FC2ブログ

善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

7月9日と10日に頂いたコメントへの返信

お返事を書いていてふと思ったんですが、最終回のピダム無双のシーンは、とても神話的です…って、書いてなかったなと。
どこが神話的かと言うと、あそこでユシンは、トンマンの身体と女王としての立場を護る為にピダムを刺すことで、トンマンの心を刺し殺したからです。

あのシーンは色んなキャラがいましたが、大事なのはトンマン、ユシン、ピダムでした。
何度か「ピダム無双のシーンはトンマンのシーン」と書いたように、あの時、ユシンは女王としてのトンマンを象徴し、ピダムはトンマンの心を象徴していました。トンマンが見つめていたのは、自分の中でほとんど一つになっていた、「女王としてのトンマン(=ユシン)」と、「一人の人間としてのトンマン(=ピダム)」の戦いだったんです。
その二つが、互いを憎まず、互いを認め合いながらも刃を交えている。ピダムが降伏しなかったように、トンマンの心は、もう女王としてのトンマンに屈することが出来ないほど強くなっているけれども、ピダムが一人きりで斬り込んできたように、トンマンの心に味方し、戦ってくれる人はいない。
ピダムが血を流し戦っていくのと同時に、トンマンの心も血を流している。仲間で、自分の味方であるはずの者達に斬られ、ボロボロになっていく。
そして、最後にアルチョン、ユシンがトドメを刺した。女王としてのトンマンを護る為に、トンマンに忠義を誓い命を捧げた男と、トンマンを愛し続けている男が、トンマンの心を殺す。

そこには、悪意は一つもなかった。誰かを不幸にする為に戦っている者は、誰もいなかった。
でも、トンマンの心は死んだ。彼女が生み育てた「女王としてのトンマン」が、「一人の人間としてのトンマン」を殺した。
かつて、トンマンを助ける為に息を合わせて戦った男達は、トンマンの為に生き続け、トンマンを殺した。


この皮肉さを脚本家が意識したのかわかりませんが、よく出来てるよなぁあとこのシーンだけでも思いますw


続きは頂いたコメントへの返信です。コメントありがとうございますーv

そして、記事に対して反論してくださった皆様、私も一生懸命理詰めで反論し返した(つもりな)ので、いつでも構いません、出来ればまたコメントを頂けると嬉しいです。お許し頂けるなら、まったりペースで良いので、議論をしたいなと…。
申し訳ありません、おこがましいお願いとは自覚しております(汗)
でも、一度、女王時代の脚本に懐疑的な方と、論を戦わせてみたかったんです。何が、どこが、即位前より悪いのか、劣るのか、きちんとお伺いしたかったんです。別の方でも構いません。何故女王時代の脚本が悪いと思うのか、ご教授頂ければ幸いです。考えても考えても、何が悪いのか、私にはさっぱりわからないんです…。

続きを読む
  1. 2011.07.10(日) _15:25:24
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:7
  4. [ edit ]

7月8日と9日に頂いたコメントへの返信

打ち上げの話をしたので、何となく出演者の記録をぺたり。私がわかる範囲では、出てたのはこの方々でしたー。
イ・ヨウォン、トッコ・ヨンジェ、チョン・ノミン、ホン・ギョンイン、オム・ヒョソプ、リュ・サンウク、イ・スンヒョ、チョン・ホグン、リュ・ダム、カン・ソンピル。あとトンマン子役ちゃんに、花郎とか郎徒の人達(詳しくはわからないです。汗) 他にすぐにわかる人はいなかったような。
ミシル、ユシン、チョンミョン、ピダム、チュンチュ、ミセン、ハジョンが来てないのは確実でした。来ていたらインタビューなり記事なり記録なり映像なりが残る人達ですから、間違いないです。
打ち上げに出ないことに対する批判をどうすべきかは困るところですが、あくまで私の基準で、例えばスンホくんのように学校の試験があるとかなら、仕方ないと思うんです。未成年の本分ですから。チョンミョンも、ドラマの登場回数や役割を見るに、仕方ない気もします。
ちなみに、打ち上げの参加率もこれが普通なのかどうか知りたかったので、同じ枠の長編時代劇「トンイ」の打ち上げを確認しました。確認した結果、打ち上げに参加した役者に対して、私は好意的な感情を持つようになりました。

何も調べず憶測で「打ち上げ」について語ったと思われるのは不本意なのでw、記録代わりに書いておきますー。

続きから頂いたコメントへの返信です!引き続き毒毒記事に拍手をくださった皆様、ありがとうございます。そして、お目汚しをお詫びします。

続きを読む
  1. 2011.07.09(土) _17:47:05
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

7月6日と7日に頂いたコメントへの返信

昨日から今朝にかけて、1日で溜め込んだ毒を吐き出すような真似をして、すみませんでした。
今週は体調不良で感覚が研ぎ澄まされているように感じたので、暴走して書きたいことを遠慮なく書いてしまいました。特にナムさんに対してはかなり辛辣になったことを、ファンの方にお詫びします。
どうも、『善徳女王』と言うカンパニーにおいて、ピダムと言う役は非常に重要で、製作陣が力を入れているのがあからさまだっただけに、ナムさんの演技力と言うより、その姿勢に腹が立っているようです。演技的に見ればオムさんの方が下手でしたが、必死さが伝わってきたオムさんには別に苛々しないので。若かったらなあとは思いますがw

こんなヤツですが、善徳女王好きですトン&ピ好きです。毒沼のような記事を読んでくださった方、ありがとうございました…!頂いたコメントには丁寧にお返事致しますv

続きから頂いたコメントへの返信です。

続きを読む
  1. 2011.07.07(木) _22:51:20
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:9
  4. [ edit ]

主演女優の相手役であると言うこと。

毒吐き記事に思わぬ反響があり、驚いています…!拍手やコメントをくださった皆様、ありがとうございます。
いやー、たくさんコメントが頂けて参考になりますなります。
んで、ああ、私の「役者(製作陣)に対する評価の基準」ってこれまであまり話してなかったんだな、と気づきました。わざわざ語るような話でもありませんが、お返事をする前に、いったいどういう基準で善徳女王の役者さん達を評価しているのか、はっきりさせておきます。

まず、二十代の女優さんが長編時代劇で主演する場合、製作陣は以下の点をクリアすべきだと考えています。

・主演女優は気遣いが出来る人であること。つまり、上を立て、下を労ることが出来、撮影現場のムードを良く保つ努力をする人ですね。
・主演女優に時代劇の素養があること。
・相手役には、華はなくても、主演女優をサポートし、立てることが出来る、芝居巧者を持ってくること。
・さらに、主演女優と相手役を盛り上げ、指導する為に、年配の時代劇マスターを二人に仕える役とかに置くこと。
・若い女優の演技には限界があるので、少し離れた立ち位置に演技の上手い、味のある役者陣を配置し、彼らに濃いドラマを展開させること。

若い女優の長編時代劇がヒットする、あるいは成功するには、これが鉄則だと思っています。
で、善徳女王は大体この条件を備えていました。ただ一つを除いては。

それは、仲間ゆっきーには上川さんがいたのに、ヨウォンさんにはオムさんとナムさんしかいなかった、と言うことです。

続きを読む
  1. 2011.07.07(木) _06:33:36
  2. ドラマや本の感想
  3.  コメント:14
  4. [ edit ]

何故「トンマンはピダム以外の人とくっつけば良かったのに」と思うのか。

てなことをりばさんから聞かれて、あやふやなことしか答えられなかったんですが、毒を吐いたらやっと理由がわかりました。

答えは、「ピダムを他の人に演じて欲しかったと思っているから」です。

……すみませんすみません石を投げないでくださいー!!(゜д゜;)
いや、えっと、ビジュアル的にはナムさんが最高でした。ヨウォンさんとめちゃくちゃ並びが良くて、素敵でした。

ただ。
ただ、もし、ピダムを演じたのが、うがい薬さんだったら。軍足さんだったら。スンホくんだったら。ミセンの役者さんだったら。

……私は、トンマンより、ピダムを応援してたかもしれない、と思ったんです。

※ナムさんファンの方は、続きは読まない方が心身の為には良いと、ご推察申し上げます…!

続きを読む
  1. 2011.07.06(水) _18:54:50
  2. ドラマや本の感想
  3.  コメント:16
  4. [ edit ]

7月5日に頂いたコメントへの返信。

↓の記事を読んでくださった方、たまたま目にしてしまった方、本当にすみませんでした(汗)
でも、一度は書いておかないと、なんだか勘違いされそうな気がしたので、書きました。こんな奴が書いているSSを楽しんでくださる皆様、本当にありがとうございます。midorin様、椿さん、一緒にチャミョンゴを楽しむことが出来ない奴で、本当にすみません…!

続きから頂いたコメントへの返信です。いつも拍手を頂けて幸せです。ありがとうございます!

続きを読む
  1. 2011.07.06(水) _13:18:01
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

※毒吐きます。ご注意ください。(プチ追記)

midorin様、すみません。

チャミョンゴ、見るの止めます。

実は、ケーブルテレビでクライマックスの37話を見たのですが、その、カットがないせいか、子供時代よりさらにキツかったです(汗)
全39話ですから、37話がキツいなら、きっと残り全部が私にはキツいと思います…。底力で踏ん張る終盤にきて、いいと思える場面もなく、いいと思える役者さんもいませんでしたので(高句麗の王妃@ファワン様がマシ、と言う程度です)、脱落します。
あ、ラヒの人は、何年か経ったら見れる女優さんになってるかもしれません。いい監督さんに当たることを祈ります。

…………midorin様ホントにすみませんすみませんすみません(汗)
えと、生理で動けなかった間に書いた酷い感想と、管理人のウザい嗜好についてウダウダ語ってる駄文を、続きにしまっておきます。

すみません、今日この時に毒吐いたのは生理が原因ですが、善徳女王については一年以上前から考え抜いたことです。……って、最初に書いておくべきでしたぁあああああ!!すみませんすみませんorzorz (ご忠告を頂く前に、何故にこの最も大事な部分に気付かぬのか…)

善徳女王についてもかなり酷いことを言っているので、「管理人が性格的に問題があることなんか最初から知ってた。今さら腹も立たん」と思える方以外はご覧にならないことをオススメします…!(あ、でも、「いや、お前は違う」と言うご感想コメントは受付中です!↓の内容には、絶対反論があると思いますので…)


続きを読む
  1. 2011.07.06(水) _12:47:55
  2. ドラマや本の感想
  3.  コメント:10
  4. [ edit ]

リレー連載『偽りが変化(か)わるとき ~砂漠編』  by saki

リレー小説第23弾、saki様のターンです!saki様へのご感想は↓のコメント欄にどうぞ~v

続きを読む
  1. 2011.07.04(月) _00:09:10
  2. リレー小説『偽りが変化(か)わるとき』
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

SS 代償・オマケ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2011.07.03(日) _19:38:28
  2. SS(ドラマ設定IFもの)
  3. [ edit ]

7月2日と3日に頂いたコメントへの返信

孫子大伝に月光仮面が出てきました。

……すみませんすみません(土下座)

勾践が出てきたのですが、白馬に白銀の鎧と、なんかもう「二枚目です☆」と看板背負ってるみたいな格好だったので、ウケちゃいましてwwチャミョンゴのホドンも確かフル装甲の白銀の鎧でウケましたが(すみませんすみません)、まさか孫子大伝でも…とビックリしています。呉なんか、白馬は白髪の伍子胥専用ですよ!ま、まさか伍子胥は二枚目担当…!?(だったら何かマズイのかw)

あ、チャミョンゴも見てます見てます。早送りしながら…(ちょ)
なんかあっちこっちで陰謀だらけなのはわかるんですが、十話まできて、まだ主人公が七歳ぐらいと言うのがツライです。今年の大河もそうですが、主人公が子供時代(元服前。政治的なことに何も絡めない頃)の話は五話以内に済ませるべきだと思います。子供の話が見たくて時代劇見てるわけじゃないんですよ!一人前に動いて働いて考える主人公が見たいのに、延々親世代の(こんな大変な事情があったから、大人達は子供達に優しく出来なかったんだよ、子供達は戦うんだよ、と言う)言い訳を見せられるのがキツいです…。
だって、主人公はまだ何も知らずにサーカスにいるんですよ?子供だから太ったとかなんとかで揉めてて、それに感情移入しようにも出番なさすぎですし、後から事情がわかるとしたら、主人公が驚いた時には視聴者は「いや、かなり前からうちら知ってるし」的な感じになるわけです。謎は少しもない。主人公の両親のことも、悪役のことも、ホドンのこともラヒのこともわかりすぎている。一番わからないのが、主人公。
……これで、どうやって感情移入しろって言うんでしょうか。構成が酷すぎます。

ええい、早く主人公を見せろ主人公を!とイライラしつつ、がんがりますw


続きから頂いたコメントへの返信です!アルチョン話、楽しんで頂けて何よりですーv

続きを読む
  1. 2011.07.03(日) _14:14:43
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP