善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

猫にマタタビ。会計に玉座。@ミシル、夫概様

高校時代に、生徒会役員をやったことがあります。しかも、上級生で会計を。
で、やってみて気付いたんですが、会計って実は、生徒会長の次に壇上に上がって、真ん中で喋るんですよねー。会長と会計だけは、生徒会主宰の集会で必ず壇上で何かしら話すから、司会も回ってこない。壇上で話す時は、常に真ん中。
序列的には会長の次は副会長が来るけど、実際に仕事が多く、生徒への影響がでかいのは会計なわけです。(予算握ってるので)

これって、善徳女王のみならず、権力の構図に当てはまるんだなーと気付きました。


* *


善徳女王だったら、会長は真平王、副会長はトンマン、会計はミシル。孫子大伝だったら、会長は闔閭、副会長は夫差ちゃん、会計は夫概様。
副会長は次の会長(王)になる人物だけど(あれ、闔閭には夫差ちゃんじゃなくて、琴弾き太子がいたっけ…?)、会計は会長が消えても会長にはなれない。副会長より権力はあるのに。

そして、そう言う矛盾を抱えた存在は、玉座に座った瞬間に変貌する。
なまじっか大役を担い、責任を負い、王に最も近い権力を持っていただけに、玉座に座っても、その重みに怯えない。むしろ、「私には王になれるだけの実績も力もある」と言う自負の為に、「会計」としてしか見ようとしない者を過度に威圧してしまう。玉座の重みを受けて縮こまるのではなく、その重みを跳ね除ける為に攻撃的になる。

夫概
これまでずっと身を低くし、味方に対しては謙虚に生きてきたのに、闔閭の…大王の鎧を身に着けた途端に、孫武に「私は大王だ」と無意識に宣言してしまった夫概様。

ミシル2
これまで木っ端兵士は何人始末しても、大等以上の者には常に敬意を払い、下手に出て取り込んできたのに、玉座に座った途端に、少し口答えされただけで大等を斬り殺し激昂したミシル。

どちらも簡単にキレるようなキャラじゃない。深謀遠慮、短気は損気。
でも、長年の間、一度も考えなかった「玉座」と言う絶大なる権力を前にして、二人ともその大きさに呑まれてしまった。能力はあっても、玉座に座る者を操る野心はあっても、玉座に座る心構えはまるでしていなかった為に、人格すら変わった。

その変貌に接して、闔閭と孫武、ミセンは危機感を持った。(理由は違うけども)

でもミシルには、彼女の変貌をわかった上で、なお彼女に合わせて自らも変わり、従うソルォン達がいた。
今のところ、夫概様の部下は登場していませんが、夫概様には誰がつくんだろう。一緒に狂気を走るソルォンか、狂気を増幅させるヨムジョンか。
これで夫概様が死ぬことは確定しましたが(涙)、ミシルのように華々しく散れますようにー!
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011.04.16(土) _11:52:31
  2. 孫子<兵法>大伝
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<『善徳女王』妄想年齢一覧 | BLOG TOP | SS 怪我の功名>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。