善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

ヨンチュンのこと。

ここ何ヶ月か軽かったのに、昨日今日と生理通が激重で外に出れずに困っていますorz
ひ、昼には落ち着いてくれ……歩き回れる痛さになってくれぇえええ(汗)
お返事かリレー連載に手をつけようかと思いましたが、痛くてまともなことが書けないので、以前から取っておいたメモを更新します。ヨンチュンめもです。需要のなさそうなメモですみません…!

あ。
そう言えば気付かなくてすみません、カウンターが15万打を突破しておりました。いつもいつもこんな暴走ブログを気に掛けて下さり、本当にありがとうございます!!


『花郎世紀』より、ヨンチュン家系図と原文。原文は続きにしまってありますー。

●ヨンチュンめも●
578~647年。十三世風月主。殿君。
妻:昊明……五女を産む。嫡子なし。
妻:天明公主
妾:大氏……二男(龍山、龍石)一女(龍泰:武烈王の息子・仁泰を産む)。大男甫(テ・ナムボ)の娘。
妾:梅生娘主……美生の娘。一男(龍貴)。
妾:紅珠娘主……秘宝の娘。二男(龍珠、龍凌)一女(龍宝:武烈王の息子・車得&馬得を産む)。
妾三人で、あと娘を十六人産んでいる。詳細不明。
三婿制により、善徳女王の婿になるが、早々に引退。妻妾五人と田舎でのんびり暮らし、太和元年(647年)八月に七十歳で薨去。武烈王により、文興葛文王と追尊される。


 延帝夫人
 ∥  ∥
 ∥━━━━━━━━━━山宗       ┏━虎林
 ∥  ∥  沙龍宮主  ∥━━福勝葛文王┣━好隣娘主
 ∥  ∥   ∥━━沙道美公主  ∥━━┻━━摩耶王后
 ∥  ∥━━法興王     ┏━松花公主     ∥ ┏━善徳王
 ∥智証麻立干 ∥      ┣━━━━萬呼太后  ∥━┻━天明公主
 炤知麻立干  ∥━只召太后━┻━真興王  ∥━━真平王  ∥ ∥
     ∥━保道王后       ∥━┳動輪太子     ∥…∥━━武烈王
     ∥         ┏思道王后┃ ∥  天花公主 ∥ ∥
     ∥妙心郎  朴英失 ┃    ┗━━真智王  ∥ ∥ ∥
     ∥ ∥ 魏花 ∥━━╋━妙道娘主 ∥…∥…┏━龍樹殿君∥
     ∥ ∥ ∥━玉珍宮主┗━興道娘主 ∥ ∥━┻━━━龍春殿君┏━龍珠
     ∥ ∥ ∥        ∥   ∥ ∥       ∥━╋━龍宝
     ∥ ∥━吾道娘主     ∥━━知道王后     ┏━紅珠┗━龍凌
     ∥ ∥          ∥    ∥      ┣━緑珠
     善兮王后→娘主      ∥    ∥      ┣━明珠
       ∥   ∥━━━━━起鳥    ∥━┳━廉長 ┣━朋夫
       ∥  洪器   真興王 ┏━天柱殿君┃  ∥ ┣━宝夫
       ∥━━両花公主   ∥━┻━徳明公主┃  ∥ ┣━石夫
      好助   ∥━┳━月華宮主   ∥━━━━━━━╋━宝珠
          異脳王┗━月光太子  秘宝  ┃  ∥ ┗━眞珠
                         ┃  ∥ ┏━閏長
         異斯夫             ┃  ∥━╋━夏長
          ∥━━世宗     ┏━━━━━夏姫娘主┣━春長
          ∥   ∥━━夏宗 ┣月姫娘主┃    ┣━春花娘主
          ∥  美室宮主 ∥━┻孝宗  ┃    ┗━尹華娘主
        只召太后   ∥━━━━般若公主 ┗━天長娘主  ∥
          ∥    ∥  ∥   ∥    ∥━┳━━天光
          ∥━━真興王┏銀輪公主 ∥━┳━水品 ┗━天雲娘主
         立宗   ∥━┻━━━仇輪殿君┗━千品
             思道王后



* * * *


十三世龍春公者 金輪王之子也 母曰智道太后 乃起烏公之女也 起烏公以善兮皇后之私子 娶思道太后胞妹興道娘主 生智道 初入銅太子宮 太子未薨而 與金輪王私之 及薨寵愈篤及卽位以爲皇后生公

性慍恭好? 不與貪蕩之遊 眞平大王奇其?○○○()輔導之 得二花·文弩之學 善○○○○之道公姊龍明公主 乃眞興女也 事眞平有寵 極扶公地 使得主位

公兄龍樹殿君 或作銅太子子 或作金太子子 未詳其眞 殿君列記曰 公乃龍樹葛文王之弟也 金輪王以荒亂見廢 居幽宮三年而崩 公尙幼而不識其面 智道太后以太上太后命復事新王 公呼新王爲父 以此王憐之寵遇殊重 旣長乃慨然 入文弩之門 事秘宝爲兄 與庶弟鼻荊 務拾徒 以此大衆歸之 三派皆願戴之 以此舒玄以位讓之云

至是乃爲十三世 以虎林公副之 公乃革郎徒舊習 一以人材拔之 不拘骨品 曰 骨品者王位臣位之別也 郎徒何用骨品乎 有功者賞 法之常也 何用派爲 衆大洽曰文弩之治 可以復明矣

先是美生公多嬖妾 九部頭皆用妾屬 故郎徒爭進其女屬以結花者 名之曰新善骨 菩利公憂之雜用三派 以均其勢 名之均登 故雖有功者 若礙于均登 則沈滯之

時有大男甫者 勇敢能事 有急人之風 衆皆仰之 而無善骨之品 而又乏均登之力 或勸大曰君女美 何不薦于新主而得骨品乎 大曰 吾輩賤人也 安敢以女色迷主乎 公聞之 奇其言 召頭別將問之曰 大男甫才可爲郎頭乎 曰 可矣 而無骨(品)○○○功何如 曰 有保上同徒出征之所○○ 對上尙未遷故不得也

公曰 對上誰也 曰 曹心甫也 公曰 曹功過大乎 別將曰 曹雖無功 爲大之對上 若遷大則必先登曹 此三派均登之法也 公笑曰 以不才者爲才者之對上 而不遷其才則 才將腐矣 骨與派將何用 乃三遷大男甫 拜爲郎頭 不平者詣上仙 而欲規之 文弩公曰 法愈日新 吾等皆老 何窘新主乎以此美生公亦不言 故舊習革矣

大男甫之女 爲公而自貞 不肯遊花 公悶之 累言不可 大曰 一女何足惱公乎 公曰 吾所以不幸 恐人之謂我私汝也女聞而悲 自投于井 頭等乃叩頭于公曰 使至于此者 臣等之過也 公不得已納之 卽日免男甫曰 父女不可事一人也 男甫喜曰 知己則足矣 何須論位乎

帝聞之 乃擢男甫爲公宮舍知 以掌財用 男甫素富 盡傾其財以爲公用 得死士百人以護公公未嘗知之 公一日與從者微服遊街 小兒唱之曰

納妻而富七子皆騎

納女而貧三子皆麻

公問之 從者不言

及至男甫家 其妻與三子績麻手皮 見公匿之 公乃責從者不直言 從者服之曰 唐斗之七子皆榮 而男甫三子皆賤 故巷有是謠 公惻然良久曰 是吾過也 乃薦其長子郝熱于乘府授烏知 復托其二弟?○○○ 曰 男甫爲我而貧 吾將辭位 君其○○ (虎)林公就位皆用爲郎頭 男甫戒其子無辱父名 三子皆以忠節爲尙 建福二十年 公與秘宝 從帝于漢水之戰 男甫以功授大奈麻不受時大王無嫡子 欲以公之兄龍樹殿君爲婿以傳之 殿君問於公 公曰 大王春秋方强 倘有嗣則恐不幸也 殿君以此讓之 而摩耶皇后不聽 遂以殿君爲婿 卽天明公主之夫也

先是公主心慕于公而 私言于后曰 男子莫如龍叔 后以爲龍樹而誤嫁之也 公主乃私告于公曰 妾所本慕者乃君也 公曰 家道以長爲貴 臣何敢如兄乎 公主益愛公 扶公地于帝 累遷 公階位同龍樹公 龍樹公知公主意 欲讓公主于公 公力拒之 摩耶皇后夜宴于宮中召公 使之混處公主 龍樹公亦常稱病 命公侍公主而慰公主之心 公未嘗自懈肆情 以此公益重於內

及以位讓虎林公 入居樞要 大舍以下多用郎徒之有才者 以此郎徒之登用者 亦甚重公 皆願死效

善公主漸長 龍鳳之姿 天日之表 可以嗣王 時摩耶皇后已崩 無他嗣子 故大王屬意公 勸公主讓其位 公主孝順乃讓之而出宮 善以爲公能扶己 請爲私臣 大王乃命公奉之 善聰慧好情公知不可當固辭 不得乃奉之而 果無嗣 請退 大王乃命龍樹公侍 亦無嗣

時僧滿皇后○○生子 欲代善之位而夭殤 僧滿忌公兄弟 公乃出外 及出征高句麗有大功 進封角干 龍樹殿君臨薨 以夫人及子托于公 其子乃太宗我皇也 夫人乃天明公主也 初龍樹公娶天花公主 及娶天明公主 以天花公主賜于公 生子早卒 及侍善公主 帝以天花公主賜白龍公 善公主卽位 以公爲夫而 公以無嗣請自退 群臣乃議三婿之制 欽飯公·乙祭公副之 公素哀金輪荒色見廢 性不好色 無媚主之意 退意愈堅 善乃委政于乙祭 而許公退居 公乃以天明公主爲妻 以太宗爲子

先是以王命 居昊明宮 生五女 無他嫡子 故太宗子之 庶子五人 曰龍山·龍石者 大氏生也 曰龍貴者 美生公女梅生生也 龍珠·龍凌者 秘宝公女紅珠生也 庶女十八人 龍山之妹龍泰 事太宗 生仁泰角干 龍珠之妹龍宝 事太宗 生車得·馬得兩公 公淡踈色 子孫自昌 人以爲有者昌也 他不盡記而皆貴顯

公晩好琴碁 與天明·昊明兩宮 置酒山宮 圍碁彈琴 侍妾五人皆雍容奉事 太宗極盡其孝以致安樂 太和元年八月薨 壽七十 太宗卽位追尊葛文王 於戱盛矣 公之聖 如天如地 永世不泯

葛文之 日月幷明 三韓之業 以大成

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010.09.29(水) _09:58:15
  2. キャラ語り
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<リンクを一軒追加しました! | BLOG TOP | SS 芳しきカルガモの逆襲劇・オマケ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。