善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

9月18日に頂いたコメントへの返信

『イ・サン』を見ていると、「ここ見た! 善徳女王で見た!」な場所がたくさん出てきて、ついつい本編じゃなく(笑)、そっちに盛り上がったりしてしまいます。ほ、ホントは『イ・サン』の方が先なんですけど、見た順番が逆なので。
27回ではユシンが二回も閉じ込められた牢屋が出てきて、またしてもプチ興奮(笑) テスやん、拷問が焼き鏝じゃなくて良かったね…!(……焼き鏝と言えば、ユシンより酷い目に遭ったのに、めちゃくちゃ元気に立ち回りするアルチョンに何度目かのときめきを覚えた記憶が蘇りましたw)


続きから、頂いたコメントへの返信です! 
いつも優しいメッセージを下さる皆様、拍手のみの皆様もありがとうございますv


****


●すーさん様●
すー様こんにちは!
チュンチュはダークでナンボですから(笑) そうですね、チュンチュ自身、自分の毒気を楽しみつつ、持て余しているところもあると思います。だからこそトンマンには毒気も含めて愛して欲しいのかなあ…と。普通の女の子はチュンチュの毒気に耐えられないでしょうし。
うーん、チュンチュは自分に絶対の自信があるので、トンマンの愛如何で自分の価値を決めることはないと思うんですよ。ただ、トンマンに安らかな余生もあげたかったし、一度選ばせてみたかった、と言う気持ちもあって、だからこそあんなことを始めたのかなーと。自分の手元に置いておけば絶対に安全ですし。
幽霊ピダムが逆襲するのは、オマケとかでチラッとギャグものならありですが、本編ではないですねー。チュンチュは例えピダムが幽霊で出てきても、全くめげないと思います。殴られて従うタイプじゃありませんし、むしろピダムはまた負かされて退散することになりそうなw


●ちっちき様●
ちっちき様こんにちは! そしてお久し振りですーvv
トン&ピに関しては、善徳女王の本編とは相当隔たりが出てきてますよねー(笑) ああでも、「忠犬ピダム」じゃなくて、私は「バカ犬ピダム」として見ています(コラ)……あ、いやその、だってピダムは忠犬と言うにはあまりに自分勝手かなーなんて…。忠犬の称号はアルチョンに受け取ってもらっています、私の中ではw
リクエストは、頂いた時は嬉しいんですよ! ただ、書きやすいものと書きにくいものはやっぱりあるようです(汗) フリーリクエストを募っておきながら、書けない私に問題があるので、ひたすら申し訳なくて…頑張ります! あ、ちっちき様のはわりと私と感覚が近いと言うか、書こうと思っていたのに忘れていたネタとかが多いので、教えて頂けると嬉しいですーv よろしくお願いします!
スランプ、今回はなかなか克服出来ないので地道に色々試していきます。ちっちき様、優しいお言葉をありがとうございます…! これからも楽しんで頂けるように、私自身も楽しんで書けるように、頑張りますvv


●百咲様●
百咲様こんにちは! お久し振りですー^^
アルチョン話、楽しんで頂けて良かったです! アルチョンの裸が見てはいけないものイメージなのは、ドラマで全く脱がなかったのと、トンマンは「アルチョン郎=かっちり」と思ってそうだなーと…。アルチョンが話を聞かないのは皆さんの共通認識だったようで嬉しいです(笑)
ユシンが髪飾り…!? 買いますかね!?(失礼な)……あ、いえ、マンミョン夫人とか、妹達にせっつかれて半ば無理矢理買わされることはありそうですが(笑)、ユシンが髪飾り…トンマンが照れ照れ……あ、いえ、なんか凄い気持ち悪いと思ってしまいましたw……なんで私はユシンとトンマンのラブラブが妄想出来ないのか…!!
アルチョンの尽くしっぷりは、若干ズレてる部分と、公主様のお望み通りの部分にかなり差がありそうです(笑) トンマンとしては、「嬉しい」とニヤニヤする時と、「……悪気はないんだろうけど、勘弁して欲しい」って言う時とw
郎徒トンマンと花郎アルチョンだったら、無意識の内にトンマンを女の子扱いして、周囲の人をポカーンとさせそうなイメージを持っています。アルチョン本人が全く意識せず、男扱いしているつもりだからこそ、トンマン的には怒りたいけど怒れなくて困る…と言う感じで。ピダムだったら、本人がわかった上で嫉妬しているので、トンマンも叱れるけど、アルチョンは無意識に勝手に嫉妬して勝手に邪魔して勝手にいなくなるからこそ、非常に扱いづらい面倒臭い奴になってると嬉しいですね(笑) 案外、アルチョンは本人は大人のつもりでも、実際やってることは大人じゃないと思いますし…。和白会議に剣を持って乱入した時も、最初に剣を抜いたのはユシンでも部下でもなくアルチョンですからw トンマンが公主だったら、そこら辺がかなり違いそうですが。
ダークチュンチュとほのぼのトン&ピは私もお気に入りになってきました! 精神的にバランスが良くて(笑) アルチョンとトンマンの話は取り合わせ的にほとんどギャグ調になりそうですが、どちらもお気に入りキャラクターなのでこれからも書いていきたいですvv ユシンはトンマンとじゃなく、ヨンモ相手のネタの方が浮かぶんですよね…! 困ったものです(笑)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010.09.20(月) _11:28:31
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<リレー連載『偽りが変化(か)わるとき ~砂漠編』  by saki | BLOG TOP | 9月17日に頂いたコメントへの返信>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。