善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

7月30日に頂いたコメントへの返信

雷が凄いなーと思ったら、また地震が!夜中の地震は、寝不足にも通じますし、何より無防備な状態でいることが多いので、昼間よりイヤですねー。

交通事故に遭ったスンホくんは、無事撮影現場に復帰したそうなのですが、だだだ大丈夫なのか…!
2340b1535f723b7f69b0001d31ebb4f7.jpg
武侠ドラマって大概内容的に興味が湧かないんですが(※管理人は基本的に王様萌えですw)、立ち回りが基本だと言うことはわかるので、不安ですー。スタントマンさんが頑張るのかなー。うーん…。若いので治りはいいでしょうが、まだ成長期ですし、後遺症が残りませんように。一緒に大怪我をしたメイクさんが早く回復しますように…!

続きは頂いた拍手コメントへの返信です。今月もたくさんの拍手を頂き、幸せです!ありがとうございますーv

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011.07.31(日) _11:36:47
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

あつ様へ(女王時代考察風味)

雷がドンドコ凄いですね…!雨量が凄まじいことになっている地方の方、ご無事でしょうか。早く雨が落ち着きますように…!
そんな中、コメントをくださった皆様、ありがとうございます!お返事は明日…じゃない、今日の昼間にさせてくださいv

さて。
以下は、雨とは関係のない、半月ほど前に中断したあつ様とのやり取りで、説明しきれなかった部分をピックアップして纏めたものですー。そろそろあつ様も日本に帰ってこられたかしら、と、あっちこっちのコメントに分散した状態でのやり取りはややこしいですしw、一度リセットと言うことで、記事を作りました。
あくまで内容的にはあつ様へのお返事なのですが、ドラマの考察みたいな部分がめちゃめちゃあるので、カテゴリーは『ドラマや本の感想』になっております。すみません…!(汗)

そして、「もう良いからその話は」とお思いの方もいらっしゃると思います。その方々は、出来れば続きに書いてある部分はスルーしてやってくださいませ。何と言っても、長いですし…(コラ)
また、この記事を最後まで読んでくださる方の中で、もし明らかに「いや、それドラマになかった」な間違いとか、ツッコミたいようなこととか、「お前、あれはどうした」的な欠陥にお気付きの方がいらっしゃいましたら、コメント欄でも拍手でも構いませんので、どんどんツッコミを入れて頂けると嬉しいなーと…。加筆しますので!(←果てしなく図々しい管理人…!)

続きを読む
  1. 2011.07.31(日) _00:39:45
  2. ドラマや本の感想
  3.  コメント:19
  4. [ edit ]

7月29日に頂いたコメントへの返信

チュンチュー!!!
2011072900371921.jpg

交通事故で左頬骨を骨折だなんて…あの美しいお顔が…・゚・(ノД`;)・゚・(※「美しい」と言うのは管理人の主観です)
命に別状がなかったことは嬉しいですが、なんか特殊なギプスをつけて撮影続行するので、一ヶ月間噛めない(お粥しか食べれない)とか聞きましたし、めちゃめちゃ心配です。重症ですよこれはー!(汗)

続きは頂いたコメントへの返信です!『SS 禍福』への拍手、ありがとうございましたーv
あ。『SS 太一』の拍手数は昨日、50に達しまして…!ビックリしました。ありがとうございます!「……しかし、あの話のどこがそんなに良いのだろう。シチュエーションか、台詞か、それとも…?」と好奇心が湧いていますw

続きを読む
  1. 2011.07.30(土) _11:17:49
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:10
  4. [ edit ]

SS 禍福(下)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2011.07.29(金) _00:00:00
  2. ダーク連載『迷宮』
  3. [ edit ]

7月27日に頂いたコメントへの返信

母と宝塚の影響で覚えた漫画家さんに、青池保子さんがいます。
昔、母にイラスト集も見せてもらったのですが、パタリロに慣れている身から見てもなんか絵が濃くて(すみません)、エル・アルコンが舞台化されるまではその漫画を読めなかったんですねー。でも、エル・アルコン関連の漫画と、あんり先生が出てくる漫画が楽しくて。「おお、中世ヨーロッパに初めて興味が湧いたぞ!」と思いつつ、軍服に萌えないのでエロイカも読まず仕舞いだったんです。
ところが!『アルカサル―王城―』のことをやっと知り、読みました。そしたら。

面白ーい!!

いやぁ、まだ途中までなんですが、面白い面白い。青池さんの中世ヨーロッパものは私にはめっちゃツボみたいです。(基礎知識がないので、「カスティリアってどこ?」とかイチイチ調べながら読んでますw)
これ、話が壮大なので、宝塚の一本もので見てみたいなー。ペドロもエンリケもマリアも素敵だし、『アルカサル』と言うタイトルからしてサイトー君辺りが好きそうな気がするんですが。おてんば少女がいないからサイトー君的にはダメかなぁ(コラw)
でも、誰がペドロにハマるかがわかんないです。今のトップだと、きりやんが王様っぷりでは合ってると思うんですが、きりやんだと見た目が合わないような…?エンリケも龍さんって感じではない気が…。むむ。

続きから頂いたコメントへの返信です!
今夜は『禍福』の後編を更新する予定ですー。

続きを読む
  1. 2011.07.28(木) _21:55:21
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

7月25日に頂いたコメントへの返信

今月あれこれ書き散らしていたことを纏めると、私が言いたいのは主に、三つなのかな、と言う気がしてきました。その三つと言うのは、

1.脚本を読む限り、「女王時代のピダムはバカ」ではない。にも関わらず、役者さんがこのような曲解を浸透させるような演技をしたことは問題だと思うし、女王時代のトンマンへの恋心の表現方法も含め、ドラマ全体の価値を落としてしまうそのような役作りには、納得がいかない。
2.この役作りの責任は役者さんにあるはずなのに、役者さん自身にその自覚がない上に、脚本を非難しているとしか取れないような発言までするのは、あまりに酷くないか。(役作りの責任が脚本演出にあると言うなら、ピダム以外に明らかに役作りを失敗しているメインキャラがいるはず。でも、そう言うキャラはいない)
3.ナムギルさんが、『善徳女王』と言う、ここ十年の時代劇でトップクラスの視聴率を誇ったドラマの出演者の中で最も恩恵を受けた身であり、尚且つ彼はまだ若手役者であることを考えると、ナムギルさんの善徳女王関連の公式の場における言動は不適切だと思う。

なのかなーと。
ここで誤解して頂きたくないのは、50話までのピダムは批判の対象ではないと言うことです。50話までは、ピダムは三番手以下で、脇役の一人なので、重要性が全く違いますし、そこまではきちんとナムギルさんは課せられた役割を果たしていたと思います。
問題は51話以降で、ピダムはミシルがいなくなって空いた穴を埋めました。トンマンとミシルのW主演みたいな状態が、今度はトンマンとピダムのW主演みたいな状態になったわけです。
そうなると、役者さんが背負う責任も、その役作りが周囲にもたらす影響も格段に変わります。50話までと同じ基準では語れません。

ええと、とにもかくにも、↑の三点が個人的に主張したいことでございます。この三点が果たして妥当かどうか、理にかなっているかどうか、が気になるわけですー。
と言うわけで、まだまだご意見をお待ちしておりますv


続きから頂いたコメントへの返信です!若干意味不明なSSにまで拍手をくださり、ありがとうございます…!

続きを読む
  1. 2011.07.27(水) _00:26:51
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:3
  4. [ edit ]

SS 連環

61C (7)
60話から61話にかけてのトン&ピとチュンチュです。ちょっと自分の中での整理がてら書いてみましたので、少々ドラマと違うかもしれませぬー。
どうも、ディベートモードでいるとSSが単発だらけになりますねー。頭の切り替えも兼ねてあれこれ書き散らしてはいるのですが、うーむ、なんかこれでいいのかなぁ…と言う出来のものが多い気が…!精進精進。(と言いつつ、こう言う時に限ってパスワード記事は「ええい、やっちまえ!」と言わんばかりにアホなことが書けたりしますw)

続きを読む
  1. 2011.07.26(火) _00:06:43
  2. SS(ドラマ準拠)
  3.  コメント:4
  4. [ edit ]

7月23日から25日に頂いたコメントへの返信

いつも拍手をありがとうございます!緋翠です。……ここに書くことが思いつきませんw

続きから、頂いたコメントへの返信ですー。

続きを読む
  1. 2011.07.25(月) _18:15:10
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

SS 禍福(上)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2011.07.24(日) _00:03:56
  2. ダーク連載『迷宮』
  3. [ edit ]

7月22日と23日に頂いたコメントへの返信

去年映画館で観た唯二の映画がWOWOWでやってるので(もう一つは蛮幽鬼)、録画しつつ流し見しています。
『アデル/ファラオと復活の秘薬』と言うフランス映画です。一見、女版『インデイ・ジョーンズ』風味なんですが、中身はかなり違いますw 
この映画は魑魅魍魎かってぐらいに変なじいちゃんとおっちゃんばかり出てきますが、さり気ない小道具とか衣装とかが素敵で、あとは主人公の女性が破天荒でガッツがあり諦めが悪く悪知恵が回り実は秘密が…と、かなりトンマンに通じる部分があり、そう言う意味でも面白いです(笑) あ、でもピダムはいないので、ご注意くださいw 第二弾があるなら、トンマンの恋愛相手としてピダムを望みます(ちょ)


続きから頂いたコメントへの返信です。いつも拍手をくださる皆様、ありがとうございます!明日は法事なので(なんで35度!死ぬわ!!汗)、出来れば今夜中に書けるだけ書いて、更新したいなーと思っているのですが、予定は未t(以下略)

続きを読む
  1. 2011.07.23(土) _18:40:17
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。