善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

8月20日に頂いたコメントへの返信

※本日二本目の記事です。


いきなりですが。
基本的に、管理人は「雑食」です。

あ、いえ、その、チュンチュ×トンマンで盛り上がってても、トンマン×ピダムは私のベースでホームグラウンドですし(って言うか、これ、逆にした方がいいんですかね…?笑)、アルチョン×トンマンに浮気もしたいし、ユシン×トンマンでキュンとしたいし、チルスク×ソファでどーんと切なくなりたいし、ミシル×ソルォンで大人な雰囲気も満喫したいですし、愛憎渦巻くミシル×ピダムなんかも面白そうですし(ちょ)、ついでにケベク将軍とかポジョンとかウォリャもトンマンに絡ませてみたいですし…………要するに、善徳女王なら何でも来いです!!(えええ)

ぶっちゃけ、若きソヒョンパパとかマンミョン夫人まで考えてます。書いてないだけで、ネタにはなってます。重症です(…)
な、なので、例えここで「チュンチュ×トンマン萌え!」みたいなことを言っていても、他のカップリング(でいいのかな)は考えられない、嫌い、と言う意味ではないんです。
「はじめまして、花嫁様」で書いたように、ミシルとピダムも基本的には好きなペアです。ベタベタしてるのがおかしいと思うだけです。あと、男同士のカップルはイマイチ得意じゃないと言うか、男同士でイチャイチャされるのは別に見たくないだけで、コンビならどんと来いです。そんな奴です。

と言うわけで、現在もアルチョンSSの続編書きながら、チュンチュがトンマンに固執する話に手をつけて、絵姿女房のネタを練って、ユシンとトンマンの求婚話と、ピダムとトンマンのスーパーイチャイチャタイム(…)を書き始めています。頭の中はそんな感じです。
りば様、善徳女王星雲にある星なら、私はどこへでも飛んでいけます!(笑)


続きから、頂いたコメントへの返信ですー。拍手のみの方もありがとうございます!


***

●すーさん様●
すー様こんにちは!
今は、なんですけどね(笑) でもとにかく今はチュンチュが派手に色々やってくれてる上に、トンマンには絡んでいくもので、ついチュンチュに目がいっちゃうんですよね(笑) あ、チュンチュがピダムを気にしてたの、覚えてます。この頃はそうだったんですよね~。ピダムを味方にしようとしてました。チュンチュ×トンマン×ピダムで三角関係だったら、トンマンはチュンチュラブでピダムに癒されてるので、どっちも嫉妬することになりそうです(笑) 本格的にチュンチュ×トンマンだったら、ピダムの乱の後かなぁと言う気も…でないとピダムが狂乱します(汗)
こう、ピダムはわりと一緒にいないから構わないかなーと思ってたんですが、アルチョンはユシンとセットで行動してるのに大事なところでいなくなっちゃうもので……アルチョンはトンマンの護衛なのに!とハンカチを噛む思いです(笑) ピダムは、宮中から離れると役に立つんですが、宮中での争いとか本当に疎いですよね。だからトンマンもピダムにはそう言うことやらせないし、相談しないのかなーと…(買い占めの時は凄く頼りになりましたし、トンマンもピダムにやらせてましたもんね) ピダム自身が、ユシンやアルチョンとは得手不得手が違うんだと気付いて欲しいです(笑) んでもって、得意分野を伸ばしてくれ! トンマンは愛犬に癒される時間はあっても、愛犬の教育やってる暇はない! 忙しいもん!…と言うのがトンマン贔屓の意見です(笑)


●ちっちき様●
ちっちき様こんにちは!
おお、「清き二人に1票」とは珍しい! 私も、二次創作上は大人の関係奨励なんですが、ドラマを見てると「清き二人に1票」な気分になります(笑) 確かに、生々しさとか、ピダムのギラギラ感がイマイチないですよね。二人ともどう見ても30代入ったばっか、人生これから!な美しさで……美しいから悲恋が映えるんですが(笑) 四十になっても「少年のような澄んだ瞳で私を見てるわ」…確かにw こう、一番のラブシーンでも優しく抱きしめるだけで、普通、そこはもっとガッと強く抱きしめてもいいんじゃ…とは思いますよね。花郎時代の方がまだ、がっついてる感じがあったよーな(笑)
あ、落馬がなかったら…は、ラブシーンと言っても、アクションシーンです。ピダムがトンマンの為に命懸けで(多分チルスクと?)戦うシーンだったかと。そのシーンがあれば、ピダムがミシルに揺れていても、命懸けで欲しいと思っている、守りたいと思っているのはトンマンだとハッキリしていたはずなので、「せっかくのラブシーンだったのに!」と悔しがってるんです(笑) ピダム、実はトンマンに片想いしてからは、一人で斬り込んできてトンマンを守るってシーンがないじゃないですか。いつも部下つきで、チルスク戦ではダメダメでしたし…(汗) イチャイチャしたりセクハラするんじゃなく(笑)、そう言う男らしいラブシーンがあればかっこよさが増して、トンマンのときめきも変人だからじゃなく、自分の為に傷だらけになってくれたから…とわかりやすくなったような気がして。今回はガイドブックの脚本家さんインタビューからの情報ですv インタビューでわりとカットの話もありますし、あとはドラマの予告編にはあったのに本編では放送なしだったシーンはネットで調べたりしています。


●りば様●
りば様こんにちは!
↑でも書いた通り、私は常に色んなカップルやペアを愛でているので(…)大丈夫ですよー! ミシルとピダムのベタベタっぷり(と言うか、ミシルに対するピダムのヘタレっぷり)にはイラッとしますが(笑)、だからと言ってトン&ピは大好きなのでv だからどうか、コメント投稿を止めるなんて仰らないで下さい~(涙) 私、雑食ですから! 文句を言うのも愛のうち、本当にどうでも良かったらここに書きませんから! ミシルもピダムも好きなので、惜しいだけで…。そりゃ、二人ともトンマンやアルチョンやミセンに比べれば、好きじゃありませんけれども(笑)
着せ替えサイトの件、了解です。勿論リンクOKですよー。って言うか、りば様ブログをお持ちだったんですね! あ、あの、見に行ったりしたいのですが…。もし良かったら教えて頂けると嬉しいですv 花嫁衣装もチェックしたいですし(笑)
りば様、多分これからも暫く「チュンチュ×トンマン萌え!」とか叫ぶと思いますが、叫びながら書いてるのはトン&ピだったりトン&アルだったりするのが私なので、お気遣いなく(笑) これからもよろしくお願いしますーv
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010.08.21(土) _13:44:40
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<チュモンとイ・サンと善徳女王とキムシン。 | BLOG TOP | SS 枯野の花>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。