善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

6月29日と7月1日に頂いたコメントへの返信

kntv、6月いっぱいで契約を切りました。
理由は……元が取れるほど見ないからです^^; 2月3月の無料放送で味をしめ、善徳女王のあとは美男の為に加入していましたが、テジョヨンの為だけに加入…には、ちと高い。(テジョヨンごめん!) トンイも朝鮮時代とあって興味がわかなかったので、ちょうどアメリカンアイドルも終わったことですし、今月からは録り溜めまくっている美男や、テジョヨン、CSI(ドロドロしていたウォリックとサラがいなくなって、初期の面白さが戻ってきました!)、チャームド(あと2シーズンで終わりか…)、宝塚などを少しずつ見て、あとは毎週の善徳女王BS版と完全版を楽しみにしたいと思います。……十分観るもの多いですね(笑)
善徳女王にどっぷりハマってはいるものの、やっぱり韓国ドラマのファン…と言うよりは海外ドラマのファン……とも言い難い(笑)、要は気に入ったドラマを国内外関係なく視聴するだけの管理人なので、あんまり他の韓国ドラマのお話も出来ず、すみません…! もし、もし次に日本での放送があったら見たいなあと思っているのはキム・スロと言う伽耶の建国物語なのですが、いつものように出演者は一人もわからない上(笑)、チュモンはどっかで一話見て全然面白く感じられなかったので、どうなんだろうなあと…。とりあえず今年は善徳女王イヤーなので、引き続き善徳女王で色々楽しめたらな、と思います! 花郎世紀、どっかにないかなぁ…。

続きから頂いたコメントへの返信です。企画の作品にもたくさんの拍手、ありがとうございます!


***

●hazu様●
hazu様こんばんは! お返事ありがとうございますv
勢いに任せて書いた『花嫁様』、最初に考えていたストーリーよりもちょっとずつ変わりましたが、なんとか1週間で完結出来てホッとしています。シリアスなところは全くないお話なので、最後までニヤニヤして頂ければ、もう最高です(笑)
リクエストもありがとうございますーv 実は昨日、郎徒時代のトンマンとアルチョン話のあらすじを書いていたのですが、ものの見事に恋愛色がなくて「あれ!?」と狼狽したところでした(笑) アルチョン…奴は手強いですね!(笑) チョンミョンには恋心ありって設定で役者さんは演じておられたみたいなんですが、やっぱりアルチョンだし(なんだそりゃ)、アルチョン実はフェミニストだし、忠誠心が爆発したのかな…と私も思ってしまいます。遊花だったら性格も自由に設定出来るので、アルチョンらしさを崩さないよう気を付けつつ、お話を考えてみます。問題は遊花の名前なんですが……もしhazu様にアイディアなどありましたら、教えて頂けると嬉しいですーv 任せて頂ける場合は、アルチョンの奥方?の玲阿夫人の名前をお借りしようかな…と考えています。
あ、私の書いている新羅知識には推測(と言うか独自解釈)部分もかなりあるので、「へー。そーゆー見方もあるのか」程度でスルーして下さい…! あと、花郎徒など上下関係を飛び越えた組織がある反面、居住区や家屋の造り、衣服などが身分毎に決まっている、と言う厳格な一面もあったので、実際にその場にいるのは…大変かもしれません。庶民は貧困のあまり、どんぐり食べてたらしい(by ガイドブック)ですし…(´・ω・`) hazu様、タイムマシンに乗った時は、ぜひ貴族になって乗ることをオススメします!(笑)
あ! そうだ、hazu様に謝らなければいけないことがありました!(汗) 以前、アルチョンに外国人の血が入ってる疑惑について拍手で訊ねて頂いた際に、「覚えがない…」とか発言した管理人ですが、それ、知ってたようです…!(汗) なんとガイドブックインタビューにて、アルチョンさんが言ってました。アルチョンにはペルシャ人の血が入ってるらしい…と。すみません、あのインタビューでアルチョンはムンノの娘と結婚したとか色んな新情報が出てきたのですが、管理人の調べた限り、どっちもそのインタビュー以外での記述は見つからず……真偽は不明のままで、つい忘れてました…。一応、新羅時代はペルシャ人の血が濃い人が上大等になれるようなフリーダムな身分制度ではなかったので、どうなんだろ…とも思うのですが、キム・スロの妻はインド人らしいですし、よくわかりません(汗) とにかくちゃんと調べずにお答えしてしまってすみませんでした! うっかりが過ぎる管理人です…orz

●さえ様●
さえ様こんばんは! いつもコメントをありがとうございますv
『はじめまして~』、最後までお楽しみ頂けたでしょうか? 話が砂漠に飛んでからの子役時代の話は私はあんまり好きではなかったのですが(吹き替え版の悪いイメージが残っちゃってまして。汗)、でも完全版で見たら凄い映像でしたし、ガイドブックを読んだらとんでもないところで撮影していたようなので、それから妙に印象深くなっています。ソファが飲み込まれるところは泣かなかったのですが(笑)、チルスクは「ターミネーター!」と呼んでました。家族全員で(笑) 刺されても燃やされても追っかけてくるとか、恐ろし過ぎますよねw ソファの飲み込まれるところも撮影装置が面白くって、「すげー!」と感動しました。諸侯のシーンも含め、CGなしでもあんなに迫力ある映像が取れるもんなんですね!
そしてリクエストもありがとうございます! 実は管理人、カターンおじさんは大好きでして、密かにトンマンの初恋の君じゃないかと疑ってるので(笑)、「はじめまして~」にも登場させたんです。商団が来た時も、てっきり彼が来るんじゃないかと期待してましたが、よくよく考えたら彼は茶葉を仕入れに来てたので、なら鶏林までは来ないか、とがっくしきて…。なので、再会するのは大賛成ですーv どっちかと言うと物語と言うよりはネタの集合体みたいなものになってしまうかもしれませんが、出来るだけ色んな人を登場させられるよう頑張りたいです。ただ、問題は……カターンはわかるのですが、あとのお仲間さん達が全然わからないんですよね(笑) 名前ありましたっけ!?みたいな…。なので、もしかしたら登場するのはカターン一人になるかもしれません(汗) カターンだけはローマに帰ってからもトンマンが心配になって、鶏林に行く商団にくっ付いてきた、と言うような展開でも大丈夫でしょうか?

●saki様●
saki様、こんばんは!
あのドラマは誰の視点で見ても大概切ないドラマですが、ピダムが好きな方は特に大変そうですよね…。私はトンマン・アルチョン・ミセンに入れ込んでみているので、トンマンは辛いことも多いのですが、わりと残り二人はあんまし辛くないと言うか…気楽に、と言うか楽しく見れます(笑)
連載か何かで書いたような気もするのですが、私もピダムは常に相手からの評価を気にしていると言うか……常に、「役立つから傍に置いてもらえている」と考えているっぽいですよね。「大切だから」とか「好きだから」とか、実利のない感情に対して、それを求めつつも物凄く懐疑的で。たまーにスター・ウォーズのアナキン・スカイウォーカー(後のダース・ベイダーになる人です)を思い出します。彼も、ピダムと似ていて、「目的の為なら善悪はそれほど大事ではない」と言うキャラでして、最終的には妻への愛情が損失への恐怖に変わって、プッツンきれてダーク化する……と言う、ピダムのロールモデルになりそうな人でして。師匠が優秀な人なんだけども、愛情表現には不器用と言うところも良く似ていて、こう言う関係は難しいのかなあ…と感じます。あ、いえ、立場的にはピダムの方がより哀れです。実の両親も知りませんし……。
でも、ムンノの言葉もわかる気はするんですよね。ムンノはあくまで、ピダムが大人になった時にプレゼントする物としてずーっと三韓地勢を作っていたわけで、だからピダムに聞かれた時、うっかり「これは将来お前の物だ」と言ってしまったのだろうな…と。ムンノもムンノなりに、命令されたから、とか、使命感もあったのでしょうけれども、ソファがいなくなった後もめげずに一人でピダムを育てていたわけですし、私はわりかしムンノには同情的です(汗) 教育方針が猛烈に厳しくなったのも、ムンノ的には多分、「甘やかしたからだ…」と反省したのではないかと。それまでのムンノは明らかにピダムを大事に大事に可愛がって育ててましたし、あの事件の後も、常に行き先はわかるようにしたり、暗号も教えておいたり……世俗五戒(花郎の基本原則です)も教えていたようですし、彼なりに頑張っていたのではないでしょうか。奥義は教えてないとは言っても、奥義なしの段階で徐羅伐十花郎に勝つピダムですから、必要ないと思ったのでは。…………ああ、私はムンノに甘いですね!(笑)
メルフォ、ありがとうございます。た、ただ、何の不具合かメッセージが届いていなくて…!すみません、これから私のメルアドをsaki様のHPの拍手にてお知らせ致します!(←この方法に気付かなかったバカな緋翠ですorz) では改行は勝手に直させて頂いて(すみません!)、明日か明後日には第一話を掲載させて頂きますv 連載のタイトルは……何かありますでしょうか? 私は単に「リレー小説」としか考えてなくて…。ただ、「SIDE-S」(saki様執筆)と言う風に、どちらが書いたかだけはわかるようにしようかと思っているのですが……。あと、頂いた感想などもsaki様に転送しようと考えております。本当はもう一つブログを立ち上げて、そちらで連載すべきかとも思うのですが……私がちょっとこれ以上のブログの管理は厳しいので(汗)
リクエストも了解しました! 実は、ちょうど前に頂いた「トンマンとピダムがいつからお互いのことを好きだったか打ち明ける話」にお使い兄妹が登場するので、それを長くしてsaki様のリクエストにもお答えしようかと思います。トンマンの本音炸裂になるよう頑張ります!(笑)
長々とすみません! saki様、色々とありがとうございますーv
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010.07.02(金) _22:10:25
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<SS 浄土へと誘う風1 | BLOG TOP | 善徳女王35話 ~親馬鹿トンマンと末恐ろしやチュンチュ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。