善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

リレー連載『偽りが変化(か)わるとき ~砂漠編』  by すーさん

お返事がまだ完了していませんが、お先にこちらを!
リレー小説の第30話ですー!!いやー、30話…キリがいい数字になると、喜びも倍増ですね!

さて、今回はすーさんのターンです。そして、次はsakiさんの予定です!
(いつものように、ご感想は拍手からではなく、記事の最後にあるコメント欄をご利用くださるようお願い申し上げますv)

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011.10.31(月) _22:43:22
  2. リレー小説『偽りが変化(か)わるとき』
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

「ピダム視点」とは。@55話の間者問題にて。

以前に、脚本家の三谷さんが新選組の脚本を書く際の注意点として、「書き上げた脚本を、九人の視点で読み直す」と言っていました。
この九人と言うのは、新選組のメインキャラ九人のことです。つまり、少なくともメインキャラ九人の視点から見て、破綻していないような脚本を書いていたんですな。

私も、SSを書く時とか、キャラ語りをする時とかには、三谷さんを見習って、同じように気をつけています。
各キャラの視点で物事を見る――それは、

そのキャラクターの置かれた状況を把握する

と言うことです。
ピダム視点で物事を見るなら、「視聴者の情報」でドラマを見てはいけない。「視聴者の情報」で見る以上、それはピダム視点ではなく、「神」の視点です。ピダム視点なら、あくまで、ピダムが知っていること、ピダムが見たことを元に彼を評価しなければならない。

……と言うわけで、ピダムがおバカ扱いされる『コミル』事件について、ピダムに成り代わり(笑)、彼がおバカでないことをうだうだ語ります。
またまた長々すみません…!お返事は今日から明日にかけてじっくり致しますv

続きを読む
  1. 2011.10.30(日) _18:18:39
  2. キャラ語り
  3.  コメント:8
  4. [ edit ]

素朴なギモン・続。@トンマン、ピダム、ユシン

ふと思ったことをまたダラダラ書き殴りますー。最近こんなんばっかですみません(汗)

続きを読む
  1. 2011.10.29(土) _14:11:27
  2. キャラ語り
  3.  コメント:12
  4. [ edit ]

10月26日に頂いたコメントへの返信

ただいま、妄想が羽ばたいて、大変なことになっています。←

didi様のブログにて、「ピダムって、本当にトンマンを誰かに浚われたらどうなるんだろう」的な話題が出て、それ以来延々とそう言うSSが書けないか模索していたんですが、そうしたら、チュンチュが出てきました。
……と言うより、チュンチュ以外、あのピダムからトンマンを寝取ろうと言うキャラが浮かばず(汗)(賊に浚われるとかは、有り得ないと言うか、それをやったらアルチョンが自害しかねないので採用出来ずです)、また、チュンチュだったらまあピダムとやりあっても問題ないわな…と言うわけで、そんな感じのSSを書いています。ピダムがどう出るかは、まだそこまで辿り着いてないので謎です(ちょ)



ああ、それにしても、この遺言シーンはツボ過ぎます。62回のこのカットシーン大好きなので、このシーンを見る度に、「kntvに入って良かった…!」といつも思いますw 韓国放送時にカットされた以上、きっと、もう二度と手に入らない映像でしょうし。(マジでカットした編集は許しがたいー!)
何気に態度が尊大になってるチュンチュが堪らんです。リアルに豪華なお衣裳に埋もれそうに華奢なトンマンが萌えです。全部萌えです(…)

続きから頂いたコメントへの返信ですv 最新の記事への拍手も、過去の記事への拍手も、本当にありがとうございますー!

続きを読む
  1. 2011.10.27(木) _23:29:38
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:4
  4. [ edit ]

二つの台詞からわかること。@トンマン、ピダム、ユシン

57話で、ピダムが上将軍に復帰したユシンに向かって言う台詞。

「陛下はお前を救う為に、お命を擲った(かけた)」

ユシンはここで、

「本当にそう思うなら、浅はかだぞ」

と応じました。

皆様は、これを聞いて、どう思われたでしょうか。ピダムの言うことと、ユシンの言うこと、どちらが「偏見のない、真実に近い答え」だとお感じになったでしょうか。

実は、この二つの台詞は女王時代の二人をよく表現していると思うので、ちょっと触れておきますー。

続きを読む
  1. 2011.10.26(水) _20:00:00
  2. キャラ語り
  3.  コメント:6
  4. [ edit ]

10月24日と25日に頂いたコメントへの返信

今日は急に秋の陽気になりましたねー。風が冷たいです。

hayat様からもコメントを頂きましたが(ありがとうございます&おめでとうございますー!(・∀・)/)、きりやんの退団発表があり、寂しいです。その前日に「よし、今夜こそは大和さんのサヨナラショーを二曲目までは制覇するぞ!」となったのは、虫の知らせだったのか…。(←サヨナラショーは、開始一分以内に凄まじい号泣をして目が痛くなるので、今もまだ、二曲目までしか見たことがありません)(ちょ)

続きから頂いたコメントへの返信ですv 変な記事にまで拍手をくださった方々、ありがとうございます…!

続きを読む
  1. 2011.10.26(水) _19:18:22
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

素朴なギモン。@ピダム

ピダムファンの方と結構接してきた管理人ですが、その中の大半の方とナムギルさんに対して、いつも思います。
何故、司量部令になった途端に、ピダムはバカになったと考えるのか?
と。

これが、脚本家が変わったと言う場合なら、理解出来ます。脚本家の手腕でドラマのキャラは一気に変貌しますから。(塚原卜伝がそうですねー…) でも、善徳女王は変わってません。
あるいは、「ピダムは初登場からずっとおバカなままだったなあ」とかでも、まだ理解出来ます。理解が終始一貫していますから。おバカキャラはおバカなまま、と言うのは、それはキャラクターとして普通ですもんね。

でも、上記のギモンを持つ方は、大概、「50話までのピダムはハイスペックでイケメンでアクションもカッコよくて、賢かった」と言うようなことも仰るわけです。
これが、私には不思議でなりません。

「恋に盲目」と言うのは、わかりますよ。
でも、「恋に盲目」過ぎて、実務能力をなくす(策謀を理解出来なくなる)ほどおバカになった人間が、戦国乱世のあの時代に国のナンバー2だかナンバー3だかの地位に就いていて、それでも国家の運営に問題はないほど、あのドラマの世界はお花畑でしたか?
そして、大層評価の高いあのミシルに仕えていたミセンとソルォンは、9年間もピダムの傍にべったりと引っ付いていながら、おバカなピダムの配下であり続け、彼が王座を奪えると本気で信じていたと思うんですか?
それとも、ミシルが消えた途端に、あら不思議、世界はおバカの集団になって、高句麗や百済まで都合よくおバカになったから、新羅は攻め滅ぼされなかったと?
それに、何より、「「賢いピダム」が50話までずっと描かれてきて、ノベライズと比べるとシノプシスの段階よりずっとトンマンと親密な設定になって、51話では抱きしめあうところまでいった「主役の相手役(の一人)」を、わざわざ築き上げてきたものを破壊するように「おバカ」にすれば、「賢い」ミシル亡き後のドラマを盛り上げられる」と、50話まで面白いドラマを作り上げてきた製作陣が本気で考えたと、そう思うんですか?
もしくは、9年の間に、政治の第一線で激務をこなすピダムの脳にカビが生えたとか、忙しさのあまりボーっとした瞬間に頭を打ってボケたとか、そう言うところまでお考えになってドラマをご覧になっているのでしょうか?

レベルの高いドラマを作り上げてきた製作陣が、一体如何なる必然性があってピダムを「おバカ」にするのか、私には一つも理由が思い浮かばないんですが、ピダムファンの方はその理由をご存知なのでしょうか。あったら教えて頂きたいです。
もしくは、ただ単に、

女王時代のピダムの行動が理解出来ない。
  ↓
おバカになったからだ。


と言うことなのでしょうか。だとすれば、愛しているキャラに対して、なんてドSな発想を、と思わざるを得ませんw

まあ確かに、バカな子ほど可愛いと言う言葉もありますが、それならコドとかに惚れるべきでしょうし(笑)、「賢い」キャラに惚れたなら、「賢い」ままであって欲しいはず。……と言うか、女王時代のピダムを「おバカ」だと考えた場合、

「おバカ」なピダムを重用し続けるトンマンも「おバカ」。
  ↓
「おバカ」なトンマンに敗北したミシルも「おバカ」。
  ↓
そのミシルに抗えなかった全ての人達が「おバカ」。


と言う、恐怖の負のスパイラルに陥るんですが、そこら辺のところはどうお考えなのでしょうか。
私には不思議でなりません。

そして最大のギモンは、
何故ピダムファンでもナムギルさんファンでもない管理人が、ピダムの素晴らしさをファンの方に宣伝しているのか
と言うことですねw
  1. 2011.10.24(月) _23:26:33
  2. キャラ語り
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

10月21日と22日に頂いたコメントへの返信

オーダーメイド枕を作りました。ちゃんと頭の下に枕がある状態で起きられるか、明日が楽しみです!(え)

続きから頂いたコメントへの返信です。コメントをくださった皆様、ありがとうございます!あとのコメントは、明日お返事致しますー。

続きを読む
  1. 2011.10.23(日) _23:42:00
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

SS 月の桂も花や咲くらん

ウォルヤのお嫁さんが出てきます。
時期は即位後六年くらい?でしょうか。(アバウトな…)

お楽しみ頂ければ何よりですv

続きを読む
  1. 2011.10.21(金) _21:00:00
  2. SS(ドラマ準拠)
  3.  コメント:4
  4. [ edit ]

10月19日に頂いたコメントへの返信

暫くまともにSSを書いていなくてすみません(汗) こんばんはーv
りばさんのところで虫の話が出ていて、虫に苛烈な管理人は思わず「もっと優しくすべきかしら…」と反省しました。家の中に虫がいたら、猫のように素早く動いて、べしっと叩くものでー(←怖い)

そう言えば、最近は卜伝とXファクターとチャームドを毎回欠かさずに見ているのですが、そこにクローザーが加わりそうです。主役のブレンダのキャラに最初はビビりましたが、慣れてみると面白いんですよー!キャラの濃いオッチャン好きな私にはたまらんドラマですw

そして、善徳女王人気投票にご協力くださる皆様、ありがとうございます!こうやって見ると、世の中の半分はピダムが好きな方、四分の一はアルチョンが好きな方で、五分の一がトンマンが好きな方、と言う感じに見えますねー。つまり、ミセンとチュンチュは独占出来る可能性が高そうと言うわけですねv(えっ)

うーん、リハビリがてら短いトン&ピ話でも書かねば…。

あ、一つ皆様に質問があるのですが、あの、首をつったことがある方っていらっしゃいますか?(※ふくらはぎを「つる」のと同じ、「つる」ですので、悪しからず!(笑))
管理人はふくらはぎをつったことは一度もないんですが、首は何度かつってるんですよー。ただ、これまで首つる仲間がいなくて。枕の商品開発をしている人にまで「初めて聞きました」と言われたので、「そんなに珍しいのか…!?」とビックリしていますw

……と、思うままに書いたら話題が飛びまくりましたがw、続きから頂いたコメントへの返信です!拍手をくださった皆様、ありがとうございますーvv

続きを読む
  1. 2011.10.21(金) _00:33:28
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:4
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。