FC2ブログ

善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

彼は内なる欲望を叶える人。@トンマン×ピダム

弟が突然、

「『蘇る』と『黄泉がえる』の違いってなんだと思う?」(←レポートのテーマらしい)

と聞くので、答えました。

「『蘇る』は肉体的なものだから、例えば枯れた草木が水を得て元気になるとか、呼吸停止に陥った人が息を吹き返す時に用いる。『黄泉がえる』は精神的なもので、恋人が死んだとかまあ理由があって心が死(死者)に囚われていた人が、死の誘惑を克服して新たに生きる意欲を持った時に使う。……ってイメージかなあ」

と答えました。
つまり、管理人的には、最終回でピダムが死んでから三日後にトンマンは『蘇る』わけですが、『黄泉がえる』ことはなかったわけです。そしてその結果、死んでしまう。

…とゆー前置きはともかく。
(つーか理系に何を聞くんだ文学部!)


よく、ピダムが乱ありきでバカになっていくのが見ていて耐えられない、と言う話を聞きます。
んでもって、最近ではそう聞く度に、なんでそう言う感想になるのか理解出来ない管理人。

私は、ピダムがあの時点で乱を起こすのは(ピダム視点で見ると)至極真っ当な選択だと思うし、初登場の時から見ても、キャラとして終始一貫した行動だと納得出来ます。

ピダムだから、『あの時点で』乱を起こした。
他に、彼が乱を起こすタイミングはなかったし、乱を起こそうとも思わなかっただろう。(ミシル死後に「惜しみなく奪いま云々」とごちゃごちゃ言ってますが、あれは取って付けた感があります。だって、唐突過ぎるし、以後出てこないしw)
ヨムジョンにけしかけられたけど、本当はけしかける前に…トンマンから指輪をもらった時に、ピダムが乱を起こすことは決まっていた。
だから、ピダムは剣を手にした。トンマンの心の変化が、お互いにそうと気付かぬうちに彼を変化させた。

『王』と言う手綱でピダムと言う獣を飼い慣らしていたトンマンは、指輪を渡した時に、その手綱を取っ払ってしまったから。
だからピダムは、昔と同じように、トンマンの思惑の外で、人を蹴落とし殺しながらトンマンの願いを叶えようとする。

…って言う話を、以下つらつらとボヤきます。(纏まった文章を書けるようになりたい…)

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2011.02.01(火) _18:30:29
  2. キャラ語り
  3.  コメント:6
  4. [ edit ]

1月30日と31日に頂いたコメントへの返信

2月ですねー。
今日から暖かくなるそうで、嬉しいです(*´∀`)
どうやらこの冬は雪を見ずに終わる予感が…。大雪で大変な地方も多い中、昔のように気楽に「雪降ったらいいのになー」とか言わなくなった自分に老いを感じました(笑)

続きから頂いたコメントへの返信です。
チュンチュや管理人のマシンガントーク(笑)に拍手を下さった皆様、ありがとうございますv

続きを読む
  1. 2011.02.01(火) _00:42:00
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP