善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

ムンノの弁解

ピダムファンの方にはわりかし評判が良くない我らが国仙ムンノ。(管理人も22回辺りを見た時は「ムンノこわっ!」と感想に書いた気がします)
確かに最後の方の、幼少期のピダムの残虐性を目の当たりにしてするっと手を抜き取るシーンでは本当にピダムが可哀想だと思いました…トンマン贔屓の管理人でさえ(笑)(と言うか女王時代のピダムには、冷酷と言うよりひたすら痛々しい、もしくは哀れな雰囲気が消えませんでした…。多分、野性を完全に失ってしまったからなんでしょうね。狼少年が無理矢理礼儀作法を習ってあるべき場所でないところにいるような、そんな違和感。まあそれもピダムが選んだことなのでなんとも言い難いですが。そしてそんなピダムが傍にいるおかげでトンマンは楽も出来たので、トンマンファンとしてはピダムに感謝してもいます。「ピダムは山小屋の恋人にでもなっとけば幸せだったんだよ!鞍馬天狗みたいな!」と我が家では意味不明なツッコミを受けていましたけれどもw)

以下はネタバレし放題なので続きに。

しかしピダムファンのいない我が家では、「だって幾らなんでもあれは怖すぎる。ムンノの気持ちもわかる。対応出来る範囲を軽く超えていたんだろ」と擁護論も飛び出していました。何せ、ムンノは元はお星様とお喋りするようなカミヌーリ(トリック的に言うと)です。変わり者です。不思議ちゃんです。
花郎であった頃からソルォンとは違っていつも一人で過ごしていましたし、弟子もいた雰囲気がありません。(郎徒とかはいたのでしょうけれど、熱心に指導していたとは思い難いです。あの様子だと)
しかも妻子もいるのに(ミシルの従姉妹と婚姻。娘はアルチョンと結婚するらしい…です)、その妻子をほっぽり出して、ピダムを育てながら旅しています。拒まれようがいっつも叱られてばっかりだろうがたまに勝手においていかれようが、いつも迎えに来てくれて、叩くと言っても決してDVにはならない範囲で、丈夫に育ったピダムならなんともない程度のお説教をしながら二十数年(と30話で判明)一緒にいたわけです。
……いやもう、それ以上あのムンノに何を望めと(笑)
私は、彼が乳飲み子を抱えて途方にくれた日々を思うと(彼もまた、王様命令でピダムを助け、ソファと同じように哀れを覚えて育て始めたようなので)、ピダムは一人で自分を育ててくれたムンノに少しは感謝した方がいいんじゃないかなあ。多少つれなくてもさ(多少か?) だって、ピダムって絶対育てるの大変だったと思うんですよ。トンマンより、何倍も。赤ん坊の頃からパワフル過ぎて手間隙かかると言いますか。(あ、でもトンマンに唾つけてたあの男の子は可愛かったです!)(唾言うな) おまけに行く先々で殺生もして、その後始末にも追われたでしょうし。(まあこれはムンノの指導不足もあると思いますが……母親の血が濃過ぎたのではw)
なーんて思ってしまうのでした。すまんピダム(笑)

そう言えば30話はムンノとチルスクが再会する劇的な回でもありましたね!!
そして未だに強さは『ムンノ>チルスク>>>徐羅伐十花郎』と言うことが判明。おおう、なんたるこっちゃ…。ユシンやピダムは少しでもムンノやチルスクに対抗出来る強さを持っているのでしょうか!?51回では鬼気迫るチルスクに二人とも押されっぱなしで、「ちょ、この役立たずども!!」とトンマン贔屓の管理人に酷い言われようでしたが(笑)
そういやあの51話、なんで二人ともあんなに弱かったんでしょうかね!?チルスクが強過ぎたんですか?特に、ピダム!彼は別格のはずなのに、あのヘタレっぷりはなんだったのだ……ひょっとしてトンマンに抱きしめられてそれで有頂天になって使い物にならなくなったのか……と(笑) ……いや、やはりどうやってトンマンの居場所を嗅ぎ付けたかもわからないチルスクがヤバかったんですかね。(個人的には、ユシンを先に発見、ユシンをKOしてあの場に現れたのかも……と想像したりもしました)

って、30話の最大の山場はソファの声を聞くトンマンですよね!
おまけに苦労しっぱなしのソファも、ムンノからもチルスクからも逃げなきゃならなくて……大変だそれは(汗)
あ、ちなみにノベライズ版では死にかけムンノがタクラマカンまでピダムを連れていって、そこでソファと再会する手はずになっていたようです。でも行った時にはすでにトンマンは鶏林へ行っていたのであった!残念!!…と言う。
もうちょっとムンノやソファのいざこざやら昔話やらがわかったら、二人のSSも書きたいですねー。

……今、ふと思ったのですが、ピダムが初登場の時、鶏肉大魔神(違)だったのって、『鶏(=鶏林=新羅)を食べる』と言う暗喩だったんでしょうか。そしてトンマンはその肉を食べて、ユシンが食べないのも。
(……と思いましたが、そういやガイドブックのインタビューで「鶏肉は二人で食べる予定だったけど、状況が可笑しくて笑いが止まらなかったので、トンマンのみ食べることにした」みたいなこと言ってた。考え過ぎですね。)(そのようです)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010.05.21(金) _21:47:42
  2. キャラ語り
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<5月20日に頂いたコメントへの返信 | BLOG TOP | SS 『公主様』>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。