善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

7月5日と6日に頂いたコメントへの返信

善徳女王に出てくる、マダムの星(え)ソルォン。作中では彼の子供はポジョンとミモ(ハジョンの妻(!)ちなみにミシルの娘ではないです)しか出てきませんが、実は五男七女のパパなんですよね。ムンノも三男三女のパパですし、ヨンチュンに至っては十何人も娘がいたと言うので、風月主の皆さんはわりと子沢山のようです。女の人達も、二十歳前後から出産し始めて、四十前後で最後の子を産む、と言うパターンがわりとあったらしく…二十年も出産と育児に励むとは、女は昔から逞しい!と感心せざるを得ません。連載でトンマンに子供を産んでもらおうと決めた時、「千年後ならまだしも、この時代に高齢出産なんてあるのか…?」と不安だったのですが、花郎世紀のおかげでホッとした管理人でした(笑)

続きから返信です!


***

●hi様●
hi様、はじめまして! 管理人の緋翠(ひすい)と申します。
韓国でも二次創作がたくさんあったと聞いて、安心しました。トンマンとピダムの結末は万国共通の悲劇なんですね…。最終回のトンマンの静かな涙が、なかなか忘れられません。日本のドラマにも悲劇はありますが、こんなに悲しかったのは初めてで、二次創作を始めました。翻訳機を使っても上手に訳せないところもあるでしょうに、楽しんで下さってありがとうございます! 出来るだけきちんとした日本語で執筆するよう気を付けます。
動画、とても楽しませて頂きました! タイトルは『恋人』なので……『鶏林の恋人』で宜しいのでしょうか? ちょうど、郎徒トンマンと司量部令(王子)ピダムの物語をリクエストして頂いていたので、まるでこれから書きたい話をそのまま映像にして頂いたかのようで、感激しました。全く違う場面を繋げているのに、物凄く自然ですね…! いつか、この『恋人』を原案にして創作したいです。
hi様、素敵なメッセージをありがとうございました! 文章もとても読み易かったです。
P.S.とりあえず日本語でのお返事のみ書きましたが、理解出来る文章になっているでしょうか…? 韓国語に訳したものも付け加えようか悩んだのですが、私も翻訳機を使用するしかないので、日本語のままにしました。理解出来る文章になっていたら嬉しいです。


●らん様●
らん様こんばんは! 寝苦しい季節ですよね~(汗) いつもは5分で熟睡の私ですが、この時期は30分くらいかかります。…十分早いとよく言われます(笑) らん様はいかがですか? 夏風邪など、ひいておられませんでしょうか。
甘い話は書いてる本人もハッピーになれるので、「浄土~」はとても楽しく書けました。死にネタの時は、書いてて泣けてくることもあるので、精神衛生上(あと過度の妄想打破の為にも)、あんまり宜しくないんですよね(笑) リレー小説、週末には第二話を更新予定なので、ぜひぜひらん様も第二部から参加を…(笑) 大好きと仰って頂けてとても嬉しいですv
家門の栄光、調べてみたら宗家(って何なんでしょうか…)(本家の類語と言うことしか知らない管理人)のお話なんですね。初っ端からソルォンさんは奥さんから離婚されると言うことで、なるほど、確かにこりゃ切ないわ…と思いました(笑) また爽やかな笑顔で、ソルォンさんの時とは違って、全く腹黒に見えないところも役者さんの演技力に呆然です。しっかし、それにしても、長いドラマですね~! てっきり、長いのは時代劇だけだと思ってたのでビックリしました。海外ドラマに慣れちゃうと、本当に日本のドラマは短いなあと思います。1クール、正味45分で十二話…善徳女王だったら子役時代で1クール終わりますね(笑)
らん様、いつも丁寧なメッセージ、ありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010.07.07(水) _22:08:35
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<SSS 天の川を挟んで | BLOG TOP | SS 浄土へと誘う風4>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。