善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

12月16日から20日にいただいた拍手コメントへの返信

『大王の夢』にピダムが出てきましたねー四六時中キレてるウザいヤツですねー(笑)
大王(善徳女王)大王(ピダム1)
KBSドラマのイケメン基準で考えると、髪を垂らしている…ということは、ピダムはイケメン役なんでしょうか。もしかして。

『武人時代』はイ・ゴとチェ・ウォンの最期で大泣きしたせいか、なんとなく視聴意欲が落ちました(え) いやその、相変わらず楽しいんですけど、なんとなくパンチが足りない感が…。(主要役者の平均年齢が上がったからか…。←コラw)
でも相変わらず太后陛下と上将軍のやり取りが素敵すぎて大好きです!(*´∀`*)

フィギュアの全日本は荒れておりますなー(;゜Д゜) SPを見た感じでは、6強のうち、根性で全てのジャンプ要素を回転不足なしにこなした3人が勝ち組になった……という印象を受けました。まっちーは力強くキレッキレで、羽生くんはプルでよく見た「何故その軸で降りられる!? コンビネーション付けられる!?」レベルに到達し、こづはこづ史上最高に音ハメが出来ていたんじゃないかなと!!
とはいえ、織田くんはFSで巻き返しありますし、大ちゃんも去年のようにFSでいきなりキレッキレのブチギレ大ちゃんモードで来るかもしれませんし、無良くんだけがひたすら不安です(切実) でももっと不安なのは、SPを変更したというプルシェンコですねww まさかまさかSPもベストオブプル(序章)とかになるんじゃ…と怯えていますw


ではでは本題に入りまして、連載『再来』に拍手をくださった皆様、ありがとうございます! あれこれと設定をブチ込んで、どこまで書ききれるかもわかりませんが、なんとか完結させられるよう頑張りますv(・∀・)v
続きはいただいた拍手コメントへの返信ですv 遅くなってしまって申し訳ありませんでした…!・゚・(ノД`;)・゚・





* *


●トナン様へ●
トナン様、こんにちは~!3話と4話の両方にコメントをくださりありがとうございますーv(*´∀`*)v
トンマンの懐妊ネタは、本当に物凄いタイミングで、今でもビックリです。ああでもこうなると、今年の演技大賞はヨウォンさんは参加されませんかねー(ノД`;)
チギとピダムの関係は、本当に親子なのか、それとも似ているだけで違うのか、ヨムジョンと一緒に悩んでいただけたらなーと(笑)(実はこのネタは、「ピダムに子供がいたら?」というネタを一度書いてみたかったのもありますが、ヨムジョンとピダムの関係性にスポットを当ててみたくて入れたものでもあるんです。)
トン&ピの関係は、もう完全に妄想の世界なので、書くのが難しいですねーw トンマンの妊娠を知ったピダムがどうなるのか、考えてはいるのですが、もう書いてみないとわからない気すらします。他にも、玉座(仕事)を巡る葛藤とか、一人娘への接し方とか、夫婦であれこれ問題を抱えていただいて(笑)、最終的には「トン&ピっていいなー」と思えるような連載にしたいと思っていますv 応援ありがとうございます~!


●TOM様へ●
TOM様、こんにちはー!
47RONINからお帰りなさいませ!(笑) この映画、CMだけでもハリウッド!って感じですもんねー。あ、実は真田さん好きなんですよ!(*´∀`*) 一番好きな大河『太平記』の主役さんですし、何より、あのアクションがもーたまんないです…!! 赤西くんは『ごくせん』の時もアクション(というか、喧嘩?(笑))が良かったので、そちらも楽しみです。映画館には行けそうにないので、テレビかブルーレイで見てみます~vvv


●hakumi様へ●
hakumi様、こんにちは~v
ハラハラドキドキと言っていただけて嬉しいです!ありがとうございますーv トン&ピに関しては、もうずーっと惚れ込んでおりますので(笑)、「色々あっても、やっぱりトン&ピだぜ!」な展開になる気がします。むしろ今回は、ユシンの影が薄くなりそうで、「ユシンごめんごめんごめん」と思いながら書いていますw




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013.12.22(日) _12:43:45
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<連載『再来』第5話 | BLOG TOP | 連載『再来』第4話>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。