善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

8月10日に頂いたコメントへの返信

実は管理人、タカラヅカの演出家では、キムシンやサイトーくんが好きでして。凄いと思うのはオギーやコイケ先生なんですが、好きなのは上記二名。
と言うわけで、暁のローマと言う作品を見て、ふと思いつきました。
このメンバーで「善徳女王 ~ピダム版~」をやって欲しい、と。

ピダム:せなっち
トンマン:かなみん
チュンチュ:きりやん
ヨムジョン(かなり美化):おーぞらさん
アルチョン:ほっくん
サンタク(とーぜん美化):龍まさきさん
ユシン:トド様(特別出演)
※愛称は管理人独自ですのでご注意下さい。

暁であまりにせなっちが皆に苛められて利用されているので、つい(笑)
かなみんだったら超上手いから絶対に泣かせてくれるし、もうなんならミシルも演じちゃっていいですよ!…と思いましたが、あまりに娘役さんの役がないので(そう言えばドラマの後半、トンマン紅一点状態でした…)、ミシルは…………あいあい? うーん…ちょっと違うような…………檀ちゃんプリーズ…(笑)
きりやん腹黒チュンチュとおーぞらさんドSヨムジョンに翻弄されて、かなみんトンマンにベタ惚れなせなっちピダムをちょっと見てみたいな…と言う管理人の呟きでした。せなっちって才能あるヘタレ色男が似合う気がするもので…。

あ、ちなみに演出はキムシンで! キムシンが駄目ならオギー…もちょっと違うかなあ。コイケ先生はやめた方がいいと思います(演出は大満足なのですが、脚本がヤバイことになりそうなので…) サイトーくんは演出的には派手にやってくれそうですが、ピダムが凄まじくマザコンになりそうなのでちょっと…(笑)
と言うわけで、キムシン。
キムシンに、善徳女王全編を通して描かれている衆愚を、群衆(民衆であり、貴族でもあり)を書いて欲しいです。セットも衣装も新羅らしく華やかにして、スゴツヨ系の曲をユシン軍に歌わせて(え)、ピダムとトンマンがごちゃごちゃやってる間にユシンに三韓一統を歌ってもらうんです。て言うか、ユシンの回想形式の舞台にすれば良いような。老将軍ユシンが、燻し金の鎧を来て歌って、オープニング! 華やかな女王が彼を迎えて、民衆が「ユシン軍万歳!」ってなったとこにピダム登場、「ユシン軍じゃない、女王軍だ」と反駁して歌って…………と妄想は尽きないので、この辺でやめときます(笑)


続きから頂いたコメントへの返信です! いつも拍手を下さる方々、ありがとうございますv 励みになります^^
あ。今日は返信のみで、あとの更新はありません。すみませぬ…!


***

●ずんたった様●
ずんたった様、はじめまして! 管理人の緋翠と申します。
おお、ムンノ役の俳優さんより年長……と言うことは、ちょうどドラマのピダムがお亡くなりになったくらいのお年頃ですね(笑) あ、ちなみに私はチュンチュとトンマンの真ん中くらいです。(聞いてない)
実はもともと日本の飛鳥時代が好きなもので、「善徳女王」も時代的にもツボにはまってあれこれ調べては楽しんでるだけなんですよ。勝手に調べただけなのでたまーに少し間違ってたりもします……ので、「へー」程度に聞き流して頂ければ嬉しいです(笑)
私自身は非常に甘やかされて育った身なので(親族のお葬式にも今年初めて出たくらいでして…)、正直、トンマンやチュンチュの気持ちは想像するしかないんですよ。未経験ゾーンなので。なのでかなり滅茶苦茶なことを書いている自覚がありまして(汗) ずんたった様のような方に「なるほど~」と思って頂けるとは思ってもみなかったので、とても驚きました。ありがとうございます! 命が危ういほどの波乱万丈はなくても、家族の問題ってとても大きいと思います。成人した後で大なり小なり家族の問題もありましたが、あれが子供の頃だったらと思うとぞっとします…! トンマンやチュンチュは家族問題が国家の問題になるので理解しづらい部分もありますよね(汗) 日常生活でああいう二人に関わることは勿論ないですし、ミシルみたいな敵もいませんし(笑)
これからも色々と想像を膨らませつつ、善徳女王の登場人物を愛でていきたいですv ずんたった様、ありがとうございます!


●すーさん様●
すー様こんばんは!
今、お盆ですもんねー。うちはお盆の帰省とは無縁の家なので、私も普通にお仕事ですが、人が少なくて快適です(笑) 着せ替えはもう、何度やっても楽しいですね! 衣装が綺麗なので、見てるだけで幸せな気分になりますv あートンマンにこう言う色着せたかったなーと言う妄想も止まらず…w
チュンチュは二次創作を始めた頃と今ではだいぶイメージが変わりました。実は初めてチュンチュを見たのが、トンマンに抱かれて泣く回だったんですよ。だからもう、「チュンチュ可愛い!」って凄い第一印象を間違えちゃいまして(笑) そのうち「あれ、チュンチュって実は大魔王キャラ…?」と段々真実に目覚めてきたのですが、このSSの頃はまだ「可愛いチュンチュ」なイメージがなかなか消えてなかったような気がしますw 30話台を見てようやく「味方に出来なければ殺す」宣言含め、腹黒チュンチュを正しく認識出来て助かりました。そうですね、可愛くて物騒なチュンチュなりの親孝行だと思います(笑)
連載の3話はピダム至福ですね、確かに(笑) わりとピダムには動物的なイメージを抱いているので、(トンマンに)髪を撫でられたり触られたりすると、へにゃ~ふにゃ~となるイメージがあるんです。トンマンはとにかく普通の女の子な時期がないので(元々の性格の問題もありますけどw)、色々と加減がわからなくて不気味に着飾ってみたり、(トンマンなりに)色仕掛けしてみたり、色々と策を練るのではないかと思いましてw なので、ぎこちなくじゃれてもらいました(笑) 公主、女王時代は絶対女官さん達に好きなように飾られてそうですよね。私が女官でも気合入れて飾り立てると思います(笑) ミシルは好きにやったら怒られそうですけど、トンマンはわりと好きにさせてくれそうな…。ヨウォンさんがとにかく八頭身の欠点のない美女なので、飾れば飾るほど綺麗になってくれそうですよね!
「はじめまして~」はヒョンジョンvsミシルも相当楽しんで書いたので、好物と言って頂けて嬉しいですv ちょっと、ヒョンジョンとインミョンの出会いから惚れるところまでが早過ぎるとは思うんですが(笑)、あの後色々と喧嘩しつつ、インミョンの天下になってくれたら言うことないですねw トンマンにべた惚れじゃないピダムは魅力半減だと勝手に思ってるので、そんな感じで続編も書きたいです。


●さえ様●
さえ様こんばんは!
ミシルって、彼女になら振り回されたいと思わされる不思議なワガママちゃんですよね。魔性だなーといつも思います(笑) あ、ピダムの歌、ようやく聴きました。いい声ですねー。歌詞には「え、ピダムお前何言ってんの」と一瞬戸惑いましたが、最終回のピダム仕様なんでしょうか。
ヨンモはアイドルだったんですね! 韓国芸能界に詳しくないもので、「キュリって誰だろう…」と調べてしまいました(笑) あーでも、特に善徳女王は美女率が高いような気がします。龍の涙を見てると、そんなに美人さんが多いわけでもないのかな…と言う気になりますし……(こらこらこら!) ハン・ヘジンさんは本当に綺麗ですよね~。残念ながら演技をしているところを見たことがあるわけではないので、あくまで見た目のイメージのみでキャラのイメージは別の方なんですが、とにかく綺麗な方は目の保養になります(笑) 個人的には、美女ではないですが、アルチョンにまた時代劇に出て欲しいですね。カッコいい役で!(笑)
「はじめまして~」のヒョンジョンは、確かに嫁に「手繋ぎたい」とかお願いしては「人前では嫌」とか断られてそうですよねw チョンミョンとインミョンで夫婦生活の愚痴を話し合ったら、全く違う愚痴が出てきそうで…。チョンミョンは「ヨンス様ったらお人好しで困るの! なんでも引き受けてしまうんだから」と怒りつつもそんなヨンスに惚れ直して、インミョンは「うちはとにかく暑苦しくて困る」と本気でぼやきそうです(笑)


●りば様●
りば様こんばんは!
ヅカアンドレw あれは凄いですよね(笑) 初めてベルばらをテレビで見た時は、ぽかーんとしました。脚本めちゃくちゃだし、なんか今宵一夜とか革命場面とかたまーに盛り上がる場面が強制的に入って、どわーっと押し流されて終わる……みたいな(え) あの後で原作漫画を読んで、「違う話じゃんコレ」と思った記憶がありますw ピダムのしぶとさはアンドレ並みですよ。舞台なら一曲歌ってそうです、あれ。んでもって何故か周りの兵士達がそれを呆然と眺めている、と言う…(笑) 舞台化しても、あの馬車とか鳥だけはやめて欲しいですね。クレーンもいらん(笑) 普通にトンマンが死んだ後、子役のトンマンとピダムが仲良くトコトコ手を歩いてるとこにピダムがセリ上がってきて、愛の歌でも歌って、同じくセリ上がってきたトンマンに抱きしめてもらえればそれで十分です。舞台装置はスモークとセリのみでいいですよマジで(笑)
ピダムの遺体は、普通に考えると晒し首かなーと言う気が。確かチルスクとソクプムはそうなったような気がするんですが……どうだったかな…(覚えてないようです。汗) もしかしたらユシンとアルチョンが、晒し首になった後の遺体を焼いて、灰ぐらいはトンマンのお墓に入れてくれたかもしれません。アルチョン墓守ですし、あの頃にはチュンチュはお亡くなりになってそうですし…(ええ) チュンチュは他の反乱軍の首脳部と同じ扱いにしたがりそうですね。トンマンの指輪は見逃したんだからそれで十分だろうって感じで(チュンチュ酷い。笑) チュンチュの女王いじめって言葉だけ見ると凄い響きですね、なんか。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010.08.11(水) _22:05:03
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<若き百獣の王と、鋭く脆い刀。@チュンチュとピダム | BLOG TOP | 連載 蕾の開く頃15>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。