善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

年末年始のご挨拶と新年のSSS

新年、あけましておめでとうございます
旧年中は大変お世話になりました
本年も、よろしくお願い申し上げます


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


いやはや本っ当にご無沙汰しまくっております、緋翠です!(滝汗)
こんばんはーvv(*´▽`)b

大変遅くなりましたが、年末年始のご挨拶をさせて頂きます。

まず、↓のSSにたくさんの拍手を頂き、感謝の気持ちが炸裂しています…!更新がないのに来てくださる方、拍手をくださる方、コメントまで残してくださる方、本当に本当にありがとうございます!!
また、昨年後半は更新速度の低下が著しく、以前のように前に進むことが出来なかったにも関わらず、たくさんの方から拍手やコメントを頂きました。お返事できていないものも多く、申し訳ない気持ちでいっぱいです…。なんのお礼にもなりませんが、頂いたコメントは、最低でも三回は読み、噛みしめています。

……思えば、ここ2年、ずーっと「『善徳女王』ってマジで凄いから! 観ないと損損だからドラマ観てください!! 観て楽しんでくださいってか観ろ観ろ観ろー!!!」な肉食系ブログ(え)として活動してきました。それが一変して、まるで興味がなくなったかのように更新が激減してしまいましたが、実はちらほら『善徳女王』関連のネタに、毎日のように触れ、その度に「『善徳女王』は最高だぜ(#`∀´)フフン」となってはウザがられていました(ノ∀`)(笑)
そのネタをいくつか挙げますと、

・定期的な飢えにより、また『善徳女王』を何話か観た。トンマンとチュンチュのコンビがやっぱり堪らない!
・『近肖古王』のミセンをまた観ている。ミセンカッコいい…(*´艸`)ポッ
・『ペク・ドンス』と『プロポーズ~』のチュンチュをチェックした。やっぱりいい役者さんで麗しいー!……でも、CGみたいな美貌ではないと思うの…なんでそんな美貌扱いなの…?(;´Д`)
・そう言えば、スンホくんが入隊するとか。個人的に、若い人が身体を鍛え上げることは素晴らしいことだと思うので、芸能担当にならないことはいいことなんじゃないかと思います。勿論、兵役ですから、何があるかわかりませんが、『善徳女王』を見ても、やっぱりアルチョンの殺陣からは群を抜いて体幹の良さを感じましたし、スンホくんが俳優としても為になる経験や肉体を得られたらいいなぁと、甘いことを考えています。
・『大王の夢』を一回だけ観た。……うん、いや、まぁ期待はしていませんでしたが、予想以上に観るのがつらいドラマで、早送りしながら見ても無理でした。勉強意欲を刺激するようなとこもなかった…(;´Д`)
・『根の深い木』ガイドブックの脚本家さんインタビューを読んだ。うーん…面白い!話の練り方、登場人物の心理の捉え方、歴史との向き合い方、そのどれもが『善徳女王』の時よりさらにディープになっている感じがしました。エンタメ的には『善徳女王』の方がバランスは良かったかなぁと言う気もしましたが、題材の縛り具合も違いますし、話数も主役のタイプも違うので、一概にどちらがいいとも言えませんよね……とか言いつつ、『根の深い木』を観たことないと言う…(ノ∀`)←コラぁあああ
・盗作疑惑については、まぁ儲かった以上、こう言う話も出てくるだろうなぁと言う感じです。正直、新羅と言う国はわかっていることが少ないから、どうしてもネタが制限されます。どんなドラマであれ、新撰組の土方には必ず武家娘が色恋面で絡んでくるようなもので、だからって盗作ではないわけです。そして、『善徳女王』最大の武器は、政治性と、徹底したキャラクターの造形です。これは、他の脚本家にはない、この脚本家さん方の武器だと思いますねー。言いたいことは、これを世界に発信しなくなるのは、ドラマ界の大いなる損失だと言うことですw
・2011SBS演技大賞をやっと見ました!ヨウォンさんかわえぇえええ。……それにしても、なんか、こう、モデルのわりに歩き方ぎこちないですよね、ヨウォンさんって。不思議です。←失礼。
・実は、SSを書くにあたって、風俗とか、新羅は朝鮮より当時の日本と近いと思ったので、日本の奈良~平安を勉強したら役立つんじゃないかと思い、勉強してみました。そうしたら、トンマンの生活リズムや女官の仕組みなんか(食事は何時か、就寝は何時か、女官の仕事は地位毎にどういう違いがあるのか、部屋割りはどうするのか…など)を考えるのに役立ち、にんまりしていますw あ、ついでに読んだ『讃岐典侍日記』(の全評釈?)も良かったです!なかなか女性視点で描かれた帝って見ないので。
・本繋がりで、時代劇スター本が出ていたので読んでみたら、ミセンの役者さんが「運動神経抜群」なことが判明。マジですか!?!(;゚Д゚)……言われてみれば、『近肖古王』ではアクションふつーにカッコよかった…そうか、ミセンはぶりっこしてただけか…(←違) そして、雑誌や演技大賞を見て、改めて思いました。なんで韓国のスターさんは(女優さんなんて美人だらけなのに)皆ダサいんだ…美容院どうなってんだ…おまけになんで女優さんは美人だらけなのに俳優さんはあんまし美形じゃないんだ…。謎過ぎる…。でも、ほとんどの俳優さんがアクション出来ることは本当に素晴らしいと思います。ナヨナヨな人がいませんよねー。


↓以下、興味のある方のみどうぞーな管理人の近況など。
・近況としましては、風邪→ノロのデススパイラルに一家で襲撃されたことと、柱に足をぶつけて薬指が爪以外赤紫になったことが12月の二大イベントでした。冬はこわいですねー!(ノ∀`)(←二個目は管理人が前方不注意なだけです)
・ちなみに、ノロは私のは凄く軽いタイプで、二日ほど鼻水と戦っておしまい、と言うラッキーさでした。いえ、ヤバいノロにかかっても、一度○○したら回復するぐらい丈夫な人間なので、他の方は違うのかもしれませんが、とにかく運がよかったなーと思います(ノω・;)
・と言うわけで、健康ですv


最後に、ご心配くださいました方々、本当にありがとうございます…!お気遣い頂けて、もう申し訳ないやら、嬉しくてにやけるやら(コラ)、今年もこんな人間ですが、お付き合い頂ければ幸いですー!


緋翠


続きは、新年あけましておめでとうな隠居生活トン&ピです。


* *


 トンマンがピダムと暮らすようになって、初めての元旦。二人は、御来光を仰ぎ、拝礼していた。

「陛下の願い事って、どんな願い事なんですか?」

 風邪をひいてはいけないと早々にトンマンを家の中へ押し戻したピダムは、薄紅に染まった細い指を温めながら、期待を籠めた瞳で尋ねた。
 ことの始まりは、なんでも、毎年毎年神国と民の繁栄のみを願ってきたトンマンが、今年は私的な願い事もすると語ったことによる。今年はただのトンマンとして御来光を仰ぐのだから、ただのトンマンの願い事もするんだと。そして、トンマンはピダムにも同じように神国の繁栄と私的な願い事をするよう命じた。いや、提案した。勿論、ピダムに否はない。

「先にお前の願い事を聞きたいな。ピダム、何を願ったんだ?」
「私は毎年同じなんです」
「毎年? これまでも今年と同じことを頼んでいたのか?」
「はい。トンマンが、未来永劫俺のものになりますように、と」
「は……」

 確かに、その詞がこれだけ滑らかに紡がれたのは、散々馴れ親しんだ詞だからだろう。しかし、それにしたって、まさかピダムの悩みがそれだけだったとは考えられない。

「でも、馴れない仕事も多かっただろう? 上手くいきますように、とは願わなかったのか」
「私が神頼みで仕事をするような無能な司量部令だったら、陛下はとっくに私の首をすげ替えていましたよ」
「それは……そうだ」

 否定出来ないトンマンを見つめながら、ピダムは喜色を隠しはしなかった。

「陛下の司量部令を務められたのは、私だけです。他の奴には出来やしません」
「……確かに、その通りだな」

 その笑みに困ったような微笑を返しながら、絡めた指を握ると、もっと強い力がトンマンを引き寄せた。

「それで? トンマンは何を願ったの?」
「知りたいか?」
「物凄く知りたい」

 強い口調でねだるのは、自信がある証だ。ピダムには、トンマンの願い事が彼とのことだと言う確信があるに違いない。
 その期待に、トンマンはにっこりと微笑みながら応えることにした。

「じゃあ、教えてやろう。私は、ピダムが反乱を起こしませんように、とお願いした」

 その答えにピダムが固まること、瞬き一つぶん。

「今年は、乱を起こすんじゃないぞ。身が持たない」
「――トンマン!」

 やっと我に返ったピダムは、寒風よりも鋭く、もどかしげにトンマンと視線を合わせた。

「許してくださいとは言えませんが……お願いですから、忘れないでください。本当に、苦しめたくてしたことじゃ、ないんです……!」
「うん、知ってるぞ。だから、本当は、今年はピダムの子供みたいな笑顔がたくさん見られますようにってお願いしたんだ」

 もう何度も何度も、ピダムはトンマンには驚かされてきた。いい加減、馴れてもおかしくはないだろうに、今も驚かされる。この時も、してやったりと顎をくすぐってくるトンマンに逆らう余裕すらなく、ピダムは双眸を大きくするしかなかった。

「大体なぁ、反乱なんて、私が四六時中見張っている以上、させるわけがないだろう? あ、でも、もしお前がその気になったら、刺し違えてでも阻止するから、覚悟しておけ。死にたいわけじゃあないが……一人きりじゃ、生きていても――」

 と、トンマンがそこまで呟いたところで、言葉より先に身体が動く男は、彼に我を忘れさせる柔らかい唇を仕留めた。願い事の為にまだひんやりとしている身体も、火鉢より遥かに熱い腕の中に閉じ込めてしまえば温まる。

「ピダム、今年も……ずっと、一緒にいてくれ」

 吐息の狭間で囁かれた言葉に何度も頷きながら、ピダムはやっとのことで囁いた。

「ずっと、一緒にいる。…………トンマン、愛してる」

 その言葉に、今度はトンマンがピダムを抱きしめて、小さく頷いた。そして、少しだけ穏やかな抱擁を満喫してから、新年早々閨に籠ろうとするピダムを小突いて、代わりに背伸びをした。不意打ち同然に唇を奪われたピダムは、にへらにへらと頬を弛ませ、子供のように笑う。
 神頼みでは心許ないトンマンは、こうして自らの願い事を一つ達成したのだった。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013.01.06(日) _23:59:09
  2. 隠居連載『蕾の開く頃』
  3.  コメント:6
  4. [ edit ]

<<10月4日から11月11日までに頂いたコメントへの返信 | BLOG TOP | SS 女官は見た! ~陛下の御手編~>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2013/01/17(木) 22:35:15 
  2.  
  3.  
  4. [ 編集 ] 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2013/01/20(日) 11:13:56 
  2.  
  3.  
  4. [ 編集 ] 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます

  1. 2013/02/04(月) 08:59:52 
  2. URL 
  3.  
  4. [ 編集 ] 
おはようございます。私は善徳女王に昨年末からはまり、今ではすっかりピダムひいきです!こちらには検索してたら辿り着きました(*´∇`*)

私も密かにピダムのお話を書いているのですが、私だけかと思ってたので、まさか他にも2次を書いてる方がいるなんて!と狂喜乱舞。しかもifのお話!私はあまり設定とかは不勉強なので、読んでいてすごいなぁ…とドラマの延長のつもりで読んでます。特に子育ての話が大好きですー。ピダム可愛い!ではこれからも楽しみにしてます。

げんさんへ

  1. 2013/02/17(日) 23:12:12 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
げんさん、再びこんばんはーvv
そして、再び(笑)、今年もよろしくお願いします!(*´∇`*)

> 新年早々に近況とSSSを読ませていただいて、本来吸い取られる側なはずなんですがー、お年玉をもらったような気分になりましたw

私も、もらわない側なのに、今年はなんと頂いてしまいましたーwなんて現実はさておき、ありがとうございます!そう言って頂けることが、お年玉みたいですvv(*´艸`)
善徳熱は、2月になってもまだまだかなりの熱量で保たれてますよーw

> 「近肖古王」のミセンさん

カッコいいですよね!(大声)ミセンの体格や発声の良さが生かされていて、私も惚れ惚れですw
私もちょこっと現代劇を見たことがあるんですが、カッコいいではなく、えっと、あの、変なおじさ…げふんげふん、でした(爆) 時代劇の方が似合いますよね!w
あ、そうなんです、運動神経バツグンって書かれてたんですよ~!ビックリしました。ドラマでも鎧は着てましたし、実はお姉様に「ミセン。たまにはあなたも先陣を切ったらどうかしら」とか言われるのが嫌で馬に乗れないフリをしてたんじゃ…とか妄想しちゃいました。←コラ

> スンホくん、兵役へ

行くみたいですねー。ヨウォンさんも20歳過ぎで結婚&出産引退が2、3年ありましたし、ある意味いい時期なのかも…と勝手に思っています。帰ってきたら、今度は大人として、時代劇の主役を…特に『善徳女王』脚本家ズの時代劇を!!と韓国に向かって祈っておきますw

> 外見からはあんまりわからないところで体幹がめちゃ鍛えられて、退役後にアクションを見せていただきたいです!

私もですー!時代劇でぜひ…(´人`)←祈祷中

> お隣の俳優さん…、全然詳しくはないんですけれど、髪型とか、なんとなくお父さんチックな感じの方が多いような気がしますね~。

ですよね~。私はそれで現代劇は脱落してしまって、未だに見れてないです(笑) 子役時代はシンプルな髪型の方が可愛いくらいなんですが、大人になると……と言うわけで、ワガママ言ってすみませんな感じですw
ユシンのオムさんの違和感は、ユシンが年下男だったせいもあると思うんですよー(笑) だから、色んな意味でオムさんは不利だったんだなーと……オムさんごめんなさい!w

> SSS、神頼みにしないで自ら見たいピダムの子供っぽい笑顔を引き出すって、トンマンですね~v

ありがとうございます~(*´∇`*) 実はわりと自分からガンガン行動するトンマンですv
「よしっ!ピダムの笑顔1個獲得したぞ!と心の中でガッツポーズ」は確実にしてるんじゃないかとw きっとニヤッとあのドヤ笑顔を爽やかにしてくれていると思います(笑)
自らチューしてしまった……は、トンマンって、馴れればスキンシップは自分からするんじゃないかなーと思いまして。なでなでしたり、抱きしめたり、チュッくらいはしそうなイメージで書きましたv 新年のスタートは、やっぱり幸せなのが書きたかったので、達成できて良かったです~(´∀`)

> 成人の日の雪

雪は、見事に味わいました。雪だるま作って、雪掻きして、翌日の凍った雪で横滑りしてコケると言う…(爆) 尻餅ならまだわかるんですが、横に滑って太ももの横にアザまで出来たのに、捻挫はしなかったりと、不思議なコケ方をしてしまいましたw(ノ∀`)
げんさんは大丈夫ですか??残った雪って、怖いですよね…!(||´Д`)←コケてようやく実感しました(笑)

幸い、生まれてこの方インフルはかからない体質らしいのですが、ノロは怖いので気をつけます!
今週はまたまた雪があちこちで降るみたいで…2月は、春も近い一方で、冬将軍のラストスパートがスゴいらしいので、げんさんもご家族の皆さんもご自愛くださいv(*´∇`*)v 何より、コケないようにお気をつけて…!(爆)

mikkonee様へ

  1. 2013/02/17(日) 23:49:11 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
mikkonee様、はじめまして!お返事が遅くなってすみません、緋翠と申します。

実は、このブログはナムギルさんのファンの方にはあまり気持ちのいいブログではなくて……それなのにコメントを頂けてとても嬉しいです…!ありがとうございます~!vv(もしお気持ちを害するような記事に出会ってしまっていたら、申し訳ありません!(汗))

レンタルDVDからと言うと、ノーカットですし、すっごくイイ出会い方だと思いますーvv私はカットしまくりのテレビ放送から入ったので、ノーカットを見た時は感動しました(笑)

『蕾の開く頃』は、本編から受けたショックを癒そうと書き始めたので、「私の願っていた内容そのもの」と言って頂けるのが一番嬉しいです(*´∇`*) 私自身、どのお話より思い入れがありますし、「続きを書けたら書きたい書きたい書きたいぞーっ!」ともがもがしています。
なので、更新がいつになるかわかりませんが、頑張りますー!!

直様へ

  1. 2013/03/03(日) 16:46:59 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
直様、はじめまして!お返事が遅れてすみません(汗) 管理人の緋翠と申します。

昨年末から善徳女王に……いやー嬉しいです!ようこそ善徳女王好きブログの世界へ!(笑)(*´∀`*)
ピダムは凄くて、カッコいいですよねーv あんなに面白いキャラクターはもうなかなか見れないと思います。
そして、直様はピダムのお話を書いていらっしゃるんですか! 嬉しいですvvv 実は、私のブログはピダムがメインと言うかトンマンとピダムのセットがメインなのですが、リンクにある他のブログでは、ピダムがメインのお話を書いている方もいらっしゃいますので、ぜひぜひそちらもどうぞ~。
if設定は、妄想は妄想を呼ぶの世界なのでお恥ずかしいです(ノ∀`) 子育ての話は一番最初に書き始めた話なので、直様に大好きと言って頂けて凄く嬉しいです。ありがとうございますー!!


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。