FC2ブログ

善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

11月24日と25日に頂いたコメントへの返信

実は先日、母&弟とユシン語りをしたついでに他のキャラの話もし、その結果ユシン&ピダムに関して親子で意見が真っ二つに割れたんですよー。
あ、我が家にはピダムファンはいないんです。ユシンファンもいませんが。(管理人→トンマン、アルチョン、チュンチュ。母→ソルォン。弟→サンタク。のファンです)

んで、この三人で揉めたのは。

・ユシンの行動は、大義か私利か。
・ピダムが最終的に欲しかったのは、トンマンか王座か。


ちなみに、私と弟はわりと意見が一致してて、「ユシン個人は悪い奴じゃないし武将としては凄いけど、権力者としては自分勝手なとこがあるし、伽耶問題はユシン個人の利益絡みで大義だけとは言いきれない。トンマンに対しても王として敬っている感じが全くない」と思うし、「ピダムは揺れに揺れたけど、それでも結局欲しかったのはトンマンで、夢を追うトンマンの傍に堂々といたいし対等な立場になりたくて出世もしたんだろ」なんですね。
ただ母はかなり違っていて、「ユシンは政治家じゃないし、伽耶の民って言い続けるのは彼らが被差別民だったからでしょ。今でも伽耶民を識別する戸籍があるんだし。トンマンに対する態度だって、そもそもユシンはミシルに対してだって偉そうだったじゃない」と思うし、「ピダムは生来飢え続けるキャラ。何か手に入れてもすぐまた次を欲しがる。第一、あれだけ頭が切れて、ちょくちょくどーでもいい嘘つく奴がトンマントンマンってなるとは考え難い。ミシルの時も思ったけど、キャラがころころ変わって理解出来ない。権力欲に塗れてムンノもミシルも殺すって方がよほど納得がいく」と。

あ、最終的にはこの話、チュンチュとアルチョンはキャラが一貫してるよねー理解出来るわーと落ち着きました(笑)……んが!

やっぱりユシンとピダムについてはお互い歩み寄れず…うーん。
あ、いや、人気のせいか、ピダムのキャラがころころ変わっていったことはお互い納得してるんですが。
やっぱり、最終的な目標は、トンマンだったと思うなー。ムンノもミシルも殺したピダムは王座を目指して権力を手にしていき、(わりと物凄くピダムに惹かれている)トンマンも手に入れようとしたけれども色々あってうまくいかず、最後は反乱を起こし、あと一歩で王座…と言うところで三国史記の通りトンマン死亡(か、そうと偽る)、ピダムの心が折れ、本当に欲しかったのはトンマンだったとわかる……が一番しっくり来るかなあ。

まあ、トンマンだけはピダムを信じたし、彼を庇い続けた。だから、彼にとっても、トンマンだけは特別な存在であって欲しい…とトンマンファン的には思うわけですが(笑)

とりあえず、ドラマのピダムが気持ち悪いご都合キャラであることは事実ですね!(ちょ)

でもトンマンファン的には、ユシンもピダムもどっちもどっち、「ゴルァ(#゚Д゚)」なキャラだったり…(コラ) お前ら、トンマンに散々世話になっときながら…と思わんでもないですハイ。一応、トンマン自身がピダムに惚れてるから、ピダムと恋愛させてますが。

結論としては、トンマンの「忠臣」は、ユシンではなく、アルチョンだと思います(笑)
トンマンファンは、所詮、トンマンを理解してトンマンに尽くしてくれるキャラが好きですよーふはははは(コラ)


と言うどーでもいい呟きを長々とすみません(汗)
続きから頂いたコメントへの返信ですー。いつも拍手ありがとうございます!

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2010.11.26(金) _22:10:35
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP