善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

あなたの遺した宝物だから。@トンマン

※本日二本目の記事です。


トンマンの初恋は誰か?

トンマンファンなら当然考えるこの疑問。(え?)
ちょっと前までは管理人、暫く悩んだ末にこう答えていたと思うんです。

「………………納得いかないけど、ユシン」

んがしかし、今は違います。
トンマンの初恋の人、それは……ジウン尼僧です!


※以下、管理人的トンマンの初恋が語られるのでご注意下さい。


***

以前、善徳女王のオープニングがもし大河ドラマみたいな形式だったら、ヒロインの位置にはチョンミョンとチュンチュが来る、てなことを書いた気がします。
そうなんですよ。
主役に愛されるヒロインって、チョンミョン(あるいはチョンミョンの忘れ形見)なんですよ!

だって、どう考えても郎徒時代のトンマンは、ジウン尼僧に片想いしてます(え?)
多分再会した時には泣いて怒ってジウン尼僧の心配をしたトンマンは、「頻繁に郎徒に会いに来るなんて、この尼僧何者?」と言う根本的な疑問をすっ飛ばして、毎日のように彼女に会いに行って、たくさん話をして、他の誰に対しても見せない屈託のない笑顔を見せてるんですよ。ジウン尼僧は大したこと話せないのに。(話したら正体がバレちゃうから)
トンマンが男装しているからそう見えないだけで、もしトンマンが本当に男なら、とっくに口説いてる勢いで大好きオーラ出してますよね、トンマン(笑)
またここのチョンミョンが乙女度五割増だからか、めちゃくちゃ可愛い。あれは惚れます(え)
拷問にあった時も、ジウン尼僧だけは巻き込みたくないって頑張るし………初恋かどうかと言われると違うかもしれませんが、トンマンにとって初めて大きな愛情を持った『他人』、それがジウン尼僧だと思うんです。

だから、ユシンもフラれてしまう。
ユシンのことをトンマンは決して嫌っているわけでも好きじゃないわけでもないですし、いくらやり方が乱暴とは言え、必死になってトンマンを助ける敬愛する上司ユシンはかっこよく映ったはず。多分性別を男に限定したら、ユシンはトンマンに最も愛されてました。あの頃。

でも、男女どっちもカウントすると、ユシンは一番でも二番でもないんですよね。トンマンにとって一番はソファで、限りなく一番に近い二番がチョンミョン、そこから大きく差が開いた三番がユシンなので。
ユシンがトンマン一人に絞ったのに対し、トンマンはソファとチョンミョンに注いだ余りをユシンに注いだだけ。愛情のレベルが違うんだよなあ、と感じてしまう。
その点、ユシンは不運だと思います。
普通に考えて、ソファとチョンミョン相手に、勝てませんよ。
おまけに、そもそもトンマンは、頼りになる真摯な上司であるユシンを敬愛していたのであって、何も持たないただの男ユシンを見ていたわけじゃない。
ユシンは男装してまで頑張るトンマンを見てきたから惚れるわけですが、これって『美男ですよ』のイケメンくんのあしながおじさんとツンデレのツンを足した場合に当てはまっちゃうんですから、ラブストーリー的にも相当厳しい展開だと思います。頑張れユシン!(笑)

さて、そのユシンに子供が出来たりした40話。(少しは喜んでやれよユシン!笑)(それにしてもハジョンが舅でユシンが婿と言う図に違和感があるのは、役者さんの年齢の問題ですかね…?)
ピダムの台詞が「ときめきます」じゃない!とか色々ありましたが、一番はやっぱりトンマン→チュンチュの叔母馬鹿ですよね!(え)

いやぁ、本当にトンマンはチュンチュ可愛がり過ぎで楽しいです。
チュンチュはトンマンの前では猫被らずに、「アンタをオレは認めない」ってはっきり宣言してるのに、トンマンってば変わらずチュンチュを溺愛してるんだもんなあ。

トンマン「今は傷ついて心を閉ざしているだけで、本当は寂しくて辛いんだな。姉上の子供だから、本当は優しい子供に決まっている」

トンマンはチュンチュに殴られようが罵られようがこう思いそうで、ある意味怖い。段々チュンチュが大きくなるにつれてまともな目で見られるようになっていきますが、この頃のトンマンはチュンチュに「大好きです、叔母上」とか言われた日には何でもしちゃいそうなほどにチュンチュを溺愛してる感じがして…。
いや、管理人の私見です、あくまで(笑)

あーでも「ユシン&ピダム→トンマン→チュンチュ」って言う報われない感じの関係は見ていて面白いです(ええ)
チュンチュにしたって、トンマンがチュンチュを好きなのはあくまで「姉上の息子だから」であって、チュンチュ個人がいざトンマンを好きになっても、そこには温度差があって空しいですよね。トンマンはチュンチュの王としての資質を認めてはいるけど、それとチュンチュが可愛いかどうかは別問題だし。

…………何の話がしたかったのかあやふやになってきました。(いつもこんなですみません。汗)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010.08.06(金) _22:29:51
  2. キャラ語り
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<8月5日と6日に頂いたコメントへの返信 | BLOG TOP | 8月4日に頂いたコメントへの返信>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。