善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

10月4日から11月11日までに頂いたコメントへの返信

皆様こんばんはーv
今回は本当に久々のお返事と言うことで、10月から11月にかけて頂いた、hakumi様、urekat様、piropari様、mukugeさん、TOM様、あきさん、TOMATO様、riko様からのコメントへのお返事をさせて頂いております。本っ当に遅すぎですが、よ、良かったらご覧ください…!!

●またまた近況●
今はフィギュアスケートのシーズン真っ只中と言うことで、楽しく過ごしております(*´艸`)ハァア
特に今シーズンは、去シーズンと同じくプルシェンコ情報にハラハラドキドキして、あっこさんにやきもきするだけでなく、プーさん似なのに鬼過ぎるオーサーコーチ(←コラw)についた羽生くんにビビりまくっています。
いやー、8年くらいフィギュアスケートを見てきましたが、プルはともかく、一試合ごとにこんなにあからさまにプログラムの構成を難しくしたり、超難易度の高いプログラムを安定してこなす選手はちょっと記憶にありません。イーグルからのアクセルだけでもヤバいのに、カウンターからのアクセルとか、ぶっちゃけ「何故そんなあっさりふんわり跳べる!? スピンもヤバいよヤバいよ上手いよー。はっ、これが国産宇宙人と言うものか!!?(;゜Д゜;)」とスケアメでビビっていたら、それからも構成がどんどん上がっていて、なんかもう、「これが、自分の国にプルシェンコがいる、って感覚なんだ…」と圧倒されっぱなしです。
後半クワド(!)も含めてフリー3クワドのフェルナンデスくん共々、オーサーは鬼だ!なんてやり手のコーチなんだ!!と思う今シーズンです。←


続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013.01.13(日) _21:59:50
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

年末年始のご挨拶と新年のSSS

新年、あけましておめでとうございます
旧年中は大変お世話になりました
本年も、よろしくお願い申し上げます


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


いやはや本っ当にご無沙汰しまくっております、緋翠です!(滝汗)
こんばんはーvv(*´▽`)b

大変遅くなりましたが、年末年始のご挨拶をさせて頂きます。

まず、↓のSSにたくさんの拍手を頂き、感謝の気持ちが炸裂しています…!更新がないのに来てくださる方、拍手をくださる方、コメントまで残してくださる方、本当に本当にありがとうございます!!
また、昨年後半は更新速度の低下が著しく、以前のように前に進むことが出来なかったにも関わらず、たくさんの方から拍手やコメントを頂きました。お返事できていないものも多く、申し訳ない気持ちでいっぱいです…。なんのお礼にもなりませんが、頂いたコメントは、最低でも三回は読み、噛みしめています。

……思えば、ここ2年、ずーっと「『善徳女王』ってマジで凄いから! 観ないと損損だからドラマ観てください!! 観て楽しんでくださいってか観ろ観ろ観ろー!!!」な肉食系ブログ(え)として活動してきました。それが一変して、まるで興味がなくなったかのように更新が激減してしまいましたが、実はちらほら『善徳女王』関連のネタに、毎日のように触れ、その度に「『善徳女王』は最高だぜ(#`∀´)フフン」となってはウザがられていました(ノ∀`)(笑)
そのネタをいくつか挙げますと、

・定期的な飢えにより、また『善徳女王』を何話か観た。トンマンとチュンチュのコンビがやっぱり堪らない!
・『近肖古王』のミセンをまた観ている。ミセンカッコいい…(*´艸`)ポッ
・『ペク・ドンス』と『プロポーズ~』のチュンチュをチェックした。やっぱりいい役者さんで麗しいー!……でも、CGみたいな美貌ではないと思うの…なんでそんな美貌扱いなの…?(;´Д`)
・そう言えば、スンホくんが入隊するとか。個人的に、若い人が身体を鍛え上げることは素晴らしいことだと思うので、芸能担当にならないことはいいことなんじゃないかと思います。勿論、兵役ですから、何があるかわかりませんが、『善徳女王』を見ても、やっぱりアルチョンの殺陣からは群を抜いて体幹の良さを感じましたし、スンホくんが俳優としても為になる経験や肉体を得られたらいいなぁと、甘いことを考えています。
・『大王の夢』を一回だけ観た。……うん、いや、まぁ期待はしていませんでしたが、予想以上に観るのがつらいドラマで、早送りしながら見ても無理でした。勉強意欲を刺激するようなとこもなかった…(;´Д`)
・『根の深い木』ガイドブックの脚本家さんインタビューを読んだ。うーん…面白い!話の練り方、登場人物の心理の捉え方、歴史との向き合い方、そのどれもが『善徳女王』の時よりさらにディープになっている感じがしました。エンタメ的には『善徳女王』の方がバランスは良かったかなぁと言う気もしましたが、題材の縛り具合も違いますし、話数も主役のタイプも違うので、一概にどちらがいいとも言えませんよね……とか言いつつ、『根の深い木』を観たことないと言う…(ノ∀`)←コラぁあああ
・盗作疑惑については、まぁ儲かった以上、こう言う話も出てくるだろうなぁと言う感じです。正直、新羅と言う国はわかっていることが少ないから、どうしてもネタが制限されます。どんなドラマであれ、新撰組の土方には必ず武家娘が色恋面で絡んでくるようなもので、だからって盗作ではないわけです。そして、『善徳女王』最大の武器は、政治性と、徹底したキャラクターの造形です。これは、他の脚本家にはない、この脚本家さん方の武器だと思いますねー。言いたいことは、これを世界に発信しなくなるのは、ドラマ界の大いなる損失だと言うことですw
・2011SBS演技大賞をやっと見ました!ヨウォンさんかわえぇえええ。……それにしても、なんか、こう、モデルのわりに歩き方ぎこちないですよね、ヨウォンさんって。不思議です。←失礼。
・実は、SSを書くにあたって、風俗とか、新羅は朝鮮より当時の日本と近いと思ったので、日本の奈良~平安を勉強したら役立つんじゃないかと思い、勉強してみました。そうしたら、トンマンの生活リズムや女官の仕組みなんか(食事は何時か、就寝は何時か、女官の仕事は地位毎にどういう違いがあるのか、部屋割りはどうするのか…など)を考えるのに役立ち、にんまりしていますw あ、ついでに読んだ『讃岐典侍日記』(の全評釈?)も良かったです!なかなか女性視点で描かれた帝って見ないので。
・本繋がりで、時代劇スター本が出ていたので読んでみたら、ミセンの役者さんが「運動神経抜群」なことが判明。マジですか!?!(;゚Д゚)……言われてみれば、『近肖古王』ではアクションふつーにカッコよかった…そうか、ミセンはぶりっこしてただけか…(←違) そして、雑誌や演技大賞を見て、改めて思いました。なんで韓国のスターさんは(女優さんなんて美人だらけなのに)皆ダサいんだ…美容院どうなってんだ…おまけになんで女優さんは美人だらけなのに俳優さんはあんまし美形じゃないんだ…。謎過ぎる…。でも、ほとんどの俳優さんがアクション出来ることは本当に素晴らしいと思います。ナヨナヨな人がいませんよねー。


↓以下、興味のある方のみどうぞーな管理人の近況など。
・近況としましては、風邪→ノロのデススパイラルに一家で襲撃されたことと、柱に足をぶつけて薬指が爪以外赤紫になったことが12月の二大イベントでした。冬はこわいですねー!(ノ∀`)(←二個目は管理人が前方不注意なだけです)
・ちなみに、ノロは私のは凄く軽いタイプで、二日ほど鼻水と戦っておしまい、と言うラッキーさでした。いえ、ヤバいノロにかかっても、一度○○したら回復するぐらい丈夫な人間なので、他の方は違うのかもしれませんが、とにかく運がよかったなーと思います(ノω・;)
・と言うわけで、健康ですv


最後に、ご心配くださいました方々、本当にありがとうございます…!お気遣い頂けて、もう申し訳ないやら、嬉しくてにやけるやら(コラ)、今年もこんな人間ですが、お付き合い頂ければ幸いですー!


緋翠


続きは、新年あけましておめでとうな隠居生活トン&ピです。

続きを読む
  1. 2013.01.06(日) _23:59:09
  2. 隠居連載『蕾の開く頃』
  3.  コメント:6
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。