善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

8月11日と12日に頂いたコメントへの返信

※本日二本目の記事です。

お返事が遅れてしまい、すみません(汗)
地方によっては台風の被害が激しいようで…皆様大丈夫でしょうか。あ、東京住まいで帰省のない管理人は、至って快適で平穏です。
次はまた企画ものを更新したいなーと思っているのですが…とにもかくにもお返事を!
いつも拍手やメッセージをありがとうございますv 投票も参考にさせて頂いています、ご協力に感謝致します!^^


***

●すーさん様●
すー様こんにちはv
贈り物第一弾、楽しんで頂けたみたいで良かったです(笑) お化粧ネタは入れたかったので、私も(スンマンもチュンチュも。笑)大満足です。トンマンは化粧をしなくても十分綺麗だと思いますが(ハイハイ)、トンマン的にしてみたかっただろうなーとか色々妄想してしまいました。鏡は、あれ、本当に色はわからなそうでしたね! 時代考証してる、と嬉しくなりました(笑) 個人的には、チュンチュの気持ちって最終話のトンマンの遺言シーン(トンマンがチュンチュに王位をスンマンに譲るよう命じて、さらに、チュンチュの苛烈さは三韓一統にのみ向けるべきであり、政敵のことはスンマンに任せろ、とたしなめた後、「この時代の王から次の時代の王への忠告だ」と微笑むシーン。本編ではカットでした。汗)でかなり変わったように思うんです。あ、そのうちSSで書く予定です(笑) チュンチュには、暇があればピダムを弄くり倒して欲しいと言うか、もしトンマンとピダムに娘が産まれてたら、ぜひ口説いて欲しかったです(笑)
自分でもまさかこんなにたくさん書くとは思ってもみませんでした(笑) ただ、やっぱりどのお話も悩んで楽しんで書いたので、個別にご感想を頂くとやる気が出ますv 毎日更新も、ネタが浮かぶうちは続けたいです。ネタが尽きたら更新減らします!(笑) と言うか、すー様もお疲れじゃないですか…? 毎日コメントを頂けて私は喜んでましたが、読んで下さる方も大変ですよね(汗) すみません、ありがとうございます!
やっぱりトンマンの根っこは商人なんだなと思い知らされましたよね(笑) トンマンは外出着の方が可愛くて面白いです。宮中にいる時は淡い色もピンクも着てくれませんし…。ユシンのそのインタビュー、読みました! 花郎の衣装は確かにめっちゃカッコいいとは言いませんが、言うほど悪くもないような(笑) ウォリャは髪型変わっちゃったのがもったいないですね! 私もピダムはズルい、一人だけ全然違う、とどっかで書いた気がします(笑)
生殺しは二人で暮らすまではなかっただろうと言うわけで、ピダムも大変そうです(コラ!) 私がイメージしたのは第一話のムンノでして。あ、いえ、ムンノよりもっと動き回ってるとは思いますが(笑)、師弟でリンクさせたいなあと…。吼えるのはピダム特有な感じで好きなので、つい入れちゃいました。落ち着きがないところも含め、年相応と言う言葉とは無縁なピダムですw 何せトンマンは漢らしいので(オイ!)、好きなら好き、ときめくならときめくとハッキリ言ってもらわないと苛々しそうだなあと思って、あんな感じに気炎を上げてもらいました(笑) 個人的には、トンマンはお姫様抱っことか、ベタな展開にときめきそうなイメージもあります(ええ) アルチョンは基本図太い神経の持ち主なので、スンマン&チュンチュにはたっぷり弄り倒して欲しいです(笑)


●さえ様●
さえ様こんにちは!
ほぉお。ハン・ヘジンさんって写真で見る限りはクールビューティーなイメージだったんですが、目力まで…。そう言えば、テジョヨンに出てた時のチョンミョンも凄い目力でした。アイメイクも濃くて(笑)、チョンミョンと同じ女優さんとは思えずびっくりしました。私もミシルに睨まれたら鳥肌立てて逃げ出しそうです(笑)
「はじめまして~」で、「チョンミョン、インミョン姉妹の夫についての語り合い」、了解しました。あ、でもさすがに企画はいい加減カウンターも十万打からかなり離れてきましたし(笑)、もうリクエスト受け付けるのは止めようと決めていたので、企画作品としてではなく、普通にネタとして頂戴します。すみません(汗) 姉妹でお茶を飲んでお菓子食べながらきゃいきゃいお喋りするの、いいですねーv


●nana様●
nana様こんにちはv
まあチュンチュも忙しいので(笑)、そうそうピダムやトンマンにばかりかまけていられないとは思うのですが、ピダムは復耶会の砦にいる間に色んな人と話をして、トンマンと暮らすことを決めたと言う設定です。チュンチュとピダムの「仲良し」の基準が難しくて…! 例えばSSの「羨望」も「その眼差しが知りたくて」も私の基準では「仲良し」なんですよ(笑) こう、ベタベタしているのではなく、誰かに興味を持つと言うこと自体がなかなかない二人なので、意識しているイコール仲良し、と言うなんか改めて考えると変な関係なイメージが…(汗) 私のピダム好きポイントは変なので、かなりズレたことを書いてる気がします…! あと、私はトンマン自身が相当向こう見ずで危ない奴だと思ってるので(笑)、むしろピダムが現れた時は仲間意識と言うか、シンパシーみたいなものを感じたんだと思ってました。最初はミシルを恐れないところも同じですし。ユシンやアルチョンが理解してくれないところやついてきてくれない部分に、ヘラヘラ笑いながらもちゃんとついてくるピダムが嬉しかったんだろうなあ、と思ってました。最初に覇道に誘った相手もピダムですし。勿論視聴者的には、何だこの危ない奴、カッコいいし可愛い、と言う意見が大多数だったと思うのですが、これ、最初にトンマンを見た時の私の感想でもあるもので(笑) ピダムは、皆のお気に入りどころか、人気者ですよ! 善徳女王一の人気者だと思いますv
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010.08.13(金) _12:46:29
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<SS 侍衛府令の誓い | BLOG TOP | 若き百獣の王と、鋭く脆い刀。@チュンチュとピダム>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。