善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

6月17日に頂いたコメントへの返信

34回はチュンチュの登場シーンの「ちょw」と言うコメディっぷりも楽しかったですが、比才も素晴らしかったですv
このドラマの立ち回りは本当にスタイリッシュと言うか、よく出来てるな~としみじみ思います。ユシン→一撃の重み、ピダム→体の柔軟さと軽やかさ、アルチョン→キレの良さ、ムンノ→翼があるかのような浮遊感、チルスク→武骨さ、ポジョン→宮廷仕込みの優雅さ、ソルォン→無駄のない鋭利さ、ミシル→予測不可能な多才さ……と、僅かな場面でも立ち回りが出てくれば、その人の個性が見えたり……トンマンも、基本はあるけどパワー不足なんだな、と言うのが見ていてよくわかりました。
立ち回りは好きなので時代劇では必ずそこに注目しますが、こんな風にきちんと個々の違いを感じるのはとっても珍しいので、そこら辺でも善徳女王は大好きです。女優さんに『武勇に優れている』と言う無茶な設定で立ち回りをさせることもないですし(唯一の女剣士ミシルの立ち回りは鎧武者な上に武器が暗器みたいだったので、スタントマンでも無理がないし、よく出来てるなあ…と)、見ていてすごーといつも思います。

続きは頂いたコメントへの返信ですー。
(トンマン嫉妬編にもたくさんの拍手をありがとうございますv 読み返してみると色々書き損ねたと言うか(それはいつもです)、もっと最後の辺りでピダムの浮かれっぷりとかヒョンジョンの誤解とか書けることがいつにも増してあった気がしてきたのですが、それを書くと収まりが悪いなあ…と悩み中です。ついでにタイトルが酷くてすみません。思いつきませんでした…!)

***

●hazu様●
hazu様こんばんは! おお、どうぞ何度でもコメントなさって下さい^^v またコメントを頂けてすごく嬉しいですーv
アルチョンのプロフィール、物凄く断片的ですが喜んで頂けて良かったです。他にもご先祖様情報などもあったのですが、そこまでいくと「スサノオの子孫」とかそのレベルになってきそうなので(笑)、確実そうな家族関係のみにさせて頂きました。享年も、まあ有り得ない年数ではないな……とw ネットだと、「アルチョン」で検索すると日本語のサイトしかヒットしないので、「閼川」とか、漢字表記で検索すると韓国語のサイトがヒットしますよー。あとは翻訳機、それからもし原文を掲載しているサイトなら、原文は漢文なので、それを読む感じです。管理人、ハングルは全く理解しておりません(笑)
そしてそして、アルチョンに外国人の血ですか! ええと……確か、伽耶の始祖?は正室がインドの方だった気がしますが……。外国人……はわからないです。すみません~(汗) あ、それと、今回のアルチョンプロフィールは三国史記などの、いわゆる『正史』によるものではないんですよ。なので、そこではアルチョンが新羅建国時にヒョッコセ様をお迎えした六人の村長の一人・蘇伐の子孫……と言うのもどこまで確かかわかりません(汗) 新羅の制度でいくと、上大等になるにはかなり身分の高い、それこそ王に近い血筋の人間でなければ無理なので、アルチョンが蘇氏だとすると、お母さんが王家の人間(あるいは王妃とか)じゃないといけないんじゃないか…ともやもや考え中です。俳優さんはムンノの娘と結婚したらしいと仰っていましたが、今回の記録だと上大等の娘と結婚したことになってるし……おおう(何)(私もマニアックな自分に笑えてきましたw)
ってそれよりも、慶州にいらっしゃるんですか! うわーうわーいいですねー!!善徳女王のセットは新羅なんちゃらパークになってるんですよね。うわーいいないいなー!!(今年の夏は東京~北海道を各駅停車の旅することに決定してまして…) ちゃんと宮殿が建てられているらしいので、きっとお友達も楽しんでくれますよv ぜひぜひ旅レポもお聞きしたいです!


●ちっちき様●
ちっちき様こんばんは! いつもコメントをありがとうございますvv
いえ、最近最後の方見返してないので、粉雪は51話辺りだったかも?です(汗) 私もそんなに深いこと考えながらドラマ見てるわけじゃないので(毎回アルチョンが出てくるたびに手を振ったりしてます)(アホです…)、たまたまSS書くのに韓国の気候を調べてて「あ」と考えついただけで…。でも51話と最終話の粉雪は印象に残ってます~v
パソコンの動画は私も見たことあります! 確かに英訳で面倒だったり細かい音はわからないんですが、代わりにBGMの差し替えがなくてイイですよー! 実はフジの完全版も時々BGMを差し替えてるので、イラッとくることがあるんですよー。(母に「細かく見てるなー」と呆れられました(笑))(でも場面と曲調が合わないと気になるんですよね…) ああでも、確かに動画だと画面も小さいですし、細かいところまではあんまり楽しめないですよね…。でも脚本が面白いので、あらすじと英語の動画だけでも良いのではないでしょうかv うちはケーブルテレビに入っているので完全版もタダで見れていますが、DVDはお金かかりますし(汗) こう、特典映像に役者さんの座談会などを入れてもらえたら買うんですけどね!(笑) BSは、私はダイジェストを見る気分で見てしまっていますw 声優さんは吹き替えだとどうしても好みが分かれるので難しいところですよねー。ピダムの声も、きっと好きな人は大好きだと思うので。
おお、リクエスト一個も来なかったらどうしよう、こっ恥ずかしー!……と思ってたのですが(笑)、ちっちき様からネタを頂けそうでホッとしましたv 本編のスキマと、もしも……は凄くわかります。私もスキマ妄想がわりと膨らむ性質なので、今回もテナムボの苦労とか、子供の頃姉に乗馬のスパルタ教育をされて涙目のミセンとか、色々考えてしまいました(笑)
私こそダラダラとすみません! いっつも頂いたコメントよりも私のお返事の方が長くなってしまって、申し訳ないなあと思います~(汗)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010.06.19(土) _00:03:08
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<SS 元・王族の華麗なる庶民生活 | BLOG TOP | SS 正真正銘珍現象・下>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。