善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

結構違う(Д)゜゜

ただいまボチボチ善徳女王ノベライズ版を読んでいるのですが、ドラマとかなり雰囲気も話も違いますね!
もちろん物事や事件など大筋は変わらないのですが、登場人物の性格や雰囲気、関係がかなり違っていて、ドラマとはまた違う物語を見ている気分です。
後書きにドラマ開始前に作成したシノプシスを元に、ドラマの放送前に執筆されたと書いてあったので、ってことはこの小説版が原案で、ドラマはそっからさらに現場の雰囲気や役者さんの個性、視聴者の反応を加味して作り上げていったお話なんだなぁ…と思うと、同じ題材でもこんなに違うのかとビックリします。ドラマではミシルチームがより魅力的になって(笑)、残忍さはだいぶ殺がれてますし…。まだトンマンが出てきてないのですが、きっとトンマンもキャラが違うとこもあるんだろなあ。

以後はネタバレになるので仕舞っておきます。
二次小説に拍手ありがとうございます!お返事は次の記事で~。


***

まず登場人物紹介の感想。

●まさかのトップバッターはチンピョン王!でもこの表記はなんか間抜けな感じが…真平王じゃダメですか。名前はともかく、諡号は漢字表記の方がしっくり来ると思うんですが…イカンのでしょうか。

●ミシルがドラマ版より迫力がないと言うか、ちょいと普通の悪役臭いですね。これだとトンマンのお師匠様になるのかな。

●え!?ピダム、ミシルもムンノも殺すの!?おまけに感情を表にしない、冷たく暗い性格の持ち主で権力欲が強いって……ちょ、小説版のピダムはダークピダムと呼ぶことにしますw

●逆に小説版のユシンからはジェダイ臭が…(笑)ドラマ版の二人は、恋情と言うよりは唯一無二の絆を築き上げた親友であり、同志(男同士でこう言う設定、良くありますよね。ある意味妻や恋人よりも大切で、こいつの為なら何も惜しくない…って関係。トンマンが男装してたから成り立つ不思議な絆だと思います)…と言う感じでしたが、小説版はどうなるんだろう。このピダムとトンマンの間に親近感と憐れからくる愛情が芽生える気がしないw

●ソルォンがかなりショボいwチルスクより使えない設定のソルォン…おぉう。兵法を知らないソルォン……うぉおう。

●チルスクは死ぬまでミシルを愛している設定に…!へぇえ…(何) そういやチルスクとソファ、この二人の関係は、ドラマでは似たような境遇だったことと、お互いを慰め合う中で情が湧いたと言う二点でトンマン&ピダムの関係と被っていて、もしかしたら二人の結末を暗喩してたのかな…とか一時考えたりもしましたが、まぁトンマン&ピダムの関係はミシル&ソルォンとも被るところが多々あるので、単純にこのドラマは色んな形での男女の繋がりが出てきて、それがまた時代劇には珍しいことだし、ドラマだけでなく小説版でもそこら辺を楽しみもうと言う結論に至りました!(長い)

●ソクプム、ソップム、ソクプン…いちいち呼び名が変わるものだから、どれを採用すれば良いのやらw

●なんかポジョンから切ない悪役の香りが…。あれ、ドラマより重要人物になるんですか!?

●スンマンはその全てが男のよう…ってことは、真琴つばささんをイメージすればいいのかな(コラ!) そうするとスンマンかなりカッコいいキャラになりそうなんですが。

●おお、ウィジャとヨン・ゲソムンが!どんなキャラ設定なんだろ。

●アルチョンは!?コドと同じくらいは重要人物だと思うのですが…説明なかった…orz
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010.04.20(火) _16:09:53
  2. ドラマや本の感想
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<4月17&18日に頂いたコメントへの返信 | BLOG TOP | SS スンマン(+アルチョン)>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。