善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

10月29日から31日に頂いたコメントへの返信

今日はハロウィンですねー。
ハロウィンSS…と思ったのですが、ハロウィンはあまりに善徳女王とは縁がないので、止めておきます。書くなら、子供トンマンが色んな人からあれこれふんだくる話でしょうかw

ではでは続きから頂いたコメントへの返信です。
毎日たくさんの拍手をありがとうございますv これからも頑張ります!


* * *


●ちっちき様●
ちっちき様こんばんはーv そしてお久し振りですvv 『惑乱』はちっちき様のアイディアがなければ書けなかったお話なので、ちっちき様に喜んで頂けるのが一番嬉しいです!
ピダムは……今回は、「逃げられた&プライドを傷つけられた」→「プッチン」→「反抗もされずに泣かれるだけって気分が悪い」→「本気で嫌悪されるのやだ」→「気分を変えよう」→「あー落ち着いた」って言う感じでしょうか、大体(笑) 小学生レベルの態度が、中学生になったかな…?ぐらいの変化が見えればなーと。鬼畜度はめっちゃ高いですw いやいや、こんなRなお話を朝でも昼でも淡々と書けるようになってる私の方が相当怪しいですよ!(笑)


●yukuru様●
yukuru様こんばんは!
トンマン、大変です…! 少女本人はもう出てきませんが、少女の行く末は出てきます。ダーク連載なので、そう言う感じの登場ですが(笑)
その動画、凄いですねー! 例え一瞬でもいいから、和解する瞬間とか、欲しいですよね。我が家では、ピダムは死んでいいから(酷)、トンマンだけはひっそりと余生を過ごすとか、そう言う描写が欲しかった…と言う意見が大勢を占めております。チュンチュでわかる通り、親馬鹿気質のトンマンですし、最後妊娠してても良かったのにーと思います。砂漠で母一人子一人で宿屋を営む!……って、撮影スケジュール的に無理ですかね(笑)
私も動画ほど臨場感はなくても(笑)、楽しんで頂けるように頑張りますーv ありがとうございます!


●すーさん様●
すー様こんばんは! いつもコメントありがとうございますv あんまりコメントに行けなくてすみませぬ…!
そうなんです、いい主婦仲間です(笑) アルチョンも、公式設定が「隠居後はトンマンの墓守」ってどんだけトンマン馬○ですかwと言う感じなので、奥さん大変だろうなあと…。アルチョンは、夫人と一緒の時は最初は「いつ襲われるか」と緊張しつつも、一杯飲まされた瞬間から延々と仕事の話をしそうです。話題は主に、トンマンへの忠誠云々と、その側近達へのツッコミですねw


●黒猫4.3kg様●
黒猫様、こんばんは! いつもありがとうございますv
ヒョンジョン、成長しましたねー。いずれ、ピダムはヒョンジョンに武芸で勝てなくなって本気で落ち込む日が来る予定です(笑)
ピダムは退行していない…と言うか、アルチョンが来たことによってヒョンジョンを心配する割合が低くなって、代わりにまたトンマンラブと言うか犬度がアップした感じです。ヒョンジョンが小さい頃の方が、気を張ってた分、遙かに大人ですねw ピダム的には、自分の知らない間にトンマンがあれこれしていると不安になるようです。面倒臭い夫です(笑) トンマンは、二人きりの時は「ピダム」ですが、他の場合は気を遣っているようです。尻に敷いてると噂されるのも何ですのでw
「妻を大事にする芸人」…ああ、ネタの為にも見るんでした、それー!! お風呂もマッサージも、ピダムやってそうです……と言うか絶対やってます(笑) 多分ピダムも、トンマンが紅をさしてたりとかすると、ドキドキしそうです。それを見たアルチョンとヒョンジョンは呆れそうですがw そうですねー、怒られるのだけは、苦手かもしれません。尻尾がぺたっと地面に着きそうです。
ああ、双子ピダムはそう言うネタですかー! それいいですね。トンマンも、「インミョン」として生まれて、双子だからと人知れず幽閉されて育って、夜だけ「トンマン」として外に出る……とかだと面白いような。ただその場合、最後が…確かに壮絶そうですねw
色黒ポニテ、いなくて良かったですw ラブ度と言うか中毒度と言うか微妙な感じですが、怒りに任せてやり過ぎるとトンマンも心折れると気付いたようです、ピダムも。……いや、そもそも酷いことしてるんですけどね!(笑) でもこう言う日の翌日に限って、また調子に乗ったピダムがトンマンの嫌がることをして、トンマンも「ほだされかけた私が馬鹿だった!」と怒るんだと思います。
トンマンとピダムって、体格差がちょうどいいんですよねー! 身長差が15センチくらいって、なんて理想的なの、といつも嬉しくなります(笑) 開脚したり膝曲げてラブシーンは大変そうですね、確かにw 大きさの違いが素敵な時もありますが、この二人の場合はこの身長差で、でもトンマンが物凄い華奢、と言うところが素晴らしいと思います。色黒をさらに黒塗りwww 何故w あー、トン&ピの役者さんがまた恋人同士の役を演じてくれるのなら、現代ものでも見れそうです(笑)
ラブ部分もありますが、それよりも今回は「ひっかけられてキレて、半ば我を失ったピダム」と、「ピダムの落差に惑わされるトンマン」が中心だったので、ピダムにはきっちりダーク化してもらいました。そうですねー、嘘は言ってないですね。嘘はカバーするのが大変なので、口にする情報を自然と選んでいるんだと思います。トンマンの掌の上になる頃に、うっかり必要のないことまで言うようになってしまうかもしれません。
確かに宿屋の主人は勘違いしてそうです。「うわー花郎って奴かなー。男同士で云々もあるって聞いてたけど……ゲっ」と顔を引きつらせながら笑ってそうな気がw


●りん様●
りん様こんばんは! 真昼間からすみません(笑) 書いている当人は、もうそう言う感覚が薄れているようですw
えええ、そんな…! リアルに…と仰って頂くと、嬉しい気持ちと、役者さんに申し訳ない気持ちが半々になりますねw これもトンマンとピダムが私のツボにハマるカップルだからです!(えええ) 応援も拍手も嬉しいです、ありがとうございますvv まだ暫くネタは尽きそうにないので(笑)、これからも頑張りますー!
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010.10.31(日) _22:02:32
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<沼地を這う土竜のように。@ソクプム | BLOG TOP | SS 惑乱・下>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。