善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

7月3日に頂いたコメントへの返信その1

3日はたくさんコメントを頂いたので、二回に分けて返信させて頂きます。

あ。やはり善徳女王26回は管理人的にはNO.1の回でした! 吹き替えだと気持ち悪かった(失敬失敬!汗)ピダムも、元の声だと可愛かったです。ユシンはもう最高潮のイケメン振りですし、ウォルヤのクールな微笑が堪りません。BS版ではカットされてた旦那VS愛人のいや~な争いも良かったです。ソルォンさんは、常に心の中では「こいつ(旦那さん)、ポックリ死ねばいいのに」とか思ってそうですよねw そしてそして、何よりトンマン・アルチョン・ピダムのトリオのバランスが最高ですv ご主人様(男)と護衛とペットな感じが素敵過ぎて…!(笑)


***

●ちっちき様●
ちっちき様こんばんは! 他の方のリクエストにもお答えしなければ…!と思いつつも、勢いを失いたくなくて書きやすいものから取り組んでいます^^;
そうなんですよね、私もいつからだろう…と考えていたのですが、実はトンマンもピダムも(特に自分に関しては)そこら辺はわかってないんじゃないかと思い、会話しながら探ってもらう形式にしました。おかげですんごく長くなってしまって、申し訳ないです(汗) 木曜にBS版35話を、今日完全版26話を見たのですが、どう……なんでしょうね。とりあえず今のところユシンに対してはまだ恋慕(だけとは言えないと思うのですが)とか人らしい感情が見えるのですが、トンマンにとってピダムはお気に入りのペットですね。見た感じ(笑) ピダムは少しずつ変わってきている感じがします。見たこともない不思議な生き物を見る気持ちから、尊敬出来る人、恋しい人…と。あ、鶏肉忘れてました!(笑)
そうなんですよー、リレー小説をしますv 前からしてみたくて……善徳女王はまだ二次創作しているサイト様を他に知らないのもあって、どうしても他の方の描かれる善徳女王を見てみたくて。ちっちき様も、もし宜しかったら参加をご検討下さいvv
ちっちき様、いつもありがとうございます!


●saki様●
saki様こんばんはv
パソコン壊れちゃったんですか! おおう……大変ですね。私も以前ノートパソコンが壊れたのですが、叩いたら直ったのでそのまま今も使っています(…) と言うか、妹さんがいらっしゃるのですか! おお、羨ましい…(弟一人なもので)
あ、WEB拍手から私のアドレスは送ったのですが、大丈夫でしょうか? あの、来週saki様のパソコンから戻ってきましたら、改めてアドレスを送信します。その後で、saki様宛てにsaki様が書いて下さった一話の原稿と、私の書いた第二話を一緒に送ろうかと思いますー。
メルフォ、二通目はちゃんと届いてましたv 一通目はどこのスパイに奪われたのか…!(笑) 本当にお手数おかけしました><
リクエスト、思わぬ速さでお応えすることが出来て嬉しいです(笑) もう一つのリクエストにラブラブも入っていたので、とにかく朗らかに、幸せに……と気をつけました。ピクニックも、一度行って欲しかったのでーv 絵、私も描けたら挿絵とか描きたいのですが…! saki様、もうそのぶわぁと溢れるイメージのままに描いちゃってくれませんか…!! 絵、いつでも大募集中ですw 兄妹の名前はもーオリジナルは思いつかなかったので、ピダムのモデルその1のピヒョンと言う人物の母・トファニョ(桃花女)と、アルチョンの弟・クィサン(貴山)を合体させました(笑) ピダムは嫌ってますが、あの二人は私もお守り様だと思いますw
『はじめまして~』は前からなんとなく書きたいなーと思っていたジャンルの話だったので、一週間かそこらと言うほどでは…! しかも誤字脱字&日本語変もいつもより多くて、後からあちこち直しましたw そうですね、アルチョンは生贄の為に連れて来られました。他の花郎じゃ、色々とバックが面倒なので彼が選ばれたのではないかと(笑) ユシンも、いい子なんですが、ヒョンジョンが悪過ぎましたね! ユシンはヒョンジョンより三つか四つ年下のイメージで書いているので、高校生が中学生を弄ぶ感じでイメージして頂ければ…w
そう言えばドラマではトンマン姉妹とユシンが従兄弟だてことがあんまりクローズアップされてなかったかもしれませんね。私は早い段階で家系図作ってたので、「ほほう…」とあっちこっちの人間関係を見ては混乱してたので(笑)、今回ちょっと従兄弟ネタも入れてみました。
今回のお話はプロローグっぽくもあるので、多分これからも太子はしょっちゅう未来の嫁のところに来ては入り浸って、周囲を振り回しそうですw インミョンはそんな夫に帝王学を教え込みつつ、徐羅伐に行ってからは姑さんと仲良くなって夫を慌てさせるのもいいかもしれません(笑) 第一話でも書いていましたが、ミセンは「希望的観測」だったので、こんな風になっちゃったのかもしれませんねw

リレーでの人物設定もありがとうございます! なるほど、確かに三人ともそんなイメージですね…! 了解です。これから、このイメージで書いていきますv 多分この設定について文章中で触れることも多いと思うので、saki様の設定が聞けてホッとしました。ピダムの設定はどうなるのかよくわかっていなかったもので(汗) あ、話の流れなのですが、私はチルスクに襲われて別れるところで、実はチルスクだけじゃなく、ムンノも少し遅れてタクラマカンにやって来て(違うかもしれないと考えつつも、新羅から来た母子がいると言う話を商人(ヨムジョン)経由で耳にした、と言う感じで)、ピダムは再びムンノに拾われて、さらに武芸の腕に磨きをかける……と言う風に考えているのですが、それでも大丈夫でしょうか? チルスクと戦うまでもある程度の強さはあったけど、チルスクに会ってもっと強くならなければならないと実感して……と言う。
最後にタイトルなのですが、ちょっとだけ変えてしまいました。すみません!(汗) なんたら編の部分もあまり長くない方がいいかなーと、シンプルに砂漠編にしてみました。あと、一緒にリレーして下さる方の募集のことも第一話で触れておきました。そう言う心積もりで読んで頂けたらなーと思いまして(笑) saki様以外にも、コメントを下さった方の中には創作活動をしていらっしゃる方もいたので、誰か名乗りをあげて下さるのを楽しみに待つことにしますvv
saki様、色々とありがとうございます! では、また~v
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010.07.05(月) _00:10:54
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<7月3日に頂いたコメントへの返信その2 | BLOG TOP | SS 浄土へと誘う風2>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。