分来たので、ここでトンマンチーム特集を。ウォリャとソルチも含め、皆のお気に入りの衣装で集合して欲しいです。トンマンは47話辺りの衣装で、ウォリャは27話の時の衣装と髪型で、ピダムもあのボロボロ衣装で、アルチョンはポニーテールで(笑)
8月:しし座と言うことで、比才を!(え) 善徳女王に出てくる男性陣はほぼ全員花郎(と言うか風月主)出身者なので、男性陣オンリーで細かく色んな戦いのショットを収めて欲しいです。
9月:新羅で中秋の名月と言えば嘉俳! と言うわけで、女性陣総出演で、トンマンチームとミシルチームに分かれて機織り競争を。主将の二人は機織り出来ないので、作戦立てるだけですが(笑) 8月と9月は漫画形式だと嬉しいですね!
10月:ピダム、チュンチュ、ミセン、ムンノ、ヨムジョンの遊郭チームと、呆れているテナムボでお願いします。ちなみに一番大きく写ってるのはミセンで、ムンノに酒色を勧めようとしつつも上手くいかず、チュンチュに密かに笑われています(笑) 後ろの方でピダムがヨムジョンをシメようとしているとなおいいです(笑)
11月:三韓一統チームと言うことで、トンマン、ユシン、チュンチュ、あとはおまけで真興王を(笑) ユシンは当然鎧ですよ! 許されるなら、そこにヨン・ゲソムンとウィジャ王も入れたい…。ケベク将軍も好きなので是非…!
12月:最後は全員で集合写真を! 陣営に関係なく、皆が幸せな笑顔で写ってる写真がいいですv
オマケ:推火郡の田舎で暮らすトンマンとピダム。トンマンが鶏を掴まえようとじりじり迫っていて、その後ろからそのトンマンを掴まえようと迫るピダムの図とかだと良いですね!

りば様、私のイメージだとこんな感じですーv
皆様はいかがでしょうか? こんなショットを求む!とかあったら教えて頂けると嬉しいですv

続きから頂いたコメントへの返信です。毎日見に来て下さっている方、拍手を下さる方、皆様いつもありがとうございます!

続きを読む
  1. 2010.08.28(土) _00:02:54
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

少年と乙女。@チュンチュ×トンマン

※本日二本目の記事です。



トンマンでカップリング表記すると、どう言うわけだかピダムに対してだけは「トンマン×ピダム」になるんですよねー。あ、厳密にはチョンミョンに対してもそうなんですが(コラ)、男相手だとピダムだけ。
この「×」の意味や使い方について詳しく知っているわけではないので、これが正しいかどうかはさっぱりなんですが、アクションを起こす方が前に来るべきなのかなーと勝手に考えて使っています。より相手を求めている、必要としている、と言ってもいいかも。
ピダムはバカ犬なのでひたすらトンマンに尻尾を振ってますが(ちょ)、実はピダムより、飼い主のトンマンの方がより深刻にピダムを必要としてると言うか、彼に依存している部分が強いんじゃないかな…と最近思うようになりまして。

ケーキを初めて目にした子供が、「これがケーキだよ」と教えられて大喜びした結果、その百円のケーキ(しかも実はケーキはケーキでもパウンドケーキだったり)以外のものはどんなケーキであっても認められない、そのケーキが一番美味しい、と言うのと。
世界中のケーキを知っていて、食べたこともある、ちゃんと味もわかる大人が、自分の子供が作った、超下手っぴで美味しくもないケーキを世界で一番美味しいと言うのと。

どっちがより罪深いかと言われると、私は後者の方が罪深い(愛が深い)と感じます。なので、トンマンとピダムは、「トンマン×ピダム」。そんなイメージです(笑)

とまあ、そんな前置きはさておき!(えぇ)
続きからチュンチュ×トンマンの話です。

続きを読む
  1. 2010.08.27(金) _19:30:28
  2. キャラ語り
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

8月25日と26日に頂いたコメントへの返信

いつの間にか「ミシル様」が「璽主」になってる!!

……すみません、BS版42話見ての一番の感想がこれでした(笑)
次が「トンマンのお出掛け着再び!!」で、その次が「ヨムジョンとチュンチュの保湿パックw」で、次が「トンマンの「無骨で野暮な私」発言」でした。やっぱりトンマンとチュンチュのペア好きだなーいいなー萌えー。やっぱ連載しようかなー書きたいなー(コラ!)
多少進行が鈍い感じもしますが、久々のトンマン&ミシル対談もあり、チュンチュの感情の発露あり、セジョン&ソルォン&ハジョン&ポジョンの度量の見える対峙もあり、ミセン久々の狼狽もあり、面白い回でしたね!
また、ミシルがキレたのを真っ先に理解したのがトンマンと言うのがツボでした。確かに、小娘(トンマン)に好き勝手されるだけでも噴飯ものだったのに、そこで幼児(チュンチュ)にまで一杯食わされていたとわかったら、ミシルもキレるよなあw チュンチュを本気で泣かせにかかるのもわかります。二人の恐れ知らずで視野の広い考え方に揺さ振られたら、自分よりも愚かで、自分を馬鹿にしてきた貴族達に一生懸命気を遣って権力を維持してきたこと自体が馬鹿馬鹿しく思えもしますよね。ただ、ミシル自身、色々と悪事を働いておきながら自分が矢面に立たずに、王族を擁立してきたので、自業自得でもあると思うんですが…………ふいに、本日話題の小/沢/さ/んがミシルと被りました。(え)
とまあそんな与太話はさておき、やっぱりトンマンとチュンチュが! いーなーいーなー。
_086_seonduk.jpg
トンマンがチュンチュに対して怒るわけでも馬鹿にするわけでも恐れるでもなく、本気でその賢さと傲慢さを心配しているのが大変ツボです。チュンチュがその気遣いを鬱陶しそうに跳ね除けて、トンマンを下に置こうとするところも。
この間のSSを書いてても思ったのですが、ピダムがトンマンの気持ちをわかってあげられなくて妄想に走って自滅しそうになるのに対し、チュンチュはあくまでトンマンを見てその気持ちもわかっていて、その上で傷つけているような気がします。ピダムとチュンチュは、どっちも光と闇で言うなら闇に属するタイプですが、ピダムが無知の罪を象徴しているなら、チュンチュは全てを知っているからこその残酷さと言うか、まあそんな感じの違いが二人にはあるんだなーと。(日本語が足りてない管理人)

続きから頂いたコメントへの返信です!
拍手を下さる皆様もコメントを下さる皆様もありがとうございますーv

続きを読む
  1. 2010.08.27(金) _01:00:10
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

サヨナラショー怖い…!

と、初めて知りました。

※すみません、宝塚ネタです。

続きを読む
  1. 2010.08.25(水) _23:46:28
  2. 宝塚とかドラマとか。
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。