善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

3月29日に頂いたコメントへの返信

今年、KBSで我らが(え?)チュンチュ・太宗武烈王を放送するそうで。
KBSと言うことは、100%濃ゆいオジサマと、それに対して異様に若い武術も達者な若いオネーサマがメインキャストであろうことは予想していたんですが(酷いw)、今回もそんな感じのキャスティングになっています。

キム・チュンチュ:チェ・スジョン(1967年生まれ)
キム・ユシン:チェ・ジェソン(1964年生まれ)
善徳女王:パク・ソルミ(1978年生まれ)
ムニ(チュンチュの後妻。ユシンの妹):リン(1984年生まれ)

チュンチュのがトンマンより十歳も年上…(((;゜Д゜)))
んや、別にありっちゃありなのですが、これまでのKBSの方針から考えれば、異様と言うかw、100%おばちゃんが来ると思ってたので、やっぱりいきなり善徳女王が若返ったのはドラマの影響かしら…と思ってしまいます。と言うか、チュンチュが主役のドラマで、まさか善徳女王がムニより上のキャスティングになるとは……やっぱり『善徳女王』のヒットが大きいからでしょうかv←ファン馬鹿。
アジカイさんも出るみたいですし、気にはなるんですけども、主役の俳優さんを見ても、「生まれた時から英雄ですねハイ」な主人公になりそうでちょっと不安です^^; 広開土王は1話か2話で脱落して以来二度と見てないですし、期待よりも不安の方が先立ってしまいますねー(←コラ!)

続きは頂いたコメントへの返信です。3月もたくさんの拍手を頂き、感謝の気持ちでいっぱいですvvありがとうございましたー!!

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012.03.31(土) _01:03:50
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:4
  4. [ edit ]

連載 蕾の開く頃26

またしてもお久し振りになりました、隠居連載です。(いつも更新がまちまちですみません・゚・(ノД`;)・゚・)
※露骨な描写はありませんが、やらしー雰囲気があるので、ご注意ください(・∀・)

続きを読む
  1. 2012.03.29(木) _00:00:00
  2. 隠居連載『蕾の開く頃』
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

『第一美花郎比才』第拾捌話 落花流水

今日は月と金星が並んでいて、綺麗でしたねーv 月の形がトンマン&チョンミョン&真平王の痣にそっくりで、傍で輝く金星が「これからはミシルの時代です」と主張しているように見えましたw(←病気)

第一美比才、一話では終わりませんでした(;´▽`)
あと一話か二話かわかりませんが、お楽しみ頂ければ幸いですv

続きを読む
  1. 2012.03.27(火) _23:22:17
  2. 中篇『第一美花郎比才』
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

プヨったお腹が忘れられません。@近肖古王

↑は、キレキレ王こと、高句麗のサユが死ぬシーンのことです。(矢傷を負って、お腹が出たんですが、なんだかプヨプヨしていて可愛かったのが印象に残っていましてw)

その近肖古王。近肖古王の脚本家さんの片割れが担当していた『チャミョンゴ』もそうだったんですが、政治劇をやっているのに、製作陣の一番書きたいことが「その時代の文化」なのではないかと思えるのが、私からすると首を捻るところでした。その時代なら使える様々な設定、装置、アイディアを使うことに一生懸命で、それを使って何を描きたいのかが見えてこないと言うか、そもそも主人公の魅力を製作陣がわからずに書いている印象があると言うか……。
近肖古王なら、半島統一がヨグの人生のテーマになっているはずなのに、何故ヨグが人生を懸けてそれを志すのか、どのようにそれを成し遂げていくかが最後まで不透明でした。(若い頃から、ヨグは特別な努力もなく戦えば勝ち、王室に翻弄されてきたのにそれをどう思い、どう克服していったのかが謎。なんと言うか、ある意味アンドロイド風味と言うか、気味が悪い主人公です)
一度しか見てない上での感想なので、私の見方が悪いのかなーとも思いますが、見終わった後に「結局、この「近肖古王」と言う王の魅力も欠点も、よくわからんかった……」と首を傾げてしまったドラマでした。

あ、でも、キャラを楽しむぶんには、楽しいドラマでしたー!色々と変な人や濃い人が出てくるので、きゃいきゃいツッコミを入れつつポテチ食べつつ見るのにピッタリだったなとvv←誉めてます

続きからさらに細かい感想です。※ネタに走っています。

続きを読む
  1. 2012.03.25(日) _20:00:00
  2. 宝塚とかドラマとか。
  3.  コメント:4
  4. [ edit ]

リレー連載『偽りが変化(か)わるとき ~砂漠編』  by すーさん

今夜はリレー小説を更新します(・∀・)
砂漠編、すーさん担当の第38話です!今回は最後にすーさんからの後書きがありますので、そちらもぜひご覧くださいvv

続きを読む
  1. 2012.03.23(金) _23:10:09
  2. リレー小説『偽りが変化(か)わるとき』
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

『第一美花郎比才』第拾漆話 女郎花と男郎花

善徳女王とは何の関係もないのですが。
この間、トートが歌う「最後のダンス」のウィーン版、マテさんのを動画で視聴したんです。そうしたら、見慣れたタカラヅカ版とは全然雰囲気が違って、(゚д゚)ポカーンとなりました。
なんと言うか、タカラヅカだと、トートは『黄泉の帝王』と紹介されるだけあって、お付きの人がわらわらいて、マントの着脱もお付きの人がやってくれて、クールに決めてたんですよね。たまにガッとヒートアップするくらいで、「最後のダンス」もお付きのダンサーズを踊らせ、自分はあんまり動かないのにエリザベートを翻弄する…と言う流れだったんです。
んが、ウィーン版のトートにはお付きがいない?のか、もう一人で動きまくり暴れまくり走り回り盛りもついて「おまw落ち着けww」と言いたくなるアクティブさ。あまりにウザ可愛くて、エリザベートがトンマンに、トートがピダムに被りましたv←結局、善徳女王ネタに…w

続きは第一美花郎比才です。た、たぶん、あと一話か二話で完結かと…!

続きを読む
  1. 2012.03.22(木) _21:00:00
  2. 中篇『第一美花郎比才』
  3.  コメント:4
  4. [ edit ]

仮想キャスティング・女性編

SSでは、『花郎世紀』『三国史記』を頼りに、ドラマには登場しなかった人達を何人か登場させています。
韓国の女優さんに詳しくないので、具体的に「この方のイメージ!」と言うのはあまり言わずにいたのですが、コメントも頂いたので、「だいたいこの方でイメージしています!」な女優さんをご紹介いたします(・∀・)

※あくまで仮想キャスティングで、しかも私がチラ見したり見聞きしたドラマの中から浅い知識で選んだ方々なので、有名人ばかりです。マニアックな配役を期待なさっている方には申し訳ないですー!(汗) しかも、イメージに合ってなかったり、色々変なところがあるかもしれません。お許しを…!

続きを読む
  1. 2012.03.18(日) _21:00:00
  2. キャラ語り
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

SS 海獣

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2012.03.17(土) _00:00:00
  2. ダーク連載『迷宮』
  3. [ edit ]

SS 天竺の匣・下

それにしても、日差しは暖かいのに、さ、寒いですね…!!そして、アルチョンがとうとう王位簒奪を成し遂げたようです

↓証拠写真↓
アルチョン高宗アルチョン高宗 (1)アルチョン高宗 (2)

えー、詳しくは不明なのですが(汗)、『武神』と言うMBCのドラマが韓国で現在放送中らしく、そのドラマに、アルチョンじゃなくてスンヒョさんが、高麗の王・高宗役で出演されているそうです。(王様になっても黄色と縁があるせいか、どうしてもアルチョンに見えます…w←重症)
玉座に座っている場面なんかは、善徳女王と比べると玉座の位置が高くて謁見の間みたいなのもとても広いので、なんだか凄く偉い人に見えます。(←いや実際に偉い人…) この王様は武芸には秀でておらず、文化的な素養のある王様だったらしく、また違う一面が見れそうですねー!日本での放送が楽しみになりましたvv

さて、続きは『天竺の匣』の続きです。なかなか続きが更新出来なくて、すみませんでした…!
せっかくなので、ホワイトデーっぽさもちょっと絡めて、お送りしましたv お楽しみ頂ければ何よりです(*´∀`*)

続きを読む
  1. 2012.03.14(水) _18:00:00
  2. SS(ドラマ設定IFもの)
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

SSS 明時

更新が滞りがちですみません!ちょっとバタバタしておりまして、今週もお返事ともども遅くなりがちになりそうです(汗)(体調はかなり整ってきておりますので、ご心配なくー(*´∀`*) お気遣いくださった方々、ありがとうございますv)(didi様、お返事は今から致しますー!!←返信不要が通じない緋翠ですのでw)

続きは、『SS 同床異夢』のオマケで、例の夜の翌朝の二人です。短過ぎるのですが(汗)、お楽しみ頂ければなーと思いますv

続きを読む
  1. 2012.03.11(日) _23:59:33
  2. SS(ドラマ設定IFもの)
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。