善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

5月10日に頂いた拍手コメントへの返信

だんだん暑さも本格的になってきた今日この頃。『マイ・フェア・レディ』熱が、二度目の観劇を終えてもまだ燻っています。あああきりやん可愛い~(*´Д`)←

そして、二度目はさすがにストーリーもわかっていたので、安心して観られましたし、イライザや他の人達の気持ちにも、ようやく追いつけた気がします。(ついでに、イライザが二十代で教授が四十歳らしいという情報をゲットしました。合っててよかったw)

一番ハッとしたのは、きりやんイライザの真正面振りでした。
きりやんは宝塚時代から、誰に対しても、物凄く真摯に真正面からぶつかるような愛を演じる役者さんでした。特に相手役さんを見つめる眼差しの強さは印象的で、そのぶん、心を閉ざした時のシャッターは誰にも壊せないんじゃないかレベルの厚さ硬さを持っている、という…。
そんなわけで、きりやんの眼差しを追っていたら、イライザと教授のスポ根物語(←えっ)に、恋が芽生えた瞬間にめっちゃときめきました。教授目線で!(←は!?)
そして、二度目の観劇では、二幕がより面白かったです。本当に無駄なキャラがいないと言うか、意外にもフレディの使われ方がグッと来ました。
あれだけイライザラブで、下町にまでついていったフレディは、意外にも教授のテリトリー(教授の家と、教授のママの家)には入らないんですよね。そういう意図があるかはともかく(笑)、「イライザは教授のテリトリーにいる限りは大丈夫だけど、テリトリーから出たイライザには行き場がない。だからフレディが一緒にいてあげている」……つまり、フレディは文字通りイライザの騎士になっているんだなぁ…と思いまして。しかも、教授のママのテリトリーでは、ママが誰よりも偏見なしにイライザを見つめてくれています。そして、イライザもそれをわかっているから、ママのところへ行く……という、この優しい関係が、なんというか、好きです(告白)
また、フレディがいやらしさのない騎士だからこそ、教授も変わらざるを得ないと言うか、ばか正直にイライザの「フレディと結婚する」発言を信じちゃうんだろうなーと思いました。教授的には、「イライザは私のもの=私なしではイライザは何もできない」とか思ってたのに、実際には、

出て行ってもイライザは変わらず、イライザのままだった。→しかも、その間イライザはフレディといた。→イライザはフレディといても大丈夫。→いやいやいやそれは困る!あり得ない!→え?イライザも俺を好き?よし、じゃあ腹くくろう。→……好きだって言ったのに、何故かふられた……。しかもフレディと結婚!?→なんでだ!?俺の方がフレディよりずっといい男だ!愚かなイライザ!→でも、イライザにとっては、俺は、フレディよりダメな男なんだ…?だから、イライザはフレディのところへ行くのか?→……そっか…イライザは、もういないんだ…二度と戻ってきてくれないんだ…(泣)

……と泣きたくなるのも、わかります。だって、フレディいい男だもんよ。イライザと年齢的にもお似合いですしw
でも、「言葉より行動」なイライザが惚れたのは、イライザのテリトリーや気持ちにズカズカ踏み込んできて、異常なくらい自分を教育してくれた教授なわけで。しかも、きりやんイライザは、好きな人と一緒にいられるなら、自分で幸せを見つけ出せる子なんですよね。教授が甲斐性なしでもw、本当に自分で働いて養っちゃうでしょうし、優しくなくても、ちゃんと引き出していくんだろうなー…と、二幕のラストで見つめあう二人を見て感じましたv

それにしても、マイ・フェア・レディって、きりやんのヒギンズ教授でも見てみたかったですw(ノ∀`) イライザはまりも、ピッカリング大佐は龍さん、フレディは明日海さんで…!


続きは頂いた拍手コメントへの返信ですv
いつも拍手をありがとうございます!




* *


●hakumi様へ●
ありがとうございます!(*´∇`*) 嬉しいです~v


●urekat様へ●
urekat様、こんばんはーv 珍しく衝動が沸き上がってきて、一度にSSが4本も書けました!(ノ∀`)(笑)
「進むべき一本の道」と「避けられぬ道」は、かなり入り込みながら書いてしまいました。最終回辺りはどの場面もSSにしたくなるので、またチャレンジしたいです(・∀・)
ポジョンの最期は、きっと視聴者一人一人の中にそれぞれの最期があると思います。その中で、私なりのものーと妄想してみました(笑)
「寝首」は、迷宮シリーズなので、二文字だなとw この二文字タイトルは、後からつけることもありますが、書く前に決めておいて、タイトルに沿って内容が変わっちゃうこともありまして…。実は、つけながら「恥ずかしいわー」と思っているので、気に入って頂けてホッとしています!(笑)
トンマンがピダムの胸ぐらを掴むくだりは、51話で見て惚れ惚れした仕草なんです。それを、今回は迷宮シリーズのトン&ピらしくなるようちょっと変えてみましたv 気づいて頂けて嬉しいです!(*´∇`*)



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013.05.26(日) _22:31:04
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<対立と調和と下克上。@ミシルチームとピダムチーム。 | BLOG TOP | スタンダードの素晴らしさ。@『マイ・フェア・レディ』2013年霧矢版と『善徳女王』>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。