善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

私的ユシンのベストシーンTOP3!

※本日二本目の記事です。


35話は、ユシン役の俳優さん曰く、ユシン最大の見せ場です。
風月主比才で、満身創痍になりながらも、チルスクの十回の攻撃に耐え、最後に反撃して勝利する……。ユシンが実力で風月主になる、素晴らしい場面。

……んが、捻くれ者の私は、ここがユシンのベストシーンだとは全く思いません。と言うか、TOP3にすら入りません。役者さんの意向を考えて、TOP5に入れてもいいかな……程度です(酷)
何故かと言うと、この35回のあの場面で最も男を上げた(普通なら出来ないことをした)のは、ユシンじゃないからです。ユシンはただ、甲子園に出た高校球児が命懸けで優勝を目指すように戦っただけ。甲子園に出る以上、優勝を目指す以上、当たり前のことをしただけ。
凄いのは、自分は戦ってもいないユシンを、「耐えろユシン! 負けるな!」と鼓舞するポジョンと、最後にユシンの一撃を認めるチルスク。この二人にはユシンを認める理由も、ユシンを応援する理由も、ユシンと真っ向勝負をする理由もない。むしろ、ユシンが負けなければ困る、と言う立場にある。にも関わらず、「花郎だから」の一言で、目先の利を全て捨てる。だから凄い。誇り高さ、潔さが浮き彫りになる。

じゃあ、ユシンのどの場面が好きかと言うと。私は、以下の三つが、個人的に「ユシンすげえ! 素晴らしい!! 好きだここ!!」と思った場面です。


その1.子役の頃に、郎徒達(&チョンミョン)の前で一人、延々と素振りをし続ける姿。一度集中が途切れてしまったら、途中からではなく、最初からやり直す。誤魔化すことも出来るのに、それを「例え他人は誤魔化せても、自分自身は誤魔化せない」と言う信念の下に崩さず、チョンミョンに怒鳴られても素振りを繰り返す場面。

その2.月食の時、ミシルの力に怯え、膝を屈しようとする両親や双子に対し、「怯える前に、恐れる前に、まず怒るべきだ。この不条理に、怒るべきだ」と一人主張する場面。
自分の復讐の為に強くなったトンマンやチュンチュとは違って、伽耶の民を、誇りを守る為に怒るユシンが凄い。自分の身は安泰(とも言い切れませんが)なのに、義憤ってこう言うことを言うんだろうなーと実感しました。ユシンの責任感の強さ、家長(え)としての誇りが垣間見えます。

その3.司量部に捕まった後、一度は復耶会によって逃がされるも、再び自ら出頭し、牢獄の中で攻め寄せる百済軍の撃退方法を考え、ピダムに訴える一連の場面。
私生活に問題あっても(笑)、やっぱりこう言うことが出来るところがユシンの凄いところだと思います。それに加えて、ウォリャを殴り飛ばしたり、ピダムに掴みかかったり、聖人君子然としてない、生身の人間っぽさ、生来のちょっとした乱暴さ(笑)もきちんとあって、そこがまたユシンらしくて素晴らしい!

……と思うんですが、これって少数意見なんですかね、やっぱり…。
わーん。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010.09.12(日) _23:51:12
  2. キャラ語り
  3.  コメント:8
  4. [ edit ]

<<SSS ソルォン | BLOG TOP | 9月10日に頂いたコメントへの返信>>

comment

ポジョンの花朗道

  1. 2010/09/13(月) 05:28:56 
  2. URL 
  3. すーさん 
  4. [ 編集 ] 
そうそう、あの場面!
私はポジョンが「耐えろ、ユシン」と真っ先に言っちゃったのをみて、私の中で確信になったんです。

子役の頃、汚れ仕事にソルォンに「ここまでしないと認められないのですか」と、真っ直ぐであったが為に苦しんだポジョン。

父や母があんなんやし(笑)……親に従わない事が禁忌に入る韓国で新羅もそうなんだなぁ~と。

ユシンの見せ場でポジョン回想が始まった私でした。

その時からポジョンが好きなキャラになりました。


だから勝手に動いて絡んできたのかな、私の話しに……ポジョンは(笑)


私の中でユシンの見せ場、No1は!

ミシルに膝をおり、助けを求めたアソコです。

自分の感情、忠誠、主張、屈辱より、一族の為に「這えと言われれば這えます」(字幕だと「沓を舐めろと言われれば嘗めます」だったか……)と言ったユシンがNo1です。

躯の苦痛より、精神の苦痛の方が何倍も酷いと考えてるもんで……

私も変わってますから(笑)


結婚してからのユシンが段々良い男になったから、ヨンモさんがユシンの為に頑張ってんだ!って見方してます(笑)

同居嫁目線ですね(笑)

とにかく、ポジョン頑張れ! うちのスンマンは、気付いても知らぬ顔して『にんまり』笑ってる腹黒さよ(何のこっちゃ)



すーさん様へ

  1. 2010/09/13(月) 20:25:27 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
子役のポジョンは凄く印象的でしたよね…! 私もあのポジョンとソルォンさんが大好きで(同じく、続く場面で「手柄を求めるな、ただ権力を求めろ」と示すハジョン&セジョンさんや、寛ぎのミシル&ミセン姉弟も凄く覚えています)、ポジョンは超重要キャラだと思っていました。トンマンと絡むだろうな、どうなるんだろうなーと期待していたら、「えっ…」な感じでショックでしたが(笑)
新羅は後の朝鮮や今の韓国とは違って儒教の国ではないので、同じとは言い難いと思いますが、ポジョンはポジョンで、自分に与えられる仕事が汚いとわかっているだけに、花郎としての誇りに我が身を捧げたんだろうなあと35話で実感しました。ポジョンとセットのソクプムも、ミシルの乱で、ミシルへの恩義に我が身を捧げたことがわかりますし…敵キャラだけど魅力的で、私は彼も大好きですv

あ~なるほど。あの場面も凄いですよね! 私の中では、その2の延長にある場面なのと、結婚した後のユシンの顔が酷く(笑)、ヨンモが可哀想だったのでパスしました。
ヨンモがユシンの助命嘆願をするシーンがありましたが、個人的にはユシンがヨンモにそのことを感謝するシーンも入れて欲しかったですね…! 結局、ヨンモと一緒にいる時のユシンは死んだ魚のような雰囲気のままでしたから(笑)

スンマン酷いw
まあポジョンも妻子持ちですし(あ、いない設定なんでしょうか?)、スンマンは腕っぷしもポジョンより強そうな上に、あんな風にアタックしてたらミシルママに利用されそうで…ポジョンって本当にどこまでも気の毒ですね…(笑)

管理人のみ閲覧できます

  1. 2010/09/13(月) 21:23:23 
  2.  
  3.  
  4. [ 編集 ] 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ばれちゃったわ!(笑)

  1. 2010/09/13(月) 23:28:16 
  2. URL 
  3. すーさん 
  4. [ 編集 ] 
ええ……チュンチュ程ではありませんが、うちのスンマン腹灰ぐらいです(笑)

ポジョンには妻も子もいる、そのままの設定です。

が、ミシルママからの命で結婚し、恋も愛も知らずにいたって事で……てへっ。

つまり、初めて心を持ってかれたのがスンマン(一目惚れッス)なので……私も正直、どう話が転んでいくか分かりません。

ソクプムも善悪の判断はつくのに、行動はミシルへの恩義で振りきっちゃう人だから……好きなんですがね、姿勢は。(顔が全く好みでなくて……)

うちの方の話的に、早くミシルのクーデターまで行きたいのですが……遅筆です。

開き直って楽しんでますが(笑)

書いては消して、最初から読んで増やしてってしてると、コロコロ転がりだすから面白いです


私も楽しみながら頑張ります。

目指せ、緋翠様!です

ゆき様へ

  1. 2010/09/14(火) 23:05:38 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
ゆき様こんばんはーv
今、わりとユシン一家ブームが来ているのかもしれません(笑)

そうですね…。比才のユシンは、ユシン自身の頑張りと言うより、ユシンの「人を動かす力」を描くのが目的だったような気がします。ユシン初登場の時に、チョンミョンが心動かされ、百済との戦でアルチョンが心動かされたみたいに。
こう、とってもとっても失礼なんですが、ひょっとしたらユシンさんの演技が好みじゃないのかも……と最近思い始めました(滝汗) ユシンと言うキャラは大好きなんですが! 役者さんも、凄い!と思う瞬間がたくさんあるのですが、単純に私の好みの問題で感動度合いが減ってるのかな…と反省しております。

>私は、駆け落ちしようトンマンなユシンと、復耶会に乗り込んで行ったユシン、真性比才で皆にアドバイスするユシンが好きです。
ああ、どれも好きです、私もー!
この記事を書いている時も感じたのですが、ユシンって多分、『善徳女王』の中で一番好きなシーンが多いキャラかもしれません。トンマンやアルチョンファンの私でも、ユシンの見せ場の方がスラスラ思いつくんですよ!(笑)
なんか、こう、五話に一回は必ずいい台詞や行動があって、「ユシンかっこいい!!」と惚れ惚れします。女王時代はそれがほとんど毎回になって、残りの男性キャラがちょっと可哀想にもなりました(笑) 見せ場分けてあげてーと…(笑)

ゆき様の旦那様のお気に入りシーンもわかりますわかります!
ユシンは、TOP3以前に、カッコいいシーン一覧を作成した方が良かったかも……と言う気がしてきました(笑)

すーさん様へ

  1. 2010/09/14(火) 23:21:49 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
腹灰(笑) 斬新ですねw
『腹黒~~腹灰~~腹白』のランクとかすると、面白くなりそうな気がしてきました!(コラ)

ああ、なるほど…。と言うか、花郎世紀では確か、ポジョンってそんな感じですよね。最初はミシルが嫁探しをして、ポリャンの奥さんに至っては、奥さんの方がポジョンに一目惚れして、半ば騙す形で無理矢理婚姻……みたいな感じだったようなw
恋愛に積極的なポジョンが斬新で、密かに主人公のピダムよりも楽しみです(笑)

ソクプムは、確かにイケメンではないですね。(俳優さん申し訳ありません…!)
でも十花郎の中ではアルチョンの次に好きなので(笑)、まだ書き途中の続き物SSでちょっぴり目立たせないなーと画策しています(え)

ミシルのクーデターですか! おお、そこら辺書いたことも読んだことないので、楽しみにお待ちしていますーv

>書いては消して、最初から読んで増やしてってしてると、コロコロ転がりだすから面白いです
凄い…! わ、私、あんまり消さないです。一度書いた後、日本語が可笑しいところとか誤字とかを直して、ちょっと書き足していく程度で…。やっぱり書き方って人によって違うんですねー。
いえいえ、私は参考にしない方がいいですよ…!! すー様道を駆け抜けて下さいませ!^^

管理人のみ閲覧できます

  1. 2010/09/15(水) 21:25:42 
  2.  
  3.  
  4. [ 編集 ] 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆき様へ

  1. 2010/09/15(水) 22:57:54 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
こちらこそ、お返事ありがとうございますーvv

ああ、前半のユシンには確かに苦手意識が強かったです。牢屋の時、シリアスなシーンなのに母と二人で笑っちゃったんですよね(コラ!) 無言の時とか、ある程度ユシンの年齢が役者さんの年齢に近付いてからは、すっごくカッコいいんですけど…!(偉そーに)
ああでも、ピダムも後半戦きつかったし……やっぱり年齢ごとに演じ分けるのは大変なんでしょうね。ミセンは、第一話から最終話まで、少しずつ老けてて凄いなーと感動しましたが、あれは役者さんが相当上手いんだろうなーと思います。

比才のチュクパンとコドは、適度にウザかったですね!(笑)
ユシンとアルチョンが戦った後に拍手してたり、あのコドが女王時代偉い軍人になってるのには今でも納得がいきませんが(笑)、癒し系なところや、生真面目なユシンとの対比にはすっごく楽しませてもらっていますv
ユシンの部下思いなところは凄いですよねー! そのせいか、アルチョンとの友情ネタも含め、恋愛ものより家族とか部下とかの方がついつい思いつきます。

や~、チュンチュが悪役なのは元々なんじゃないかと…(笑) ユシン、戦場ではヒーローでしたが、宮中では騙されるわ振り回されるわでしたし……成長したなあと感じたのは、トンマンに微笑みかけたところくらいなような(酷)
ビジュアル……なんですかね。ぶっちゃけ、アルチョンもイケメンではないと思うのですが…(アルチョンファンにあるまじき発言) 私の場合は、顔よりも声とか仕草とか立ち回りに惚れるので、ユシンはそこら辺が好みじゃないようです。
あ。イケメンと言うと、チョンミョンを殺しちゃったテナムボはイケメンですよね!(何)


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。