善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

5月30日に頂いたコメントへの返信

登場人物紹介の充実を図って、迷宮シリーズご案内をリニューアルしましたー。
どうも先週からSSの更新が少なくて申し訳ないです。毎日何かしら書いてはいるのですが、どーも完結しなかったり、途中で手が止まったり…。
うーん…とご飯作りながら61話を見てたら、管理人の母が「やっぱりトンマンはピダムを好きになったからいけないんじゃないの」…と。イカン、トン&ピ派としてはやはしそこは…と反論はしたのですが、「でも、トンマンはピダムのことは即位する前から可愛いわんこって思ってたし」と言ったのが不味かったのか、「可愛いわんこなら、トンマンが軽い発作を起こした瞬間に「陛下!」って屈んでるアルチョンとチュクパンがいるじゃん」と返す刀で斬られてしまいましたww
本当はそこでさらに反論すべきなんですが、結局、「アレだよ、トンマンはミシルのファンだし、変なんだよ趣味が」と変なフォローをしてしまい…最終的には、「トンマンはアルチョンやチュクパンとくっつけば良かったんだ」と言う結論に纏まりました(ちょ)

続きから頂いたコメントへの返信ですー。いつもたくさんの拍手をありがとうございます!

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011.05.31(火) _23:35:31
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:4
  4. [ edit ]

5月27日に頂いたコメントへの返信

↓のSSなのですが、ご覧の通りの夢オチなので、今のところ、この後トンマンが妊娠したとか、そう言う展開ではない…と、思います。多分…。(←要するに思いつきで書いたと言うことですね!)(ちょ)
あ、いやその、実は↓のSSは、まずヒョンジョンが赤ちゃんの頃のトンマンの浮気騒動が最初に思いつき、そっからなんとなく書いたネタなので、メインはそちらであって、妊娠ネタは本当にネタと言うか、「夢オチだし入れちゃえ!」と入れてしまったんですよー(汗)
と言うわけで、トンマンのアラフィフの妊娠がどうなのか、私にはなんとも言えずにおります(笑) なんとなく、最近はもう隠居生活の二人は子供は一人かなーとイメージしていたので…。うーむ、悩みどころです。(←もっと他のことを悩みなさい)

続きから頂いたコメントへの返信です!

続きを読む
  1. 2011.05.29(日) _00:38:28
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

SS 夢現

破鍋襲来()の後の設定です。
家族ものの番外編と言うか、眞宵マイマイ様とのやりとりで思いついたネタです。中身はないに等しいですw

続きを読む
  1. 2011.05.28(土) _21:35:52
  2. 連載外伝~幸せ家族計画~
  3.  コメント:6
  4. [ edit ]

むっかしーむっかしートーンマーンはー♪

韓国の民話と伝説 (1975年)韓国の民話と伝説 (1975年)
(1975)
安藤 昌敏、韓国文化図書出版社 他

商品詳細を見る

↑の『韓国の民話と伝説(第三巻 新羅編)』と言う本には、善徳女王関連の逸話がボロボロ載っています。
ただ、「善徳女王二十七年」とか書いてあるせいか、どーも不安に…w(善徳女王の治世は、一般的には十五年間と言われています)

さて、そんな中に、聞き捨てならない説話がありました。

『太白山のかんざし沼』と言うやつと、『元暁大師の破戒』と言う話です。
なんと、前者は「善徳女王の王子ヒョド(孝道)の恋物語」で、後者は「元暁大師(ソルォンの曾孫)に恋した善徳女王と、女王の遺志に励まされて、アユタ(阿踰陀。チュンチュと最初の妻ポラの次女)が元暁を口説き落とす話」なんですよ!!

管理人、勿論ヒョド王子の父親について語られていないものかと三回も読み、ネットでも検索しましたがw、記述はなく…。
ちなみにこの話は善徳女王在位中と言う設定なので、そうすると、620年前後でトンマンが王子を産んだ計算になるんです。うひょー!
んでもって、「元暁に恋する善徳女王」では、年下男にちょっかいを出すアラフォー美女って感じがして、ビビりました。ううむ。ただ、そこでは「独り寝が寂しい」と言うような設定だったので、そこでも善徳女王の色気は漂わせていても、夫は出てこずじまいでして…。
それにしても、ソルォンのひ孫…。この二つの逸話を見ている限り、トンマンはソルォンの孫世代っぽいですねー。


……これだけではなんだか記事として寂しいので、オマケに画像をいじって作ってみた迷宮シリーズのイメージ図をー。
kako-xQbU6Rn2vmoRNuar.jpg

  1. 2011.05.26(木) _23:51:41
  2. 新羅歴史談義?
  3.  コメント:4
  4. [ edit ]

5月23日に頂いたコメントへの返信

韓国の方にもSSを読んで頂いていると知って以来、たまに自分の書いたSSを翻訳機にかけています。そうすると、なかなかに面白いことになるんですよねー。例えば、↓のような感じになるんです。

●原文●
 トンマンの「操」を護ろうと祈っているのがチュクパンなら、その「操」を護ろうと行動している人物もいた。
「な、トンマン、どこ行くんだ?」
 その人物――ピダムは、いつの間にか人気のないところへトンマンが来ていた為に、むっと顔を顰めた。こんなところに一人で来るようなら、注意しなくてはならない。危ないではないか。
 その時、無言で突き進んでいたトンマンはようやく足を止め、振り返ってピダムを睨んだ。そして、一喝。
「いったい俺に何の恨みがあるんですか!!」
 が、振り返ったトンマンの瞳に浮かぶ涙にぼーっと魅入られていたピダムは、束の間思考が止まっていた。それがトンマンの怒りに油を注いだことに気付かぬまま。
「…………。え? 恨み?」
「そうです! 身に覚えなんかこれっぽっちもありませんけど、そうとしか思えないじゃないですか。なんで日がな一日付きまとってきて、しかも女扱いするんですか!?」
「それは……」
 その瞬間、ピダムはうっかり真実を口にしそうになった。だって女だと知ってるから、と。しかし、どう説明したものか上手く思いつかない。何せ女とわかった理由が、理由なのだ。


●翻訳機その1●
 トン マンの「節操」を守ろうと祈っていることが【チュクパン】ならば、その「節操」を守ろうと行動している人物もあった。
「な、トン一番、どこ行軍なの? 」
 その人物――費ダムは、ある間に人気が(人の気配が)ない地方(脂肪)トン マンが来ていたので、むっと顔をしかめた。 このようなところに一人でくるようだったら、注意しなければならない。 危険ではないか?
 その時、無言で力強く進んでいたトン マンはいよいよ足を止めて、振り返ってみて非ダムをにらんだ。 そして、一喝.
「いったい(一切)私に何の怨恨があるのですか!! 」
 ジマン、振り返ってみたトン マンの瞳に見える涙にぼうぜんと魅入られていた非ダムは、瞬間事故(思考)が止まっていた。 それがトン マンの怒りに油を注いだのを識別しないまま。
「…………. エ?  恨む? 」 「そうです!  からだに記憶など要くらいもないが、そのようにと言う外は考えられなくないと? なぜ一日中常に付いて回って、その上女取り扱ってことか!? 」 「それは……」
 その瞬間、非ダムはなにげなく真実をいいそうだった。 だが、女と知っているから、と。 しかし、どのように説明したことなのか上手に考え出さない。 とにかく女と中(案)理由が、理由だ。


●翻訳機その2●
トンマンの"操作"を護ろと祈っているがチュクパンミョン、"操作"を護ろと行動する人もいた。
"まあ、徳だけ、どこへ行くの?"
その人 - ビダムヌンいつの間にか人里離れたところにドクマンガオゴていたために、気難しい顔を顰めていた。こんなところに一人で来るようであれば、注意しなければならない。危険なのではないか。
その時、静かに急いだトンマンついに足を止めて振り返ってビダムウル狙っている。そして一喝。
"いったい私に何の恨みがあるんです!"
この背を向けたトンマンの瞳に浮かぶ涙をぼんやりと魅了されたビダムヌンちょっと考えが止まっていた。それが徳だけの怒りに油を注いだことを実現できないまま。
"... ... ... ...え?恨み?"
"そうだ!身に覚えなんかヨマンクムドドけど、そうだとしか考えられないじゃないですか、なぜ毎日、一日付いて回ってきて、しかも女性の扱いですか!"
"それは..."
その瞬間、ビダム思わず真実を口にそうなった。なぜなら、女性だと分かっているから、と。しかし、どのように説明したものかよく浮かばない。どうかして女性を知ったの理由が理由である。


●翻訳機その3●
トンマンの 「組」を守ろうと祈っていることがチュクパンなら, 彼 「組」を守ろうと行動している人物もいた.
「, トンマン, どこに行く?」
その人物ピダムは, いつの間にやら人気がない所にトンマンが来ていただから, むっと顔をしかめた. こんな所に一人で来たら, 気を付けなければならない. 危ないことではないか.
あの時, 無言で突進していたトンマンは辛うじて足を止めて返り見てピダムをイェウングだ. そして, 一喝.
「一体私に何の恨みがありますか!! 」
しかし, 返り見たトンもっぱら瞳に浮び上がるヌンムルニボ-わ魅かれていたピダムは, 瞬間事故が止めていた. それがトンマンの怒りに火事が起こったのにあおいだことに悟ることができなかったまま.
「 … … … … . ええ? 恨み?」
「そうです! 身に記憶は敷布団位もないが, それでも外に考えられないじゃないですか. どうして一日中いつも付きまとって来て, それに女扱いますか!? 」
「それは … … 」
その瞬間, ピダムは思わず真実を言うようになった. 何故ならば女と分かっているから, と. しかし, どんなに説明したことか上手に思い出すことができない. とにかく女と中理由が, 理由だ.


それぞれ一長一短だなあ…と思いつつ、いやいや、その前に翻訳機に誤解されないような文章を書くよう気をつけなければーと思う緋翠でした。(でも、多分無理だろうと半ば諦めてもいます)(コラ)


続きは頂いたコメントへの返信ですーv いつもありがとうございます!
お返事不要とありましたが、やっぱり一言w 椿さん、良かったですねー!読み専は駄目です!母兼妻、ときどき善徳作家でいてくださいvv私も女性の服装は可愛いと思うんですが、巨大な頭だけは頂けませんwチュンチュに期待しますーww

続きを読む
  1. 2011.05.24(火) _23:08:42
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

皆で背比べ。@身長メモ。

SSと言うか二次創作ではわりと大事な身長。
メインキャストの公式身長を調べてメモしてみました。

185→チルスク
184→ピダム
183→ケベク
182→ムンノ
181→ウォルヤ、ホジェ、ソニョル、コド
180→ユシン、ミセン、ヨンチュン、サンタク、真平王(子役)

179→ピルタン、真平王
178→アルチョン、テナムボ、パグィ、コクサフン、ヨンス、ワンユン、ポジョン(子役)
177→ソルォン、イムジョン
176→ハジョン
175→チュンチュ、ポジョン、ソルチ、トクチュン
174→真智王、ユンチュン
173→セジョン
172→ミシル
171→ヨムジョン
170→トンマン、ソクプム、チュクパン

169→
168→チョンミョン(子役)
167→チョンミョン
166→ソファ
165→真興王
164→マヤ(子役)
163→ポリャン
162→トンマン(子役)、ソリ、ヨンモ
161→
160→

159→
158→マヤ

ユシンのパパママやウルチェ、ユシン子役くんの身長は、残念ながらわかりませんでした。ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてくださいv
ただ、ソヒョンパパは、ヨンチュンとの身長差を見るに、172~3センチくらいかなあと考えています。

よし、この身長差を頭に叩き込んで書かねば…!
もし不自然な描写がありましたら、「ああ、上げ底ね」とお考えくださいw

それにしても、何人かはサバ読んでる気がするのは私だけでしょうかー(笑)

  1. 2011.05.23(月) _21:55:20
  2. キャラ語り
  3.  コメント:4
  4. [ edit ]

5月21日に頂いたコメントへの返信

読書感想文が苦手なまんま、リンク先のブログさんへのコメントがどうしても少ないのが申し訳ない緋翠です、こんばんはー。
こう、なんか気の利いたコメントとか、「そう来たか!」なコメントを目指してるんですが、難しいですねぇええ…!いつもコメントをくださる皆様に感謝しつつ、「凄いなー」と感心しています。せっかく善徳女王の二次創作サイトもかなり増えたので、読者としてのレベルをちょっとはあげたいですねー(汗)

と言うわけで、りばさんやマイマイ様の絵が増えなくなったら困りますぞーフハハハハ!(←落ち着け)
お暇があれば、妄想が渦巻いたら、ぜひぜひそれを一筆したためて見せてくださいv
ととと言うか、古株な私が未だに創作してるのにお二人が創作ストップなんて、そんなー! 私こそ止めた方がいいのかと悩みます…(´-ω-`)ムー
そして、こう言うことは相手のブログでコメントせいやと反省…。

話変わって、ちょうど善徳女王のノベライズが全巻手元にあったので、この機にと、昨日一昨日は読みまくりました。勢いで、もはや小説と言うより資料を読む気で読んだら、以前はちょっと読んでもう放置してたのに、すぱーんと読破出来ましたww
それにしても、なんつーか、資料としては役に立つんですが、色々ひっちゃかめっちゃかだなあと…。と言うか、年齢設定がわりと謎です。トンマンが22歳の時に、チュンチュの後妻になるムニが生理用品買いに来てるとか、トンマンの初潮は17歳以降とか(どこに注目してるw) ユシンは双子より3、4歳年下で、ピダムとポジョンは1歳違い。ユシンとチュンチュは8歳違い…って、明らかに計算が合わないのですがw
んで、ユシンは百済戦の最中、戦場で大怪我して気絶してるトンマン相手に、治療の前にキスしたとかwwwうわ、良かったわこれはドラマになくてーと思いましたw(すみませんすみません)

では、続きから頂いたコメントへの返信です!拍手をくださった皆様、ありがとうございますーv
(うつつ様、私が見るのは43話と女王時代が中心ですw)

続きを読む
  1. 2011.05.23(月) _18:15:09
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:1
  4. [ edit ]

5月20日に頂いたコメントへの返信

改めて53、54話を見て、確信しました。

絶対トン&ピは色供してた!

と。
いやもう、台詞の端々からそれが感じられませんか?……と言うか、色供をしていると言う前提の下で見た方が、諸々のことが納得がいくと言うか。
チュクパン兄さんも、ユシンと結婚したらってトンマンに薦めた時、「王族なら三回も四回も結婚するのは当たり前」って言ってたじゃないですか。「意地を張らずにユシン公と結婚なさっては?」ってその前に言ってるのに、ぶっちゃけ初婚の人に…それも、安らぎの為の結婚を薦めているのにそんな言い方しないよな…と。これは、すでにトンマンが結婚、もしくは結婚に準じる何かをしているからこそ、「ピダム公が好きじゃないなら、義理立てすることないですよ」的なニュアンスがあるのではないかと妄想していますww

あと、7月から『49日』がkntvで放送します!ぜひぜひ7月から善徳女王も併せて再放送してくれれば、ラッキー過ぎるんですがw、無理でしょうか。宜しくお願いしますkntv様…!!

続きは頂いたコメントへの返信ですー。毎日たくさんの拍手をありがとうございますvv

続きを読む
  1. 2011.05.21(土) _22:37:13
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

『第一美花郎比才』第拾弍話 牡丹花 ※追記あり。

またまた間が空いてしまった第一美比才!進行が遅くてすみませぬー(汗)
頂いたコメントへのお返事は昼にします。拍手やコメントをくださった皆様、ありがとうございますvv

<追記>
ままま間違えたー!ムンノの妻はマルボじゃなくユングンです(汗) すみません…!

続きを読む
  1. 2011.05.21(土) _01:59:39
  2. 中篇『第一美花郎比才』
  3.  コメント:7
  4. [ edit ]

SS 琴瑟、相和す?

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2011.05.18(水) _21:28:47
  2. SS(ドラマ準拠)
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。