善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

2月17日と18日に頂いたコメントへの返信

孫子大伝面白い!!!!

です。
見慣れてきて楽しみ方もわかってきたと言うか、落ち着いて見つつも、45分間目が離せません。今回は、このドラマに出てくる慶忌がなんだか司量部令時代のピダムに(たまに)ちょっと似てるなーと言う発見もありました。
また独立した記事にしてメモしておきますv

ドラマと言えばもう一つ、ミセンが出ると言う「クンチョコワン(漢字変換めんどい…)(コラ)」も一話半ほど見ました。
テスやんここでも涙目だなーwと笑いつつも(酷)、わりと落ち着いて見られるドラマで有り難いです。欠点と言うと、目の保養がないところが欠点でしょうか(笑) でも主役の人がソクプムに似てるので、なんだかソクプムが主人公みたいで嬉しいですねー!(また変な見方を…)


ではでは続きから頂いたコメントへの返信です!
拍手へのお返事が遅れがちでスミマセン(汗) 頂いたコメントは全て有り難く保存させて頂いておりますーv


* *


●nana様●
nana様(の娘さん)合格おめでとうございます!!! いやー入試ですか……ナーバスになりますね、あれは(笑) 課題は多くても、プレッシャーはないので、娘さんももう深刻な愚痴を言うことはないのではないでしょうかv ぜひぜひ残り少ない今の学校での生活を楽しんで頂きたいですねーv
って、善徳女王の声優さんがわかるんですか! おお、凄い…! 私は善徳女王の声優さんは一人も知らなくて、チュンチュは違和感なく聞けましたが、ピダムに関しては最後まで「ミスキャスト…orz」と大変失礼な感想を抱いておりました(汗) 有名な方だったんですね! あ、確かにちらっと見たキム・スロの時は良い感じでした、ピダムの声優さん。元の俳優さんの声が良すぎたのかもしれません(笑)
女王時代のアルチョン、影薄いですか!? 私はわりと公主時代の方が見応えがない感じがしてました。役割がいっつも同じと言うか…。あ、いや、これは単純に女王時代が好きだからそう思うのかもしれません。最終回のおじいちゃんは二頭身マスコットにしたくなるような雰囲気がツボでしたw


●すーさん様●
すー様こんばんは!
ザズくん、頑張ってくれています(笑) 一人くらいはこう言うお節介を焼く悪友がいてもいいかなーと思い、書いてみました。すー様のところのスンマンと役割が似てますね!
ピダムの優先順位、変ですよねw エロ本とか一切見たことない、と言うかそもそも興味もない男子高校生、と言う感じでしょうか。ドラマだとヨムジョンのお店のお姉さんの胸を目で追ってたピダムですが(笑)、ここではトンマンと暮らしているので本当に女に興味が湧かない設定で書いてしまいました。


●椿様●
椿様、こんばんは!
こうしてピダムに悪友が置けたのも、そもそもピダムにソファやトンマンがいるからなんだなーとつくづく思います。一つの場所に定住して店を営んでいるからこそ、ザズみたいな知り合いも出来て、お節介も焼いてもらえて……と、人生変わるんだなあと。
ザズからすると、いい喧嘩相手、稽古の相手、遊び相手の悪友が、ただのシスコンじゃなく、重度の「もしかしてこいつ、今でもマジで将来妹と結婚するとか思ってんじゃ…?」的なシスコンになってしまっているのが心配なのかもしれません。道を踏み外すなよ、と心配になり、だから余計ピダムに絡むのかもしれないですねー(笑)
トンマンがピダムの妹ラブを知った時の反応は私も楽しみです!……あれ、トンマンはピダムの恋心と実は兄じゃないと言うのと、どっちを先に知るんでしょうね…?(聞くな)
何はともあれ、ドラマの確固たる世界があるからこそこう言うお遊びが出来るのだと私も思いますv ありがとうございます、椿様のSSも毎日毎日続きを楽しみに待っております!


●あんず様●
あんず様、こんばんは!
善徳女王カテゴリほぼ全部ですか!! おおおおお疲れ様です、ありがとうございます…!
キャラ語り、読み返すと昨夏の辺りまではかなり「ええっ!?ないわこれ!」なことも書いていて、赤面の至りです(汗) でも、「マニアな司量部令の~」と「まるっと人物紹介」は私にしてはなかなか小気味良く書けたと思う記事なので(笑)、笑って頂けて嬉しいですーvv
SSもニヤニヤして頂けて何よりです! トンマンと鶏肉大好きなワンコピダム…って、なんだか凄い設定ですね、改めて文字にするとw アルチョンとミセンのSSは、二人への愛の割にはなかなか増えなくて悔しい思いをしております。ヨムジョンはSSと言うよりキャラ語りをしたかった人なので、『殺しのボーダーライン』と言う記事をかけてちょっとホッとしました。ミセンの笑い方、一番しっくり来るのは「ゥエ~ッヘッヘッヘ!」なんですが、あまりに文字の並びが奇天烈で、SSに入れる時いつも悩みます(笑)
おおお、あんず様の善徳女王熱を再燃出来たらこんなに嬉しいことはありません!! 張り切って更新頑張りますー!
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011.02.20(日) _00:52:35
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<二極化する物語。@『孫子大伝』第八話 | BLOG TOP | 『第一美花郎比才』第伍話 十花十色・下>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。