善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

1月13日と14日に頂いたコメントへの返信

月組バウホール公演『HAMLET!!』をWOWOWでやってたので、録画、視聴しました。
かの有名なハムレット、名前は知ってて本でチラッと見たことはあったんですが、今一つピンとこなくて投げ出していました。…シェイクスピアはいっつも投げ出しちゃうんですよねー。台本だけ読んでも楽しくないし。(←おバカ…)
んで、かと言って仰々しく『悲劇!』って銘打ってる舞台はキライで。「泣けや!」と演出家が観客に命じてる作品で泣きたかない。その人の人生ありきか、お涙頂戴ありきか、で言えば、前者の作品でダーダー泣きたい。

てなわけで、私的には前者に当てはまるので、トンマン(女王時代)&アルチョン&チュンチュが好きです。心情表現の足りない部分は自分で妄想して補うのが好きです。
トンマン(郎徒&公主時代)&ミシル&ユシン&ピダム&チョンミョンも好きではありますが、感情を表現する台詞、シーンが多すぎて物足りないんですねー変な視聴者ですねー(笑)

んでもって、さらに『HAMLET!!』を見て、大変ツボにはまり(また感想記事を書こー)、気付きました。
役者さんが適役だったと言うこともあるんですが、

ハムレット&ガートルード&クローディアスの関係が、物凄くツボである。

と。
そしてこのツボ感は、そのまんま

チュンチュ&トンマン&ピダム(にミシル要素を足したダークピダム)に当てはまる!!

と。
オフィーリアは誰がいっかなー。
案その1は、ポリャンかなー。んでもって、レアティーズ@最後にハムレットと決闘する兄はポジョンで、兄妹の父@ハムレットに殺される宰相は、ソルォンさんがやるんです。素敵だー(笑)
ちなみに案その2はオフィーリア@ムニ、レアティーズ@ユシン、兄妹の父で宰相@ソヒョンパパです。
二つの案で一番違うのは、宰相とクローディアスとの関係ですね。ソルォンさんかソヒョンパパで、扱いが変わります(笑)

ええと、とにかく私の大好きなチュ&トン&ピが当てはまる作品に出会えて幸せです。
シェイクスピア様ありがとう。大介先生ありがとう。大介先生が演出で「ハムレットは十代半ば、ガートルードとクローディアスは三十代」って設定してくれなければきっと永遠にハムレットを熟読(え)しようと思うことはなかったかと…。
さて、本を借りてこよ~♪


続きから頂いたコメントへの返信です。拍手とコメントを下さった皆様、ありがとうございます(*´∀`)


* *


●すーさん様●
すー様、こんばんは!
に、鶏に慕われるピダム…!?そ、そんなシーン書きましたっけ!?…って、失礼しました。ディズニーですね!おお、そっちはもう細かいことは完全に忘れています…(汗) 一応新羅のお話なのでダンスパーティは書かないかなあと思うのですが(すー様に期待します。笑)、続きでは召し使いは出したいような…。
ガラスケースに入った薔薇の置物、友達が買ってましたねー。綺麗だったのを覚えています。私が買ったのはベビーPoohのリアル赤ちゃんサイズのぬいぐるみでしたw
続き、更新出来るように頑張ります!


●梅子様●
梅子様、こんばんは!
ああ、いやそんな、わざわざすみません(汗) 頂いたコメントには何でもかんでもお返事をしたい管理人なので、あまりお気になさらないで下さい…!
隠居連載、気に入って頂けて嬉しいですvネタバレしてしまうので細かいことは言えませんが、この連載を書く上での目標に「ドラマのネタをとことん使う」と言う項目がありますので(笑)、実は婚約者(ムンノ視点)だったネタもいずれ出す予定です。二人の息子の名前に関わりますし。
「ピダムが牡丹の花を根こそぎ引っこ抜いた」と言うエピソードは、本当は確か公主時代のものなのですが、女王時代の方がドラマに合ってるかなーと。まだ若い前髪のあるピダムでご想像下さい(笑)


●黒猫4.3kg様●
黒猫様、こんばんは!
摩訶不思議ですねー、確かに。私が歴史が好きなのは歴史って推理ものだからなのかな、と最近思うようになりました(笑) 花郎世紀は偽書疑惑がありますが、実際に目を通すとよく出来ています。それぞれの年齢にも無理はなく、いいですよー。ネットで調べると見られるので、黒猫様にもオススメしますv
りば様は私が見落としたり忘れたりする箇所もちゃんと拾って考察して下さるので、本当に有り難いですー!
史実って言っても、飛鳥時代の話ですからねー(笑)ファンタジーが許される時代だと思います。日本の大河ドラマでも、飛鳥時代の話をざっくりファンタジーにして一年間やって欲しいです。日本も、実はわりと史実と違うことやってますし(笑) よりドラマチックに盛り上げる方が私も好きです(*´∀`)
そもそも真平王の弟が存在感なくて…(酷) スンマンは従姉妹であるより、娘の方が筋立てとしては面白いかなーと(笑)
チャット参加宣言、今頂戴しました!w今度は最後まで起きますよーv
私もBS版録画してるんですが、見られずにいます。やっぱり、見るのが怖いんですよねー…。脳裏に展開が焼きついてるので、BS版で泣けちゃいそうで(笑)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011.01.16(日) _01:36:13
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<その血が尽きるまで彼は走り続ける。@トンマン、チュンチュ、ピダム | BLOG TOP | 子守りの孫武と溺愛イ・サンとボヤキの元就。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。