善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

善徳女王35話 ~親馬鹿トンマンと末恐ろしやチュンチュ

おおう、なんか妙に眠い…。とりあえず「はじめまして~」が書き終わった、一個は連載(と思しきもの)が完結したと言う安堵からでしょうか、なんだかとっても眠いです…。
ので、今日は35話の感想だけ続きにメモって寝ようかと思います。頂いたコメントへのお返事は、また明日に…!(すみませぬ!)

●管理人だけがわかればいいメモ●
真骨の位。
1:伊伐[にすい食](伊罰干、干伐[にすい食]、角干)
2:伊尺[にすい食](伊[にすい食])
3:蘇判
4:波珍[にすい食](海干)
5:大阿[にすい食]


***

・ユシンの見せ場キター!でもチルスクの声にちょっとしょんぼり…トンマンの心の声にもっとしょんぼり……!!(「お願い、やめてユシン」ってどんなヒロインキャラ!?)(※トンマンはヒロインです)
・と言うかそもそも脚本家はユシンに対するトンマンをやたら乙女に設定しすぎじゃないですかね。ミシルの乱の時も思いましたけど。百済戦の時の、戦って生き残ることを目指す勇ましいトンマンはどこへ消えたんでしょうか。ユシンが大切なら、そこはポジョンよりも先に「負けるなユシン郎!!」でしょう。
・あと、トンマンの言葉遣いがやたらと女っぽくてイライラします。一人称も「私」で良くないですか。なんで「わたくし」!?
・……とまあ管理人の愚痴はさておき、ポジョン偉い!!君は漢だ!!やっぱ花郎はそうでなくちゃね!!(ポジョンの一声に涙腺緩みました)
・あ、ユシンもお疲れ!!(そんだけ!?)
・ちらちら映るチュンチュとハジョンが可愛い。
・ミシルとピダムの会話はえげつねえ…。この組み合わせはやっぱり好きになれないです…。と言うかミシルが嫌だ……性格どうなってんだい…。ドSにしても程があると言うか……あれですか、ポジョンが負けたので負け惜しみですか…。
・テナムボ頑張れ!頑張れ!!多分そのうちチュンチュに……だけど…。
・ピダムの嫉妬が本格的になってきましたー。(他人事のように…)
・でも正直ピダムが嫉妬すべき相手はチュンチュだと思う。トンマンが一番可愛い顔と声をしてるのは、チュンチュの前ですよ!!ユシンの前じゃないよ!
・と言うわけでトンマンの叔母馬鹿と言うか親馬鹿炸裂です。世界で唯一、トンマンが自ら思いっきり抱きしめる男・チュンチュの本格登場です!
・それにしても……皆、何歳?(本日のカラフルな手紙軍団などから察するに、若くて、トンマン26歳、ユシン24歳、ピダム28歳、チュンチュ11歳ってところですかね…?)(あとまさかのチョンミョン王女様の再登場!チュンチュ可愛い…。しかしむごいなあ、あれは確かに)
・あ。チュンチュ、トンマンに抱きしめてもらってる間、とっても嫌そうな顔してましたねw でも猫被らないのはトンマンの前だけなんですね。(あと、あのお手紙の色は一体…。なんと言う目に優しくないカラーリング…)
・しっかし、チュンチュはお父さんにもお母さんにも全く似てないですねー。叔母さんには似てますけど…。
・テナムボがアルチョンに見つかった時は、これはヤバいと手に汗握りました。(でもチュンチュがそう簡単に獲物を人様に渡すわけがない、と言うね…。トンマンを自分から奪ったピダムにも自分で匕首刺したしな……)
・あ、ユシン風月主おめでとう!……と思ったら、やっぱりそう簡単にはいかない模様。比才に慣れてないせいか、チュンチュが来るって言うことで頭が一杯になってるせいか、トンマンの腹黒さが見えない34、35話でしたが、来週、大丈夫でしょうか…!?
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010.07.01(木) _22:47:06
  2. ドラマや本の感想
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<6月29日と7月1日に頂いたコメントへの返信 | BLOG TOP | SS はじめまして、花嫁様5<微々加筆修正>>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。