善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

成均館とプルジュベ

ものっそい今更ながら、BS12で『成均館スキャンダル』を見始めました。
もーガプスさん&演技大賞のアイドルカツラ親父(※ジェヨンさん)がメインキャストで、チャミョンゴにて散々「なんて美人! 惚れるわ!!←!?」と興奮したミニョンさんが主役ということでウハウハ楽しんでいます。ただ、二話まで見たのに役の名前が全然覚えられなくて困っています(ノ∀`) 仕方ないので、

主人公→美人(巨乳美人)
左議政のぼっちゃん→世子(セジャ)
『根の深い木』の人→女好き(王様の若き日)
急に現れて大立ち回りした人→ピダムもどき
生徒代表っぽい人→学級委員長
ガプスさん→ガプスさん
ジェヨンさん→カツラ親父


とお呼びしているのですが、ややこしいことこの上ない上、失礼極まりないので早く役名を覚えたいです。た、たぶん早送りしなければ覚えられるはず…!(←最低)
ちなみに、よこしまな管理人は早速『善徳女王』でパロディが出来ないか考えてみたんですが、難しいですねー。そもそも『善徳女王』の役者さん達では学園ものとしては老け(以下略)


●1分パロディ『トキメキ☆花郎スキャンダル』●
※年齢はテキトーです。

・あらすじ
ここは新羅。架空の王の時代。王には権力がなく、真骨正統と大元神統が政権を巡って争いを繰り広げていた。アレコレあって王族を筆頭に各地の優秀な若者が集う花郎徒に入ったトンマンは、対立する二つの党派の争いに巻き込まれていくうちに、自身の出生の秘密を知ることに…。

トンマン:21歳。すったもんだの末、花郎徒に入った男装の主人公。実は公主。
ユシン:18歳。伽耶派&真骨正統。王の甥として太后の後見を受けるぼっちゃん。頑固。実はトンマンより年下。
ピダム:22歳。大元神統。廃された先代の王の殿君。野望を秘めた母によって無理矢理花郎徒に入れられたが、不良のため不登校。
チュンチュ:16歳。真骨正統。女林。トンマンの男装をさっさと見抜く。

アルチョン:25歳。出自が王族でないために風月主になれず、花郎徒の裏ボス的存在・国仙を長年務める。
ホジェ:29歳。真骨正統。第14代風月主。王の寵愛を一身に集める王后の弟。
ポジョン:25歳。大元神統。副弟。花郎徒の崇拝を集める。
ウォルヤ:26歳。大伽耶の血筋を引く。

チョンミョン公主:21歳。真骨正統。王の一人娘。早くに夫を亡くし、宮中でひっそりと暮らしている。
ミシル:難攻不落と称される伝説の宮主。


ノリで考えてみましたが、ドラマもどうなるかわかりませんし(汗)、めちゃくちゃですなー(ノД`;)



※以下、フィギュアスケートの話しかしていないので、続きをご覧になる際はご注意ください(・∀・;)





続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2014.01.30(木) _17:00:00
  2. 宝塚とかドラマとか。
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

1月19日と21日にいただいた拍手コメントへの返信

『善徳女王』を見始めた頃……まだ郎徒時代前半まで(カットバン版)&43話以降(kntv版)しか見てなかった頃のSSを見ると、我ながらキャラクターの違いにビックリします(ノ∀`)
考えてみたらそれも当たり前で、当時はユシンを差し置いてトンマンの相手役になったピダムはミシルの息子だし相当なイケメンなんだろうと思ってましたし(鼻ほじるキャラだとは思ってなかったですw)、ユシンはもうちょっと可愛いげがあるというか、年下キャラなイメージが強かったんですよねー。何より、ユシン→トンマンが個人的にめちゃめちゃツボで、ユシンが死ぬ間際のSSとかもありました。書きかけですが(笑)
トンマンはというと、かなり女の子度が高かったです。言葉遣いも女言葉でしたし、死に行くピダムに駆け寄っちゃったり、「オイオイw」なヒロインキャラになっていまして。あとは、ヒロインキャラだからか、ピダムの乱で半ば自害するような展開も多かった気がします。じゃあなんでトンマンがそんなヒロインキャラなイメージだったのかしらと考えてみたら、昔はチュンチュのキャラが薄かったんですねー、私の中で。
思うに、チュンチュはピダム以上に初登場から10話の間にそのキャラクターが凝縮されている気がするんです。つまり、34話から43話の間にチュンチュというキャラクターを理解するのに必要なパーツがつまっているな、と。まあこれは私に見る目がなかったという話なんですがw、ちゃんと全話見ると、トンマンの生き方に強く影響を及ぼしている存在としてのチョンミョン(姉)→チュンチュ(甥兼息子)のキャラクターが浮かび上がってきて、結果的にトンマンが可愛いヒロインキャラではなくなった感があります。それだけじゃなく、王位の重みの感じ方も変わって、『善徳女王』が実はメインキャラ6人が全員王位継承に深く関わる、「王位継承(一国のリーダー)とは」を追究したドラマでもあるんだと考えるようになりました。そうなると、ドラマの中心にいるキャラクターたちの見方もより骨太になって、SSもかなり変わりました。私の中では!(笑)
あと変わったなーと思うのはアルチョンですね…!前髪あった時とか郎粧してる時とか、昔は知らなかったアルチョンの見せ場は大概トンマンとの主従の絆ネタだったので(その極めつけが墓守だったんか…!と気づいた時は戦慄を覚えましたw)、それらを見てからはSSのユシン→トンマンネタが減って、アルチョンが出張ってきました(笑)(ユシン嫁のヨンモがイイ嫁だったせいもありますv)
逆にあんまし変わらなかったのはミシルチームですねー。彼らはわりと早いうちにキャラクターが明確に示されて、そこから立場や気持ちが大きく変化していくことはなかったので、むしろ『花郎世紀』を読んだ時に「元ネタはこういう人だったのか」という驚きがありました。例外は、チルスク…かと思いきや(笑)、上天官のソリさんです。ソリとミシルの対立は考えていなかったので、キャリアウーマン同士のガチンコ対決は見応えがありました。ミシルはトンマンvsミシルも面白かったんですが、ソリとの関係ももっと見たかったですねー(´∀`)



続きはいただいた拍手コメントへの返信です。拍手をくださった皆様、ありがとうございまーす!(*´∇`*)ノ 遅くなりまして申し訳ありません…!(汗)





続きを読む
  1. 2014.01.24(金) _19:15:50
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

SS 慕情

まだ『善徳女王』を半分しか見ていない上に、最終回を見てすぐの妄想大爆発の頃に書いたSS第2弾です。
昔々に書いたものなので、トンマンたちのキャラクターが完全にアレレな感じですがw、管理人のトンマンたちに対する見方の変化も含めてお楽しみいただければ幸いです(*´∇`*)




続きを読む
  1. 2014.01.20(月) _21:30:00
  2. SS(ドラマ設定IFもの)
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

1月11日にいただいた拍手コメントへの返信

トリック完結編が公開されましたねー。劇場版はまだ見に行くかは不明なのですが、新作スペシャルはうまうま拝見しましたv 由紀恵ちゃん(と阿部ちゃんや生瀬さんは呼んでますね)がさらに美人女優らしからぬキャラになってました…!
ってそれはさておき、見ていて途中から「これ、堤監督が撮ってないだろー!」なシーン続出で寂しくなりました(´・ω・`) エンドロールで案の定「演出補」さんがいて、「やっぱり…」と(汗) 同じ演出補でも、宝塚の日本物ショーににゃんこ四人組が出てきた時は「ちょ、サイトーくんww」と笑ってすませましたが、最後のトリックなら、全編堤監督の演出で見たかったです……と、贅沢を言ってみましたw
いえその、なんで堤監督にこだわるかとゆーと、演出の面白さにプラスして、仲間ゆっきーが若く綺麗に映っているという長所があるんですよ!(爆) ファン的には大事なポイントです(´∀`)

仲間ゆっきー繋がりでもう1つ。
今回の新作スペシャルにじぇじぇな若手俳優さんが出てるのを見て、こんな会話になりました。

「仲間ゆっきーってありとあらゆる若手イケメン系俳優と共演してる気がする……」
「ジャニーズとも共演してるし、将来森/光/子になれそうだね。稼ぎまくってるし、お年玉あげればいいんじゃないかなw」
「え? そんなに共演してたっけ?」

……とゆーわけでちまちまウィキを漁ってみたら、本当に色んな人と共演してました。ついでにその中でも並びとして好きだったのを並べてみると、

・小次郎と八重(琴)(大河には珍しく二役な上に不倫カップルになってラブシーンまであったのに壊滅的に色気がなかった美男美女)
・ヤンクミと沢田(先生と生徒なんだけど、仲間ゆっきーの年齢もあってその境界が危うかったから、ちゃんと先生してるのに時に沢田を頼るヤンクミと、ヤンクミに甘えつつ面倒見つつ片想いな沢田がリアルで、ヤンクミにときめきましたv←え)
・ヤンクミと小田切&矢吹(生徒がマジで不良っぽかったし(←コラ)、先生ものとしてはこっちの方が好き)
・釣りしてるおぼっちゃまとメイド(あくまで釣りの時です(強調))

でしょうか(・∀・)
仲間ゆっきーをトリックで認識したせいかもしれないんですが、ある程度身長差や体格差がある並びの方が萌え…もといw、目の保養らしいです(*/∇ヽ*)
さてさて今年の仲間ゆっきーは、なんといっても朝ドラですね!わりと助演とかゲスト出演してる時の仲間ゆっきーが好きなので、主演の吉高さんの親友役というポジションもめっちゃ楽しみですvv あと、若手女優さんとガッツリ共演という機会もこれまであまりなかった気がするので、これを機に女優さんとの共演も増えて欲しいですね~。(伏姫と玉梓みたいなのまた見たい…(*´∀`))
とにもかくにも梅ちゃん以来の朝ドラを見るぞー!(笑)


続きはいただいた拍手コメントへの返信です(・∀・)
お正月期間中にも拍手をくださった皆様、ありがとうございましたー!改めて、皆様のご健勝をお祈り申し上げます&今年もよろしくお願いしますv




続きを読む
  1. 2014.01.14(火) _22:47:05
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:3
  4. [ edit ]

連載『再来』第6話

ここのところ一気に冷えてきましたね…・゚・(ノД`;)・゚・ 皆様、風邪にお気をつけて~!



続きを読む
  1. 2014.01.11(土) _00:00:00
  2. 迷宮版ピダムの乱『再来』
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

今さらながらの『善徳女王』第1話冒頭とかフィギュアスケートとか。

今日は休みなもので、ぎゃおさんの『善徳女王』を見ています(*´∇`*) おお…これがkntv版の…と感動しきりです。(43話以降は録画してあるんですが、それ以前は見たことなかったのですー)
そして知った、第1話冒頭の注意書。

「第1、2話は、登場人物の前史(背景)となる572年から602年まで(の出来事)を縮約し、再構成しました」

よよよよかったぁぁあああ(;゚Д゚)
……というのも、実は新連載を始めるにあたって年表を作成し直したのですが、その時にあれこれ考えた結果、

598年……真興王崩御。
602年……7月7日、ピダム誕生。ペクチョン即位。
603年……2月14日、チョンミョン&トンマン誕生。
605年……ユシン誕生。

ってしてたんですよー!
あああああよかった…ドラマ設定とあんまり剥離してなくて本当によかったぁぁあああ……と、安心しました(笑)

さてさて、前の記事で大河に対する願望をどーたらこーたら語った管理人。実は欲深いスリザリンな管理人には他にもあれやこれや願望という名の妄想がありましてw、例えば九条道家&藤原綸子夫婦や、足利義教&裏松重子なんかも波瀾万丈なので見てみたいor読んでみたいですねー(´∀`)

↓以下、マイナーなこの方々の簡単な説明。↓

■九条道家&藤原綸子夫婦■
鎌倉時代初期の摂政関白とその北政所(正室)。綸子の方がちょっと年上。なお、百人一首で有名な藤原定家は道家の側近である。
十代で祖父母と両親を亡くした道家は、後鳥羽院の後見の下、数え十六歳で藤原公経の長女綸子と結婚。姉立子は順徳天皇の皇子(仲恭天皇)を出産し、道家はついに二百年振りに天皇の外戚摂政になることに成功する。さらに綸子との間に誕生した三寅(後の頼経)は鎌倉幕府に四代将軍として迎えられるなど、道家は二十代で栄華を極める。
しかし、承久の乱で公経が幕府に味方し、敗北した後鳥羽院が流罪となると、状況は一変。道家から摂関の座を奪還した近衛家、幕府と結託して勢力を伸ばす舅公経、道家と頼経を警戒する執権北条氏に囲まれて、道家は綸子とその十数人の子女(中宮、摂関、将軍、座主とかがワラワラいる)と共に自らの手で摂関家最後の栄華を築き上げていく。だがやがて、二人は様々な不運に見舞われて晩年には権勢から遠ざかってゆき、綸子の死から僅か三ヶ月後、道家も死去。当時、北条氏は道家のクーデターを警戒しており、その死は北条氏による暗殺だったとも言われている。

■足利義教&裏松重子■
くじ引き将軍の渾名で有名な義教は、金閣寺の義満の息子で銀閣寺の義政の父。重子は義政の母で、義教の夫人(正室ではないがそれに準じる存在)。義教の方が17歳年上。
義教についてはwikiなどに詳しく書いてあるが、ザッとまとめると、室町幕府の六代将軍で、北朝で新たな皇統を打ち立て、北九州を平定、何百年も治外法権の武装勢力だった比叡山を鎮圧し、鎌倉公方と南朝を滅亡させて、室町幕府史上最大の領土を獲得した人物。義教の驚くべき点は、これらの業績を僅か十三年の任期中に全て成し遂げたことで、その結果、鎌倉公方の残党を壊滅させた記念パーティーで赤松氏に暗殺された。織田信長の時と違って、有力大名が勢揃いした場での暗殺で、当時の天皇の父による生々しい記録なども残ったいるため、義教が斬殺されてからは逃げる大名も多かったが、義教の仇討ちのために戦う大名&義教の親衛隊による赤松氏側との激戦が繰り広げられたことが判明している。
ついでに、申楽愛好家の顔も持つ義教は、音阿弥こと観世元重のスポンサーにして、世阿弥を流罪にした人物でもあった。天才役者だった元重は義教暗殺のまさにその瞬間、世阿弥作の『鵜羽』を演じていたという。
なお、義教が暗殺されるとその妻妾は全員落飾したが、その中でただ一人懐妊中であったために暫く俗体を保ったのが重子である。当時、重子は義教の子女を最も多く産み(四男三女。長男が義勝、次男が義政)、後継ぎの千也茶丸(義勝)の母としても尊ばれて「北向」と呼ばれており、従二位という高位を得ていた。
しかし、重子は決して順風満帆な後宮生活を送ったわけではない。何故なら、義教は寵愛する正親町三条尹子を正室(上様)として遇して重子の姉宗子(義教の御台所)を離縁した上、重子の兄義資を外戚として権力を握ろうとしたとして蟄居させた上に暗殺したとも言われていたのだ。事実、義教は重子を寵愛しながらも裏松家は取り立てなかった。
また、義教の暗殺から2年後には義教時代からの管領細川持之まで早死にしたため、重子は幼少の義勝、義政の2人の将軍の母として、実質的な幕府の最高権力者となる。応仁の乱の勃発は、重子の死から僅か4年後のことである。



……とゆー感じで、この4人は歴史的にも天皇家、朝廷、武家が激動した時代の主要人物ですし、戦もあるし、後宮ものの要素もあるし、物語(ドラマ)にしたら絶対面白いと思うんですよねー。…問題は、その面白さを自分で発信できないことですなw(ノ∀`)


続きは、ちょっと鮮度が落ちますがフィギュアスケートに関する話なんぞを…。



続きを読む
  1. 2014.01.09(木) _09:37:10
  2. 宝塚とかドラマとか。
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

12月30日と31日にいただいた拍手コメントへの返信

あけましておめでとうございまーす!!(*´∀`*)

昨年もたくさんの方にお世話になり、無事2014年が明けました。本当にありがとうございます。今年も一つ一つのご縁を大切にしていきたいです。そして、叶うなら、どなたにとってもいい1年になりますようにv



さてさて2014年になりました。今年の大河は黒田官兵衛ですねー。去年の八重ちゃんは戊辰戦争が終わってしまってから随分とカラーが変わって、見なくなってしまったので、今年こそは通年で見られる大河であればなあと思っています。
来年の大河に至っては、幕末に詳しくない管理人にとっては「誰それ!?」状態なので、何の予想も立てられないと言うかw、とりあえず、ここ10年はホントに女性主人公が多いですねー。また、『篤姫』以来、大河ドラマ8本のうち、「子供のいない幕末女性」ものが3本もあるということになりますから、これもかなり珍しい気がします。ブームなんでしょうか。
個人的には、そろそろ飛鳥・奈良・平安ブームが到来して欲しいです!(と、毎年言ってます…)

●大河ドラマでやって欲しい有名人●
1.飛鳥時代その1。蘇我馬子&推古天皇の同世代叔父姪コンビによる、蘇我氏の興隆と日本初の女帝誕生物語。ついでに聖徳太子。
2.飛鳥時代その2。天智天皇&天武天皇兄弟と、二人の後継者となった持統天皇のトリオ主役で、乙巳の変、白村江の戦い、壬申の乱、律令制定など、国際色豊かな激動の時代を描く。
3.飛鳥から藤原、難波、奈良へ。現代の共働き&再婚夫婦に送る、古代式共働き有名人、藤原不比等&県犬養三千代夫妻のサクセスストーリー。
4.奈良時代。女性として唯一人皇太子となった孝謙(称徳)天皇と、彼女の師であり盟友でもあった吉備真備を主人公に、混沌とする皇位継承争い、主なき藤原氏、消えていった古代豪族の権力闘争を追う。
5.平安三部作その1。『王朝序曲』を原作に、藤原内麻呂&真夏&冬嗣親子が見た、桓武天皇一族と怨霊による平安京の幕開け。
6.平安三部作その2。皆様ご存知の最強望月男・藤原道長と、彼の栄華を左右した7人の女性(東三条院藤原詮子、源倫子、源明子、藤原定子、上東門院藤原彰子、清少納言、紫式部)の物語。
7.平安三部作その3。次々に不幸に見舞われながらも気を強くもって生き残った男・白河天皇に見る、挫折に負けない人生とは。



このあたりの人は一度見てみたいんですよー。でも無理ですかね、やっぱり…(´・ω・`)

続きはいただいた拍手コメントへの返信です!昨年も、1年間たくさんの拍手をありがとうございました~vv



続きを読む
  1. 2014.01.03(金) _17:02:11
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。