善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

景時さん~~~  ※追記あり

九郎さんと景時さんの十六夜ルートが終了しました。
この二人はセットでやると楽しいですね……!
互いに信頼し合っていて、それでも互いに譲れない一線がある。景時さんと言う人は昔3ルートをやった時に「げぇえっ」(失敬!)と思った人の一人だったのですが、今回十六夜をやって見直したと言うかネオロマさまに感謝したいと思います。特に後日談で頼朝さんとの間柄がはっきりしたのが嬉しかったです。政子さんの力とは関係なく、頼朝さんと景時さんとの間には確かな主従の絆があって、その上で九郎さんや弁慶さんと築き上げた戦友としての絆がある。また別次元のところでとても家族を大切に思っている。……一緒にいるのは大変そうですが、景時さんもイイ男ですよね!(ネオロマだからイイ男は当たり前か……!?)

続きから奥州ルートSSです。望美ちゃん視点で景時さんルート。(でも景時さんは登場しません)(……)


* * *


 景時さんの裏切りに誰よりも傷ついたのは、きっと、私じゃない。
 望美はそう思う。だって、誰よりも傷ついている人が、今こうして望美の目の前にいるから。

「…………」

 気丈にも朔は、あの壇ノ浦で大粒の涙をこぼした時以外は一度も泣かなかった。愁眉が開くことはなかったが、それでも道々で皆の傷を癒し、追っ手と戦い続けた。
 それが望美には痛々しい。
 付け加えて、そんな朔にかける言葉すら見つからない自分が情けない。

(朔……)

 ――泣いていいんだよ、私の前では。
 そう言えたら、どんなにか。
 けれども望美には、朔を慰められるだけの余裕がなかった。
 これまで出会ったことのない運命に翻弄されるばかりで、何をしたらいいかもわからない。ただこれ以上仲間が欠けることがないように、必死で走って走って、剣を振るうだけ。

「………………ごめん」

 本当にごめんなさい、朔。
 私が福原を攻めると言うヒノエくんの作戦に乗ったから、こんなことになった。ヒノエくんを責めているわけじゃないし、あの福原への奇襲が間違いだったとは後悔しているわけじゃない。けれど……。

(朔を苦しめてしまった。……景時さんの苦しみにも気付いてあげられなかった)

 いつも側にいてくれて、ずっとお世話になっていて、誰よりも大事な二人に苦しみしか与えられなかった。
 そんな自分が悔しくて、望美は人知れず奥歯を噛みしめ……一人、震えた。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2009.05.10(日) _22:52:35
  2. SS<遙か3>
  3. [ edit ]




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。