善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

8月23日と24日に頂いたコメントへの返信

※本日二本目の記事です。


続きから頂いたコメントへの返信です!
拍手のみの方も、いつもありがとうございますーvv 励まされます!^^


***

●すーさん様●
すー様こんにちは!
ピダムがマニアで……と言うか、ピダムでいる限りは(笑)、愛していれば傷つけもすると思うんです。でも、そう言うところも含めてトンマンはピダムを好きなんだよ、と気付いて欲しいですね! ぶっちゃけ、簡単に色々と割りきってはいけないし、罪と過去は背負うべきだと私は考えていて。二人の立場が立場でしたから、夫婦喧嘩によって(笑)色んな人の人生が変わりましたし、だからこそ今度は素直に気持ちをぶつけていって欲しいです。イチャイチャは大前提ですねw トンマンと愛犬ピダムで仲良く暮らしていってくれたらなーと思いますv
調和って微妙な問題で、私がまた意識し過ぎなのかなーとも思うのですが、何せトンマンファンなもので、気になるんですよね(笑) 宙組のファントム、うちにもありますw 母が和央さん&花ちゃんのコンビが好きだったので、DVDを購入しました。歌ウマさんだらけで耳に優しいDVDです~v どうもスターシステムが徹底している宝塚を見て育ったせいか、主役の比重がおかしいドラマを見るとどこか気持ち悪くなるんですよね…。勿論善徳女王は大好きなんですが、それとは別に、トンマンの扱いについてだけは惜しいなあと。出番がある割には、今一つ感情移入しにくいキャラに設定されていて(ブレが激し過ぎるんですよね。空気読めない人に見える…)、困っちゃいます。ピダム→ムンノ描写も凄く大事だと思うんですが、ピダム→ミシル描写に押されてしまって残念ですね…。こう、ムンノを殺すのとミシルを殺すのとでは、全然意味が違うじゃないですか。後半戦のピダムもミシルを意識し過ぎておかしなことになってましたし、インタビューを見ても監督さんも脚本家さんも「ミシルミシル」で、要するにミシルと言うキャラクターが良すぎて、嵌っちゃったんだろうな……と言う気がひしひしとします(汗) 事実、凄くいいキャラだったんですが、カメラのアングルまで女王時代になるといい加減になっていたので(ミシルのアングルは大概こだわりが感じられます)、そんなにミシルが好きなら、いっそ、ミシルが死んだところで終わらせちゃえば良かったのに……と思っちゃいます。スタッフめ(笑)
アルチョン良いですよね~v ワーカホリックっぽいですが、男は仕事を生きがいにしてくれている方が断然いいので、アルチョン最高です! 後半戦になればなるほど、他の人とトンマンをくっつけようとするたびにピダムが恨みがましい目を向けてくるので、私も困ります(笑) あと、アルチョンとトンマンでイチャイチャするって言うのもなんか妙と言うか、女王と侍衛府令だったらまだ慈愛の側面が強い恋愛になりそうな気もするんですが、どっかの司量部令がまた恨みがましい視線を…!(笑)
チュンチュSS、ダークですよね(笑) こう、チュンチュの歪みっぷりと言うか、常人とは違う思考回路が書きたくて、チュンチュがそう言う一面をフルに見せる相手は間違いなくトンマンだろうと言うわけで、あのようになりました。強気な言動を繰り返していますが、チュンチュは嗤いながら泣いて、ショックを受けたからこそ復讐に走るキャラなので、色々と歪んだ読み方をして頂けると助かります(笑) とりあえずトンマンが可哀想ですが、それでもチュンチュを憎めないのがトンマンかなーと。ピダムは夢の中でトンマンを慰めまくりつつ、そのうち怨霊化しそうですね(笑) 次はまたギャグもので頑張ります! テクニシャンチュンチュは封印でw


●りば様●
りば様こんにちは!
あの時の倒れるトンマンは、私も衝撃的でした。その前から、ボロボロ泣きながらも一歩も動かず、ピダムをじっと見ている姿だけでも涙腺崩壊ものだったのに、あそこでまさか倒れるとは…。宮医がトンマンの病状を診て愕然としたように、本当に女王としての誇りや責任感と言った気力だけで立ち続けていたんだな、と涙が止まりませんでした。ピダムはまだ派手に落ち込んだり泣いたりして発散出来ていたから良かったんでしょうが、全ての感情を内に溜め込んでいたトンマンは視聴者にはわかりづらかったけど、ピダムよりずっとヤバい状態だったんでしょうね…。(また落ち込んできたようです。笑)
「朽ち果てた木の葉の道連れ」はそこまで意識して書いていたわけではなかったのですが(笑)、トンマンとピダムはご主人様と犬なイメージがあって、尚且つドラマであの枯れた風景が印象的だったのでそんな風に書いちゃったんです。トンマンと言う木の葉っぱはピダムだけじゃなく、ユシンやアルチョンもきっとそうだったと思うのですが、彼らがきちんと枝までついていて、落っこちても自分でまた木になれるとしたら、ピダムは葉っぱだけなんだろうなーと。どこまでも対になっているトンマンとピダムが、愛おしくて、悲しいシーンでしたね…。
トンマンの気持ちですか! おお、そう言えば書いてなかったような…。実を言いますと、あの時点でトンマンは「ピダムラブ」とは欠片も自覚していないとは思うのですが(笑)、いつも自分を見て嬉しそうな笑顔を見せてくれるカッコいい男にそんな儚い一面があったと知ったら、例えトンマンであろうとも(笑)、ときめくと思うんですよ。「私が守ってあげなきゃ!」と盛り上がると言うか。チュンチュの時は、「姉上、良かった、チュンチュはやっぱり可愛い子だった…」が一番だと思いますしw
「はじめまして~」のヒョンジョンは何でも出来る代わりにワガママで傍迷惑でどスケベですねw と言うか、思春期の男子なので、単純に下ネタが好きなだけと言う気もします(笑) 実際には……どうなんでしょう。インミョンはCがDになってるんでしょうか!(コラ!) あ、ちなみにトンマンの胸のサイズは演技大賞のヨウォンさんから勝手に想像しています。ドレス姿だったので、その、谷間が…!(やめなさい)
私の中では、と/も/さ/か/り/えさんと言うと金田一イメージなので、インミョンが美雪ちゃんなの、わかりますー! 小生意気そうな感じがそうっぽいですねv 私は、ヒョンジョンは派手な外見の母を嫌がっているからこそ、清楚で素朴な美人(とは言っても中身は変人w)なインミョンに一目惚れするのかな~と勝手にイメージしていたので、これは人それぞれだと思います。衣装は、↓のよーな感じですね。お姉ちゃんが選んだものを着つつ、装飾品ほとんどナシ、みたいな(笑)
インミョン
そしてそして! ブログ、爆笑しました! ドラマの感想もですし、あと、「善徳だもの」ww あれ、私もやったはやったんですが、トンマンとアルチョンとミセンとチュンチュしかやってなかったので、ビックリです! 凄いw ムンノは、もう……ああもうムンノが愛しいです!!(笑)(現実問題、ムンノの奥さんは大変そうですよね…。あ、いえ、当人に財力があるので問題はないと思いますが…) これからりば様のブログを見ると言う楽しみも出来て、嬉しいです!


●ちっちき様●
ちっちき様こんにちは!
わわ、連載を読み返して頂いたなんて…! すみません、私の方こそ、そこまでしてはいなくて(汗) ピダムが苦悩の人……そう言えば、あれこれ悩む人でしたね! 最近では「妄想癖のあるトンマンマニア」と言うイメージしかなかったので(笑)、苦悩の人って聞いて「誰のことだろう」と思ってしまいました(コラ!) 私もこのお話しは連載を書き始めた頃からいつか書かなきゃなーと思っていたのですが、なかなかこれと言う人が思いつかなくて…。ユシンもチュンチュもアルチョンも、ピダムの人生を左右する人間ではないんですよね、やっぱり。ピダムを本当に揺さ振れるのは、トンマンとムンノかな、と思い至るまでは長かったです(笑) でも、自分とトンマンのことである以上、誰かの意見に左右されるのはやはり間違いだと言う気がするので(特にピダムの場合は。笑)、最後はトンマンに頑張ってもらいました。大胆と言うか……トンマンはまだ反乱の際の色んなショックから立ち直れていない設定ですね。女王でなくなったこともあってか、ちょっと性格が弱っています。
あ、はい、ピダムの方が先に目覚めてますね! でも本当に目覚めただけで、動けないし意思もない状態だったんじゃないかと。チュンチュの「陛下が死ぬ」に反応して起きただけ、みたいなイメージです(笑) はい、連載を読み返してから、今度はトンマン視点を書きますねーv あ、大丈夫です、リクエストと言うか、最近は皆様から頂いたネタを今後の更新に役立てようと言う感じなので(笑) ほのぼのとギャグとシリアスとダークのバランスを取りつつ(笑)、頑張ります!


●ゆき様●
ゆき様こんにちは!
いやーもう珍しいですよ!! と言うか、初めてですかね…? 23話と言えば、トンマンががに股で公主の衣装を着た回ですよね(笑) 覚えてます覚えてます! あの三人の空気って、凄く独特ですよね。普通のドラマだと女二人が男一人を取り合いそうなものなのに、一番思い合っているのは女二人で、彼女達に年下不器用男ユシンが翻弄されている、と言う……。でもいつもは二の次にされているユシンがここぞと言う時にビシッと決めたり、パワーバランスが凄く絶妙でした。私は9話頃の、チョンミョンを公主と知らずに打ち解けているトンマンと、トンマンに安らぎを感じつつ密かにユシンにときめくチョンミョン、女二人にネタにされているユシン、と言う関係が大好きでした。可愛かったですよねーvv
ユシンがいつトンマンを女と知ったかは、私も謎で…。インタビューでもいつとは言及してくれませんでしたし、どーしたもんかと(笑) チュクパンならうまく聞き出してくれそうな気がします。んでもってその時は、ぜひ通りがかりのアルチョンにも「私も不思議に思っていた」とか言って、チュクパン達と一緒に言及して欲しいですね。……となると、これはむしろトンマン死後の方がいいのかな。誓いの話は、なんとなくトンマンがしてるイメージがありましたが、ユシンでもOKですね! 
私も善徳女王では嫌いなキャラがいないことが何より嬉しいですvv
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010.08.25(水) _15:19:43
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<カットに見えるトンマンの苦悩。 | BLOG TOP | SSS 真夏の夜の悪夢>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。