FC2ブログ

善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

カタルシスノズレ。@舞台版『テンペスト』

東京千秋楽、行ってきました!
てなわけでプチ感想。ネタバレありなので、続きにしまっておきます。

お返事は後程…!すみません(;´д`)


* *


仲間由/紀恵、山本耕/史、生/瀬勝久。

この三人が揃うとあらば、見ずにいられるか、と行って参りました赤坂!
でも取ったチケットは千秋楽一枚だけ、と言うことからして、何を期待するかはわかりきってますね。そうです、ネタにアドリブ!!主にその辺を期待して見に行った結果、大変楽しめました。
パンフにあった通り、魑魅魍魎(笑)達が、いたいけで可愛くて綺麗で学問より舞踊の方が遥かに優れているなかまゆっきーを取り囲み、苛め、なぶり、死んでいく。まあ大体そんな話ですね!(違います)
舞台を見慣れている方でも、ストーリーや演出について煩くなければフツーに大満足で帰れると思います。管理人の母のように、聞得大君に惑わされて道に迷ったりはするかもしれませんが。(コラ)
とにかく、役者さんへの愛がつまった作品で、脇役に至るまで見せ場やアドリブ場面があり、大変盛り上がりました。二階席からでも十分に楽しかったです!

でも宝塚やちょい昔の新感線慣れしてると、演出のワンパターンさやカタルシスの作り方に疑問は覚えますねー。
一番マズイのは、物語の締め方。

原作は読んだことがないのですが、

真鶴の正体が露見。兄と同期が真鶴を生かす為に壮絶な死を遂げる。
 ↓
琉球滅亡
 ↓
落ちぶれた聞得大君が高らかに琉球への愛を叫び、転落死。
 ↓
変わらぬ愛を胸に、浅倉が何もかもを失った真鶴を迎えに来る。

の順番で来たら、そりゃ、聞得大君のシーンが盛り上がる。わかりやすいキャラ設定なので理解しやすいし、おまけに演じているのは生瀬さん。物語のクライマックスはここで、ぶっちゃけ後は後日談に近いわけです。
後日談は、もう後がないから後日談。本編でモヤモヤしていたこと…つまり、「浅倉は想い人真鶴とは結ばれず、生涯独身(下手をすれば童●)のままなのか」と言う問題解決の為に用意されているわけです。(真鶴は!?)

ところがこの問題、解決されないんですよ。

何故なら、真鶴が、「結婚しよう」と言う浅倉に対し、「次は私が浅倉殿を待ちます。(何年に一度咲くかわからん)この木がまた花を咲かせた時に迎えに来て下さい」とかハチャメチャなことを言うから。
ちょ、君らわりとっちゅーかかなりいい年よね!? 計算すると、このシーンの時、出会ってから既に約30年の月日が経ってるんですけど…!

ファンタジーやるなら、劇中に西暦何年とか入れるの止めた方が無難だな、と身に沁みました(笑)
上記の台詞を言った二人が抱きしめあったまま幕ってのも変だし、終わりが宜しくないなーと思っていたら、最後の舞台挨拶で楚々としたなかまゆっきーが「大阪」と「東京」を言い間違えてくれたおかげで救われました。


いやはや、琉球舞踊の見事さ、男女の演じ分けに加えて、あの支離滅裂キャラ真鶴をよくぞ…!と、なかまゆっきーに惚れ直した1日でした。
魑魅魍魎(笑)の皆様も、夢に出てきそうです!(←誉めてます) トーテムポールに見ザル聞かザル言わザル、素敵でしたww 西岡さんと生瀬さんは大変素敵に傍若無人で笑えましたし、何気に山本こーじくんも前半戦フリーダムでしたねw
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011.02.28(月) _23:27:21
  2. 宝塚とかドラマとか。
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<2月27日に頂いたコメントへの返信 | BLOG TOP | SS 蠢動@クリクリ様>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。