FC2ブログ

善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

『花郎世紀』で見る新羅の歴史・その6 ~風月主制度の終焉~

『花郎世紀』おっかけ記事もついに最終回となりました。我ながら、長かったです…。(読んでくださった皆様、もっと上手くまとめられなくてすみません(汗))
ここまでお付き合いくださいました方、本当にありがとうございますー!

■花郎徒の身分制度
花郎徒は骨品を持つ花郎と、平民もいる郎徒とに分けられる。花郎は花郎徒の首長たる風月主以下、上郎とも呼ばれ、大体30代になると各官庁に配属された。郎徒は九人の「郎頭」が統率した。また、風月主の正室は「花主」と呼ばれ、郎徒の妻女は花郎の妾とされることが多かった。花郎のOBは「上仙」と言い、相談役のような役割を持っていたらしい。

○花郎の身分
・風月主〔プンウォルチュ、花郎徒の首長〕&花主〔ファチュ、風月主の正室〕
  ↓
・副弟〔プジェ、花郎徒の副官〕
  ↓
・左方大花郎〔道義・文事・武事を司る〕&右方大花郎〔玄妙・楽事・芸事を司る〕&前方大花郎〔遊花・祭事・供事を司る〕
  ↓
・左花郎二人&右花郎二人
  ↓
・小花郎三人&妙花郎七人


○郎徒の身分
・郎頭〔ナンドゥ、郎徒のまとめ役〕
(大老頭〔~60歳〕、大都頭〔~55歳〕、都頭〔~50歳〕、大頭&上頭〔~45歳〕、郎頭別将、郎頭&大郎頭〔~40歳〕)
  ↓
・望頭〔マンドゥ、花郎の摩腹子〕&臣頭〔シンドゥ、功績のある者〕
  ↓
・郎徒〔ナンド〕
(大徒〔テド、23~24歳〕、平徒〔ピョンド、18~19歳〕、童徒〔ヒョンド、13~14歳〕)


○遊花の身分
郎徒の娘は遊花として花郎徒に入って花郎の寵愛を受けない限り、婚姻できなかった。
・奉花〔ポンファ、花郎徒に入った者〕
・奉露花〔ポンロファ、花郎の寵愛を受けた者〕
・奉玉花〔ポンオクファ、花郎の子を産んだ者〕





続きを読む
  1. 2013.12.03(火) _20:00:00
  2. 新羅歴史談義?
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

『ごくせん』SS(ヤンクミと沢田)と逆転大奥

今更ながら、逆転大奥の映画を観ました。綱吉と右衛門佐のヤツです(・∀・)
いやー、もう吉保が!オノマチの吉保がめちゃめちゃツボで、最後のシーンで泣きました(つд;)←右衛門佐関連じゃないのか!?
そんなわけで、吉保と綱吉の関係が好きだ~…と余韻に浸っていたら、ふと思い出したのがトンマンとチュンチュで。どうやら、
綱吉→トンマン
吉保→チュンチュ
という感じで私の中では繋がってるようですw
右衛門佐もピダムと繋がりそうではあるんですが、ピダムなら、20年もトンマンが他の男と…なのに我慢し続けるのは有り得ないかなーと…(そもそもトンマンがそういうことをしなそうな気が…)。
なんだか邪すぎる見方ですが(笑)、逆転大奥、映画自体が楽しかったですーv配役がツボで(*´∇`*) 桂昌院と御台所とお伝もめっちゃ似合ってましたvv でも、最後は吉保が右衛門佐を殺して欲しかった…。←コラ。

続きは以前書いた『ごくせん』SSの続編ですー。




続きを読む
  1. 2013.12.02(月) _21:00:00
  2. 宝塚とかドラマとか。
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP