善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

12月1日にいただいた拍手コメントへの返信と『武人時代』

楽しく視聴中の『武人時代』。この時代が楽しいので、いつまでも続いて欲しいなーノーカットで見たいなーと思っています(*´∀`*)

●思い出は髪紐の香と共に。@イ・ウィバン(李義方)
武人(イ・ウィバン)
『武人時代』を代表するオトメン。見た目年齢は太后様と変わらない。が、たぶん30代…? 若い頃ふわっと抱きつかれて以来、ムビ様に一途に片思い中。君の産んだ子なら僕は愛せるを地でいっている。
それはそうと、キョルリョンヘンスという近衛軍隊長だったこのウィバンことキョンちゃんは、親友のイ・ゴ&チェ・ウォン(虎髭さん)と共にあれやこれやのお膳立てをしてムビ様の割れた硯を廃位し、権力を握った。得意分野は演説と鉄棍による撲殺と甲斐甲斐しいお薬ぬりぬり。

●漫才担当古狸。@上将軍チョン・ジュンブ
武人(チョン・ジュンブ)
最初は常識人だった。実はとんでもない古狸だった。そんな人。
このドラマの武将にしては非常に珍しく、今のところ立ち回りがない。剣を抜いたのも一回くらいじゃないだろーか。
見どころは太后様との夫婦漫才。なんともいえない女官さんの目線も含めて、上将軍のおててとぱっちりおめめから目が離せない。息子はいいから上将軍がご機嫌伺いに行きなさい!
息子の前髪は地味派手狙って黒で固めているが、帯が真っ赤なので全然地味じゃない。

●あの時殺しておけばよかった!@イ・ゴ
武人(イ・ゴ)
初っ端からとにかく喧嘩っ早い。何かあるとすぐに双剣を抜く。突く。斬る。そして風になびくサラサラヘアー。もしかしてイケメン枠なのか。
易姓革命という大いなる野望があるらしいが、とにかくキョンちゃんが大好きで大好きで、「(この俺様に内緒で)ムビと出来てんじゃねーかお前」と嫉妬しまくっている。キョンちゃんが可愛がっているまさかりくんも大嫌いで、ねちねちねちねち苛め抜いている。虎髭さんと仲良しなんだからそれで満足しなさい。

●まさかり担いだ金剛夜叉。@イ・ウィミン
武人(イ・ウィミン)
斧とタカがお友達。家に居場所がない。でも子沢山。奥さんがわりと美人だがとんでもない悪妻疑惑。拳の友情。愛人の護送もします。まさかのセクシー部長。毎週毎週拷問にあったり傷だらけになったり捕獲されたり脱がされたり。
最大の謎は、この武骨を絵に描いたような人が遊女だった奥さんをどうやって妻にしたのか。

●腹式呼吸のネイヌーン!@恭叡太后
安定のクオリティーで王家の威厳を支える太后様。最初のうちは武人に振り回されていたが、だんだん付き合い方がわかってきたらしい。ボケの上将軍にツッコミの太后様。画像がないのが寂しい。
御年六十を過ぎているはずなのだが、若くてオリエンタルな美人妹がいる。ムビ様の腹黒さもよく御存知で、迫力ある嫁姑バトルを繰り広げていらっしゃいます。

●かーちゃんは悪女。@ムビ
武人(ムビ)
このドラマの顔面偏差値を維持している人。んが、てっきり若い役かと思ってたら、実はものすごい人数の子供のいるかーちゃんだったでござる。
上将軍とどっこいどっこいの謀略家で、あの手この手で体を張った策略を実行。割れた硯の夫には何の未練もないが、子供への愛情はちゃんとある。キョンちゃんにはちょっと情が涌いたかもしれない。忠実な護衛オランとのコンビが素晴らしい。


続きはいただいた拍手コメントへの返信です!拍手をくださった皆様、ありがとうございます~v(・∀・)v



* *


●ほっち様へ●
ほっち様、こんばんは~v
そんな、恥ずかしいなんて仰らないでくださいー! 「わーい、やっぱり『大王の夢』のチュンチュとユシンってそう見えるんだ!」と大喜びした自分がさらに恥ずかしくなります(ノ∀`)(笑) 『大王の夢』は、もう見れば見るほど摩訶不思議というかw、つっこみどころ満載なので、なかなか真面目な感想を書けません(・∀・)/ カットバン版だとユシンの奥さんが出てこないので、もうユシンは私生活まで全部チュンチュに尽くしてるんじゃないか疑惑を抱いてしまいますし(笑)
『花郎世紀』記事は、考察というかなんというか、趣味が高じると恐ろしいなーの典型例です(笑) あとは、実は二次創作する上で、「いちいち漢文を参照するの面倒臭いなー。家系図を作るのも面倒だなー。もう全部日本語にしてまとめたいなー」という欲求があったので、やらかしてしまいました。意味不明なところは、もしお暇があればつっこんでやってくださいw
私の方こそ、こんないい加減なヤツをいつもありがとうございますー! 今月は色々なSS更新を目指して頑張りますvv
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013.12.04(水) _00:00:00
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<連載『再来』第1話 | BLOG TOP | 『花郎世紀』で見る新羅の歴史・その6 ~風月主制度の終焉~>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。