善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

3月2日から5日にいただいた拍手コメントへの返信

ぎゃおさんでついに35話を観ることが出来ましたー!!
そう、トンマンとチュンチュのご対面シーンです!(*´∇`*)

……いや、もっと他に見所あるだろうと皆様思われることと思います。んが、どーしても観たかったのはこのシーンだったんだ…と、いざ取捨選択をしなければならない段階になって気付かされました(さすがに週4話はきついというか無理でした…(;´Д`))


また、昨日BSで放送された1989年?の『織田信長』をキャスト目当てに録画して、今日途中まで見たのですが、めちゃめちゃ面白いです。今までたくさんの戦国ものを見てきましたが、これ、一番好きかもです。特に好きなのは、

・強く逞しく自己主張のあるお百姓
・平手とお小姓チームの仕事ぶり
・信長母と義元の描かれ方
・秀吉の登場の仕方
・出陣シーンと熱田神宮シーンのメリハリ感
・大将首に対する競り合い
・お市の気迫とみぞおち勝家
・カッコイイ朝倉浅井
・不遜さのある家康と見守るじいや
・信長の特殊な衣装を素晴らしく着こなす主役

ですね!


続きはいただいた拍手コメントへの返信です。拍手をくださった皆様、ありがとうございました!(*´∇`*) 今回は返信に手間取ってしまい、申し訳ありませんでした…!






* *


●kacotan様へ●
kacotan様、こんばんは&お応えくださってありがとうございます! 他のお三方はお名前がありましたし、文章からも、きっとkacotan様からのコメントだと思います。お手数をおかけしてすみませんでした…!
さてさて、kacotan様ご無沙汰しております。実は私もようやくトン&ピを書けたという満足感で1週間気持ちよく過ごせました(笑)
黄泉路ネタは以前にも別の形で書いたことがあるので、当初は「安直だな~」と自分で自分に突っ込んでいたのですが(笑)、最後まで書き終わった時、ふと気付きました。もしかしたら私は、ドラマでトンマンが泣きながら自分の人生を肯定していたのを見て、ついついピダムにもトンマンとピダム自身を肯定させたくなったのかなーと…。
またトン&ピネタを頑張ります(*´∇`*)


●てんてん様へ●
てんてん様、こんばんはーv
実は私、第1話で一番はじめに心を奪われたのは、頬当てまであるフル鎧兜のミシルだったんです。そういうわけで、このミシルになりました(笑)


●トナン様へ●
トナン様、こんばんはーv
実は私、こんな話を書きながら、ピダムの乱肯定派なんです(ノ∀`)(笑) SSの中でも書きましたが、トン&ピの無茶苦茶さというか、細辛事件に始まった二人の命知らずさや、誰かのために互いに相談なく虎穴に突撃してそれをフォローしあっちゃう、そういうトン&ピの関係性が大好きなんですよー。今回、隠居連載とはまた違う形でこうして最終回後のトン&ピを書けて嬉しかったです(*´∇`*)


●ほっち様へ●
ほっち様、こんばんは~v
な、何度もですか!わわわわわありがとうございます…!(/д`*)
実は私はSSを書いている時、当初からきっちりあれこれ決めておくというより予定の話がズレていったり、ノリで書いたりしてしまうタイプなのですが、今回は書く前に最後のトンマンの台詞が決まっていて、こうしてきちんとそこに辿り着くことが出来ました。初心が書けてよかったです(*´∇`*)(笑) また、その「待っててくれてありがとう」はこのSSの中だけのことではなくて、それまでのピダムとの関係全てに対するまとめみたいに言わせたかった台詞なので、書けて幸せでしたvv
……って、私の方こそ意味不明なお返事ですみません…!ほっち様、いつもありがとうございます(*´艸`)

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014.03.09(日) _23:20:58
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<一時的に… | BLOG TOP | SS 黄昏草の咲く庭で>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。