善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

5月23日に頂いたコメントへの返信

韓国の方にもSSを読んで頂いていると知って以来、たまに自分の書いたSSを翻訳機にかけています。そうすると、なかなかに面白いことになるんですよねー。例えば、↓のような感じになるんです。

●原文●
 トンマンの「操」を護ろうと祈っているのがチュクパンなら、その「操」を護ろうと行動している人物もいた。
「な、トンマン、どこ行くんだ?」
 その人物――ピダムは、いつの間にか人気のないところへトンマンが来ていた為に、むっと顔を顰めた。こんなところに一人で来るようなら、注意しなくてはならない。危ないではないか。
 その時、無言で突き進んでいたトンマンはようやく足を止め、振り返ってピダムを睨んだ。そして、一喝。
「いったい俺に何の恨みがあるんですか!!」
 が、振り返ったトンマンの瞳に浮かぶ涙にぼーっと魅入られていたピダムは、束の間思考が止まっていた。それがトンマンの怒りに油を注いだことに気付かぬまま。
「…………。え? 恨み?」
「そうです! 身に覚えなんかこれっぽっちもありませんけど、そうとしか思えないじゃないですか。なんで日がな一日付きまとってきて、しかも女扱いするんですか!?」
「それは……」
 その瞬間、ピダムはうっかり真実を口にしそうになった。だって女だと知ってるから、と。しかし、どう説明したものか上手く思いつかない。何せ女とわかった理由が、理由なのだ。


●翻訳機その1●
 トン マンの「節操」を守ろうと祈っていることが【チュクパン】ならば、その「節操」を守ろうと行動している人物もあった。
「な、トン一番、どこ行軍なの? 」
 その人物――費ダムは、ある間に人気が(人の気配が)ない地方(脂肪)トン マンが来ていたので、むっと顔をしかめた。 このようなところに一人でくるようだったら、注意しなければならない。 危険ではないか?
 その時、無言で力強く進んでいたトン マンはいよいよ足を止めて、振り返ってみて非ダムをにらんだ。 そして、一喝.
「いったい(一切)私に何の怨恨があるのですか!! 」
 ジマン、振り返ってみたトン マンの瞳に見える涙にぼうぜんと魅入られていた非ダムは、瞬間事故(思考)が止まっていた。 それがトン マンの怒りに油を注いだのを識別しないまま。
「…………. エ?  恨む? 」 「そうです!  からだに記憶など要くらいもないが、そのようにと言う外は考えられなくないと? なぜ一日中常に付いて回って、その上女取り扱ってことか!? 」 「それは……」
 その瞬間、非ダムはなにげなく真実をいいそうだった。 だが、女と知っているから、と。 しかし、どのように説明したことなのか上手に考え出さない。 とにかく女と中(案)理由が、理由だ。


●翻訳機その2●
トンマンの"操作"を護ろと祈っているがチュクパンミョン、"操作"を護ろと行動する人もいた。
"まあ、徳だけ、どこへ行くの?"
その人 - ビダムヌンいつの間にか人里離れたところにドクマンガオゴていたために、気難しい顔を顰めていた。こんなところに一人で来るようであれば、注意しなければならない。危険なのではないか。
その時、静かに急いだトンマンついに足を止めて振り返ってビダムウル狙っている。そして一喝。
"いったい私に何の恨みがあるんです!"
この背を向けたトンマンの瞳に浮かぶ涙をぼんやりと魅了されたビダムヌンちょっと考えが止まっていた。それが徳だけの怒りに油を注いだことを実現できないまま。
"... ... ... ...え?恨み?"
"そうだ!身に覚えなんかヨマンクムドドけど、そうだとしか考えられないじゃないですか、なぜ毎日、一日付いて回ってきて、しかも女性の扱いですか!"
"それは..."
その瞬間、ビダム思わず真実を口にそうなった。なぜなら、女性だと分かっているから、と。しかし、どのように説明したものかよく浮かばない。どうかして女性を知ったの理由が理由である。


●翻訳機その3●
トンマンの 「組」を守ろうと祈っていることがチュクパンなら, 彼 「組」を守ろうと行動している人物もいた.
「, トンマン, どこに行く?」
その人物ピダムは, いつの間にやら人気がない所にトンマンが来ていただから, むっと顔をしかめた. こんな所に一人で来たら, 気を付けなければならない. 危ないことではないか.
あの時, 無言で突進していたトンマンは辛うじて足を止めて返り見てピダムをイェウングだ. そして, 一喝.
「一体私に何の恨みがありますか!! 」
しかし, 返り見たトンもっぱら瞳に浮び上がるヌンムルニボ-わ魅かれていたピダムは, 瞬間事故が止めていた. それがトンマンの怒りに火事が起こったのにあおいだことに悟ることができなかったまま.
「 … … … … . ええ? 恨み?」
「そうです! 身に記憶は敷布団位もないが, それでも外に考えられないじゃないですか. どうして一日中いつも付きまとって来て, それに女扱いますか!? 」
「それは … … 」
その瞬間, ピダムは思わず真実を言うようになった. 何故ならば女と分かっているから, と. しかし, どんなに説明したことか上手に思い出すことができない. とにかく女と中理由が, 理由だ.


それぞれ一長一短だなあ…と思いつつ、いやいや、その前に翻訳機に誤解されないような文章を書くよう気をつけなければーと思う緋翠でした。(でも、多分無理だろうと半ば諦めてもいます)(コラ)


続きは頂いたコメントへの返信ですーv いつもありがとうございます!
お返事不要とありましたが、やっぱり一言w 椿さん、良かったですねー!読み専は駄目です!母兼妻、ときどき善徳作家でいてくださいvv私も女性の服装は可愛いと思うんですが、巨大な頭だけは頂けませんwチュンチュに期待しますーww


* *


●えいこ様●
えいこ様、こんばんは!
そうですねー。ミシルもピダムも、不安が強いぶん、より攻撃的になるキャラクターだとは思います。……問題は、このドラマは不幸な人が多いので、ミシルとピダムより自分の立場に不安を覚えている人ってもっといるんじゃないかと思っちゃうことですね!(笑) ミシルだって、ふつーにセジョンさんの妻で満足してれば、何不自由ない一生で、しかも周囲を(主にチルスクとか真平王とかw)をああ言った目に遭わせずに済んだわけで。悪事を悪事と認識しているかどうかはともかく、死ぬ時に自分が不特定多数の人に対してしてきた悪事を顧みて「申し訳ないことをした」と思ったわけではなさそうなので、二人とも悪人だなあとは感じますねー。魅力的な悪人なんですけれどもv
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011.05.24(火) _23:08:42
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

<<むっかしーむっかしートーンマーンはー♪ | BLOG TOP | 皆で背比べ。@身長メモ。>>

comment

翻訳機さんのグッジョブ・・・?

  1. 2011/05/29(日) 22:34:22 
  2. URL 
  3. りば 
  4. [ 編集 ] 
またまた今晩はー緋翠さん。

「操」て結構なキーワードが「節操」「操作」「組」て全く違う訳になるところが凄いですねー。ていうか、どんどん元の意味から離れていっているじゃないですか。しかもピダムがトンマンの節操を守る、だったらトンマンがほうぼうで男を襲ってるみたいじゃないですか・・・!!(汗)

1号の脂肪トンマン・・・一番脂肪とは縁のなさそうな人なのに・・・(笑)

2号の「身に覚えなんかヨマンクムドドけど!」がなぜかツボです。

3号は訥々とした訳が特徴?なめらかではないけどシンプルに直訳っぽい?と思ったら「身に記憶は敷布団位もない」とか(なぜ敷布団・・笑)「瞳に浮び上がるヌンムルニボ-わ魅かれていたピダム」とか笑わせてくれますねー。

こういうの読んでたら、学生時代の夏休みの宿題を思い出します。全文英語の小冊子を渡されて全部訳してこいっての。もう知るか!てヤケで全部直訳でやってた知人のがこの翻訳機みたいな雰囲気でしたv

さらに別の友人は2学期になってもまだやってたので皆にあきれられ同情されあげくの果てに面白がられ、私がフザけて表紙のおばさん(〇〇おばさんの知恵袋、ていう小冊子だったので)の似顔絵描いて袋もってる図を書いたら、友人がそれを訳文の表紙にとじて提出、えっマジ?て肝を冷やしてたら英語の先生に逆にウケた、という思い出があります・・・て人様のブログにでばってきて思い出語ってスミマセンww

りば様へ

  1. 2011/05/31(火) 19:16:03 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
りばさん、再びこんばんはーv

翻訳機さんは頑張ってくれてはいるんですが、ビミョーなニュアンスやちょっぴり面倒臭い言い回しはアウトなんですよね。
「操」の訳にはビビりましたw「貞操」にすべきかとも思いましたが、ちょっと意味が変わってきちゃうので…。うーん、困ったなーと言う感じですww

> しかもピダムがトンマンの節操を守る、だったらトンマンがほうぼうで男を襲ってるみたいじゃないですか・・・!!(汗)

そうなんですよ!話が全くの別物にwww
1号の脂肪は、「地方」とハングルだと同じになるのか、毎回セットで出てきますwもし同じなら、不便そうだなーと勝手に思っています(笑)
2号の「身に覚えなんかヨマンクムドドけど!」、見ただけじゃ意味不明ですけど、トンマンが口にしたらなんかわかりそうですw
3号の「身に記憶は敷布団位もない」は私もウケましたw カタカナ部分は大概笑えましたが(オイ)、ふと我に返った時、「ちょ、笑ってる場合か!?」となりますねー(笑)←だから笑ってる場合かと。

夏休みの宿題……ありましたねえええ。全部訳せだったかは覚えてないんですが、何故か耳なし芳一の小冊子が渡されて、ふつーに内容を知らずに読み始めて物凄くビビった記憶があります。夏休みだから怪談だったんでしょうかwww
遅れた上に表紙は似顔絵wwwなんかまるでドラマを見るような…!そんな生徒がいたら、私も爆笑する気がします。口では「似顔絵描いてる暇があったら英語の勉強しなさい」と言いつつ、口元はムフフ、みたいなww

人様の思い出話はSSのネタになるのでバッチコイですぞーww


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。