善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

SS 朝まだきには

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2011.09.30(金) _00:08:38
  2. 隠居連載『蕾の開く頃』
  3. [ edit ]

リレー連載『偽りが変化(か)わるとき ~砂漠編』  by saki

リレー小説第28話!saki様のターンです。次は私です。ついに来た山場に、き、緊張します…っ!

続きを読む
  1. 2011.09.29(木) _21:04:07
  2. リレー小説『偽りが変化(か)わるとき』
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

9月28日に頂いたコメントへの返信

近所の図書館に行ったら、『女王(てゆーかクイーン)のセックス』と言う本があったのでパラパラ見てみたんですが、ヨーロッパの話だけだったので、参考になったようなならんような…。とにかく、取りあえずトイレ作れよ、と思いました(え)

続きは頂いたコメントへの返信です。拍手をくださった皆様、ありがとうございますーv

続きを読む
  1. 2011.09.29(木) _18:31:32
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

9月24日に頂いたコメントへの返信

なんか無性にトン&ピのパスワード的ないちゃいちゃが書きたい…書きたい……と禁断症状が起きているのですが(そしてその割にさっぱり話がまとまらないw)、いったい何なのでしょうか。何に触発されたんだー。……いやその、多分『湖上に~』を書いたせいだとは思うのですが。(←暗い話を書くとアホな話を書きたくなる習性が)

続きは頂いたコメントへの返信です。『湖上に揺らめく』に拍手をくださった方々、ありがとうございます!

続きを読む
  1. 2011.09.26(月) _18:37:46
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

SS 湖上に揺らめく

トンマンの愛情はわかりにくい。

……とよく言われるのは、脚本の問題か、役者の問題か、演出の問題か、あるいはトンマンと言うキャラクターが特異過ぎるからなのか…と、たまに考えます。(管理人の頭の中はトンマンとチュンチュだらけ~♪)←

まず、ユシンをいつまで愛していたのか。
管理人的には、トンマンは終始一貫ユシンを同じ熱意をもって愛していたと思います。百済戦の頃も、最終回も、トンマンはユシンを愛しているからこそ、身体を張ってユシンを助ける。

ただし、その愛情はユシンにのみ注がれているわけじゃない。
アルチョンが部下に自分を斬り殺させようとした時や、アルチョンが自害しかけた時も危険を侵して助けに行ってるし、ミシルの乱の時も、ちゃんと「ユシン郎とアルチョン郎を救い出してください」とピダムに言っている。(アルチョンがまるっと無視されたのは、実際に助けに行ったのがウォルヤだからですw)
チュンチュに対してもそうで、いつもチュンチュより危険な場所にいようとしている。(復耶会に置いていった時も、ちゃんと「チュンチュを殺したらお前ら皆殺しだからな」と脅している)
チュクパン達にも出来るだけのことをして、最後の一線は越えないよう忠告をしていたし、危険だと思ったら、龍華香徒の仲間も率先して守っていた。
ピダムのことも、一番ピダムに生気がなかったミシルの死の直後は、金剛計でピダムを抱え込んだ。

ミシルの乱の時に「ユシン郎ユシン郎」と喚いたのは、やり過ぎだとずーっと思ってたんですが、子供時代と照らし合わせると、本来トンマンはやかましい子だった…と納得しました。
諸侯の館でソファの為に医者を呼ぼうとした時も、ソルチの村で「諦められっかよ!」って喚いた時も、そりゃあもうトンマンはやかましかったw 吹き替えの声は耳障りなくらいで、そこで視聴を止めそうになりましたもん(ちょ)後にも先にも、視聴を止めようか悩んだのはあの時だけ(のはず)です。
あとは、女王時代にユシンを捕らえる時と、ユシンが百済の間者だとポジョンに捕らえられた時と、(多分)ユシンがウォルヤといたことをピダムが後から報告した時に。

でもどれも、確かに腹黒トンマンにも「万策尽きた」状態だった。
何かしら策があるなら、トンマンは喚かない。有効な手を打ったと確信している時も、喚かない。
喚くのは、トンマンの策謀が及ばない、策謀を及ばせる間もない時に限定される…と、勝手に統計を取ってみましたw

続きから、54話のトンマンの話です。お返事はまた後程ーv
湖上に揺らめく

続きを読む
  1. 2011.09.23(金) _21:52:48
  2. SS(ドラマ準拠)
  3.  コメント:13
  4. [ edit ]

つらい時には太平記。

本日ちょっと生理痛で死んでるので(…)、緋翠編集版『太平記』(一時間もない)を見ました。
やっぱり好きだなぁ、これ。

改めて見ると、北畠顕家@ゴクミがいいんですよ!

美少年武将と言う逸話がある顕家なのでこの方が配役されたと思うんですが、これがまた、容赦ない男役なんです。
退場する回では、相当重いだろう甲冑を着て、常にその状態で軍を率いて馬で駆け、馬上で立ち回りをし、最期は髪ボサボサの落武者(矢刺さってます)になって自害する。登場した頃はともかく、この回なんかは、女優さんが演じる役とは到底思えない扱いなんです。
でも、これを、美少女がきちんと演じている。最期の落武者スタイルなんかは本当に容赦なくボロボロで、矢尽き弓切られ、竹藪の中で無念のあまり刀を振り回した後で、静かに座して首を掻き切る。そうして自害する瞬間に美貌が輝きを放つんですが、いや、カッコいいなーと思いました。
やっぱり声は可愛いところがあるんですが、表情や所作は男で、脚本もきちんとしているので、顕家が本当に凛々しい若武者に見えるんです。お公家さんなのに武家と対等に戦をし、二十歳そこそこで散っていった顕家と言う骨太な人物が見えました。いやん、素敵な役者さんですー(誰)

勿論、顕家のパパ親房を近藤マッチが演じていると言うのも私的には素晴らしくポイントの高いところ…と言うか、「ありがとうありがとうありがとうございます!素晴らしい選民意識に気位の高さに賢さ!いい役だわぁあああ」と言う感じでした、ハイw 基本的にミスのない軍事作戦を展開してきた顕家が、戦い疲れて「無性に父上にお会いしたくなりました」と会いに来た時に、部下の前で散々叱り飛ばした後で、二人きりになったら「さ、飲め」と一服の茶(高級品)を優しく、甲斐甲斐しく差し出す行は感動したものです。この茶エピソードへの感動は、51話でトンマンがピダムを抱きしめる行への感動に似てる気が…!(親房やトンマンと言った、理想の為に自分に厳しく邁進するキャラが、ふっと秘めていた愛情を見せた瞬間、てのが好きなだけだと思います(笑))

※ちなみに、近藤マッチとは、「近藤正臣」さんのことです。

あとは、脇役だと、柄本さんがやっぱり素晴らしいんです。声、表情、姿勢の良さや、師直と言う男のしたたかさ、どれを取っても素晴らしーい!甲冑を着たまま、胡座から立ち上がるシーンはお気に入りですw
あ、わりとよく話に出る高嶋弟は、私的にはイマイチですねー。胡座が出来てないから姿勢が悪いんですよ、ずっと。昨今の大河にもいるんですが、役者さんは正座と胡座とお辞儀ぐらいはマスターしてから大河に出て欲しいですな。見苦しいんだもん。もんもん(何)

……と見ていて、『太平記』と『善徳女王』、結構似てるところがあるんだなぁと思いました。好きになるものには共通点があるのは当たり前ですがw
特に、ミシル&ミセンと、長崎円喜はめちゃめちゃ似てるんですね。私的にw 円喜のような迫力と深みのある悪役、あれ以来見ないなーと思ってたもので、形は違えど、ミシル&ミセンと言う役には一定の満足を得た気がします。んや、あくまで一定の、なので(笑)、いつの日かまた大河で円喜のような役が見たいです。
「先帝さえおわさねば、すぐにも消えるあだ花よ」
とか、いい台詞だったなー。こう言う台詞が書ける脚本家さんを、大河によろしく、と言いたいでやんす。


続きは最近見たドラマなどの感想です。メモみたいなものです。

続きを読む
  1. 2011.09.22(木) _16:57:57
  2. 宝塚とかドラマとか。
  3.  コメント:1
  4. [ edit ]

9月19日から21日に頂いたコメントへの返信

今週は台風直撃で、日本のほとんどが大変ですが、本日管理人の住む東京にも台風が直撃しました。いやー、どこかの家では2階のベランダにあったと思しき倉庫がベランダの柵をぶち破って道路に落っこちてましたし、久々に大きな被害が出ている気がします(;゜Д゜)
管理人は幸運にも軽度の帰宅困難者になっただけでしたが、皆様ご無事でしょうか?明日は台風一過で暑くなりそうですし、体調管理に気をつけなければーと思います。

続きは頂いたコメントへの返信です。拍手をくださった皆様、ありがとうございます!サンタク犬のウケが良くて嬉しいですーv

続きを読む
  1. 2011.09.21(水) _23:18:45
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

SS こぶん

shoko様から頂いたSSに合わせて、書いてみました。サンタク犬が出て参りますー。
また大きな台風が来て大変な方も多いとは思いますが、少しでもお楽しみ頂ければ嬉しいです。

続きを読む
  1. 2011.09.20(火) _19:00:22
  2. 連載外伝~幸せ家族計画~
  3.  コメント:9
  4. [ edit ]

SS 『トンマンまであと10歩』@あき様

「トンマンまであと十歩」からの展開は、ひじょーに悲しいものでした。
「変えたい!って言うかピダムの最後のあの言葉がユシン経由だなんて寂しいよー!・゚・(ノД`;)・゚・」と言う皆様、あき様がアナザー・エンドを書いてくださいました。と言うわけで、あき様に掲載をお許し頂きました。(あき様、ありがとうございます!)
それだけでなく、個人的に萌えな画を思い起こさせてくれる展開で、私はドキドキもしたこのSSを、皆様もぜひお愉しみくださいーv

続きを読む
  1. 2011.09.19(月) _23:25:51
  2. 宝物蔵(頂き物保管庫)
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

天人唐草様へ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2011.09.19(月) _20:26:17
  2. 善徳女王
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。