善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

3月22日と23日に頂いたコメントへの返信

さて、ドラマと言うと近肖古王と元就しか見ていない管理人ですが(…)、今シーズンのアメアイはきっちり見ています。シーズン8から見始めて、シーズン9ではあまりのレベルの低さにビビりましたが、今年は本選に入ったばかりにしては総体的なレベルが高いかなーと言う気がします(←エラソーに…)

簡単に一人一人の印象をメモ。

<司会者と審査員>
○ライアン:相変わらず有能かつイジメッコな司会者。十六歳を泣かせちゃ(`⌒´)メッ
●ランディ:審査員のリーダーとして、サポートに徹してるなあと言う印象。
●ジェニファー:姐さん!!姐さんは美しいオカンです。仕事はきっちりしやすぜ!
●スティーヴン:イイ人。少年ハート。

審査員に関しては、個別に見ると三人ともいいんですが、ぶっちゃけ毒が足りない。こうやって見てると、サイモンの価値と言うのは、「うーん…」とビミョーに引っ掛かる部分をズバッと指摘してくれるところにあったんだなあと痛感します。

<候補者>
●ケイシー:去年は「ケイシー=イケメンギタリスト」でしたが、今年は「ケイシー=シブウマハタチ」ですねーv まだ若いので、これからどこまでブラッシュアップされるか楽しみです! 髭は剃るのか…!?
○ピア:とにかく落ち着いたお姉さま。美しいわ上手いわティーンズの面倒を見るお姉さまっぷりが素敵だわで、堪りません。敢えて言うなら、ちょい地味かつ、難曲はまだ歌いこなせないところでしょうか。
●ジェイコブ:カレンと双子かって勢いで仲良しのスーパーゴスペルマン。ゴスペル歌ったら右に出る者ナシ、な強者。笑うと歯が白くて意外と(失敬!)可愛い。
○ローレン:ガールズロックな十六歳。若い!上手い!可愛い!こんな子をいじめちゃダメよライアン!アリソンよりちょっとパンチが足りないところが不安です…。
●ジェームズ:よりにもよって審査員の評価が悪い時に「アダム・ランバートみたいに高音を張り上げて…」とコメントした為に、アダムファンの管理人を敵に回した広大な声域を持つメタル兄ちゃん。わしゃーまだお前を認めんぞ!(コラ) ※上手いし、面白い歌手です。
○ティア:ローレンと同じく十六歳。アジア系の可憐な少女ですが、歌うとローレン同様年齢不詳。音程が危ない候補者が多い中、一曲完璧に歌い上げた時はもー素晴らしかったです!
●スコッティ:見た目は野球少年、歌声はベテランカントリー歌手。渋い…。そして、スコッティの人気っぷりを見るに、カントリーはアメリカの魂なのだと実感するのでした。
○カレン:ジェイコブと双子疑惑のある(※ありません)スパニッシュな元気娘。問題は、同じ路線にピア&ティアがいると言うことでしょうか。見た目は似てないけど、三人ともファン層が被りそうだ…。
●ステファノ:笑顔が可愛い。歌唱力については物足りなさが残るものの、アレンジその他に面白さはある。問題は自分をプロデュースしてないところのような…。
○ナイーマ:自分をプロデュースする力はめちゃくちゃ感じる…が、どうも鼻息荒くあれこれやりすぎて、歌が疎かになっていることが多い印象。センス◎。つか、一曲ラップで聞きた(以下略)
●ポール:ステファノと違って自分をプロデュースはしているものの、自分をわかっているかは怪しい歯白青年。歌唱力がちょっとビミョーで、彼を見ているとシーズン9の時と同じく、クリスの偉大さを感じるのであった…。
○ヘイリー:管理人のツボにハマるところが全くない。こう、媚びてるように見えるのがまた…。うーん。でも独特で面白くはある感じ。
○アシュトン:ナイーマと同じく、自分をプロデュースする力はめちゃくちゃ感じる。ただし、歌唱力が…。カメラアピールにはコツが要るし、最初のうちは歌に専念すればいいのに…と思う管理人であった。

総合力のアダム、歌唱力のダニーと言う、年齢的にもw、実力的にも二大双璧がいたシーズン8と比べると、上手い人もまだまだ若く、発展途上な人が目立つ今シーズン。
ケイシーが凄いって言っても、ジェニファーに「セクシー」と言われてガッツポーズする若さですからねー。クリス、アリソン、マットのように、シーズン中にどんどん洗練されたり、野心的に色んなことをしてくれるんじゃないかと楽しみです!


では、続きから頂いたコメントへの返信ですー。逢瀬にたくさんの拍手を頂き、幸せです!ありがとうございますv


* *


●さえ様へ●
さえ様、こんばんはーv
螺旋、やっとこさ終わりました(笑) 二人とも、自分の恋心の自覚はともかく、素直になりましたね、確かにw
トンマンの身分が露見した後は…そうですね、欲求不満になるかもしれません、少しくらい(え) でも完全に関係がなくなるわけでは……あ、いや、書いてみないとよくわかんないですね、この辺は…(コラ) ただ、公主の衣装でごちゃごちゃするのは大変そうです(笑)
キスマークに関しては…胸元につけられなくなりますが、代わりに頸の後ろが髪で隠れるようになるので、そこを狙うのではないかとv
そして、リクエストありがとうございます! 生理の日の二人、了解しましたー。トンマンに優しい方向で(笑)、考えてみますw


●すーさん様へ●
すーさん、こんばんはーv
今日も寒かったですが、暖かくして、出来るだけ大人しくお過ごしでしょうか。熱と違って、咳は咳を呼びますし、お疲れ様です…! 癒しになるかわかりませんが、今日明日中にポジョンのお話を更新します!
『逢瀬』のトン&ピは余裕のない状況だったからか、お互い余計なものが見えなくて、素直になれたようです。トンマンはかなり痛かったと思いますが、肉体的な痛みより、精神的な驚きやときめきの方が強かったのかなあと言う気がします。ここから漸くピダムへの恋心が芽生えていくので、試練ではありましたが、入れてしまいました。ピダムではありませんが、拒絶されなくて良かったです…!次は、「トンマン良く耐えた」と、トンマンに優しい逢瀬を目指しますw
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011.03.24(木) _18:33:35
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<小ネタ『ぶつぶつ交換』 | BLOG TOP | SS 逢瀬・下>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。