善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

5月30日に頂いたコメントへの返信

登場人物紹介の充実を図って、迷宮シリーズご案内をリニューアルしましたー。
どうも先週からSSの更新が少なくて申し訳ないです。毎日何かしら書いてはいるのですが、どーも完結しなかったり、途中で手が止まったり…。
うーん…とご飯作りながら61話を見てたら、管理人の母が「やっぱりトンマンはピダムを好きになったからいけないんじゃないの」…と。イカン、トン&ピ派としてはやはしそこは…と反論はしたのですが、「でも、トンマンはピダムのことは即位する前から可愛いわんこって思ってたし」と言ったのが不味かったのか、「可愛いわんこなら、トンマンが軽い発作を起こした瞬間に「陛下!」って屈んでるアルチョンとチュクパンがいるじゃん」と返す刀で斬られてしまいましたww
本当はそこでさらに反論すべきなんですが、結局、「アレだよ、トンマンはミシルのファンだし、変なんだよ趣味が」と変なフォローをしてしまい…最終的には、「トンマンはアルチョンやチュクパンとくっつけば良かったんだ」と言う結論に纏まりました(ちょ)

続きから頂いたコメントへの返信ですー。いつもたくさんの拍手をありがとうございます!


* *


●流花様●
流花様、こんばんはーvお久し振りです!
ええと、自分に置き換えて……と言うのは、ピダムを自分に、ではなく、トンマンを自分に、ですよね…?(←当たり前w) すみません、私が何かとピダム視点になるもので、ついつい確認してしまいましたw
我が家では「トンマンはピダムなんか好きになるから最後にあんな苦労をしたんだ。同じわんこなら、チュクパンとかアルチョンがいるのに!」と言う意見が大勢を占めるようになってきましたが(笑)、これからもトン&ピネタを発信し続けられるよう頑張りますv
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011.05.31(火) _23:35:31
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:4
  4. [ edit ]

<<リレー連載『偽りが変化(か)わるとき ~砂漠編』  by saki | BLOG TOP | 5月27日に頂いたコメントへの返信>>

comment

情を理で割る論理的ご一家ですなあ・・・

  1. 2011/06/02(木) 00:00:11 
  2. URL 
  3. りば 
  4. [ 編集 ] 
匂ってきそうな寝かせたネタがいくつもある上、5月中にメール返信もできなかったダメ人間です、緋翠さん今晩は。てな訳で下には下がいる、という事で慰めに・・・なりませんかねー(笑)。

ほほ~、チュクパンやアルチョンもわんこ・・・v

チュクパンは人間として親切なのであって、相手がトンマンでなくとも、頑強なユシンにでも、たまたま隣にいた知らないおばちゃんや子供であろうとも具合悪そうだったら大丈夫か?てしっかり心配してくれそうです。

アルチョンは墓守もしてくれる実に頼りになる、後を任せられるわんこと言えるでしょうが、ということはトンマンの死を受け止め、受け入れられる実に健全な精神の持ち主ということですよねー。

どっちも、トンマンじゃなきゃ駄目、トンマンがいなきゃ意味がない、トンマン死んだら自分も死ぬ、では全くない訳で。確かにトンマンも物好き極まりないwですが、ピダムがかけがえのないただ一人としてトンマンを求めていればこそ初めて、彼女を恋愛リングに立たせる事ができたんじゃないかと。

トンマンはそのせいで苦労をしょいこんでしまったとも言えますが、じゃあピダムの恋がなかったとして、トンマンの治世は平和に終わったかもしれませんが、人として女としての自分を偽って、枯れさせて死んでいくだけだったと思うと、トンマンも拒み通せばよかったのに、別のにしときゃよかったのに、とはなんだか言えない気が・・・もちろん、国的には大迷惑でなんすがね!

自分で入った檻は檻にあらず、て言葉がありますが自ら引き入れた苦労は苦労にあらず、なのかもしれません。とか言ってたら私も斬られるんでしょーかwアウッ!! あ、我がコメントは大抵長いので、ここから先は次の日に、という後回しポイントにでも使って下さいww

りば様へ

  1. 2011/06/04(土) 00:43:07 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
下位争いをすると、第一美比才を未だに完結させられてない私が一番ヤバいことになりそうな気が…wwええと、りばさん、こんばんは~v

我が家では、そもそも「ピダム=危ない奴、本来関わらない方がいい奴、と言うかお前は山に帰りなさいキャラ」認識が普通で、オマケに恋愛を重要視しない一家なのでw、トンマンは恋愛結婚ではなく、ふつーに仕事面とかもいろいろわかってくれるアルチョン(とかヨンチュンとか)と結婚すれば、狂おしいほどの想いはなくても、幸せな夫婦になれたんじゃないか、と言う意見が主流でして。
確かにピダムはときめきとか色んなものをくれもしましたが、恋愛リングに立たずに、アルチョンとどっかで政略結婚して、「一杯やりましょう。ただし飲み過ぎは禁止です陛下」な夫婦になればなったで、幸せだった気はするんですよねー。ドラマみたいなどん詰まりに行く前に、そう言う機会があって、それをトンマンが受け入れたらまた違ったんじゃないかと。(私的には、生死がかかるほどの恋愛と、安定感と信頼のある結婚は、同じくらい価値があるものだと思っているので)

でもトンマンが選んだのは、大人なチュクパンやアルチョンじゃなくピダムだ、と言うところがトンマンのキャラクターを形成する大事なポイントですし、何よりトン&ピファンなのでw、トン&ピ至上主義は変わらないです!
が、家族がピダムを「有能ではあっても、それ以上に精神的に危な過ぎる」と斬り捨てるのはわかる…と言うか、もともと私、ピダムみたいなキャラが苦手なんですよ!(爆弾発言w) だから、ピダム以外の可能性を考えてしまうんだと思います。たぶんww

> 自分で入った檻は檻にあらず、て言葉がありますが自ら引き入れた苦労は苦労にあらず、なのかもしれません。

でもトンマンはつくづく↑に尽きるキャラだと私も思うのでw、トン&ピは愛してますvvうおお今度は四方八方から斬られそうですww

後回しポイント、有り難くそうさせて頂きます…!と言うか、もともとりばさんへの返信はあれこれ考えながら書いてるので時間がかかっちゃって、つい後回しポイントにしております。すみませぬー!

緋翠さん、しつこく今晩は~v

  1. 2011/06/05(日) 22:21:02 
  2. URL 
  3. りば 
  4. [ 編集 ] 
ああ、そういう見地なんですねー!やっと合点がいきました。私の場合、アルチョンとか、女王時代以降のユシンとか、、自分よりも相手の想いを優先させる大人な男では、トンマンを結婚までもっていけないだろうと思ってるんですよね。54話で女王である自分の婚姻は紛争の種にしかならないって言ってたので、どん詰まりはトンマンの性格上避けられない道なんじゃないかと。じゃあ女王をやめた後ならどうかって言うと、すでに死期が迫っている自分につきあわせるより、新羅の為仕事をしてくれる方を望むかなーと。

だから女王の夫として認められる立場はもちろん、ピダムのようにあきらめ悪いっていうかしつこくないと(笑)ムリかなーと。なにせ女王の心の扉は鋼鉄製なので、その扉を10年叩き続けるくらいのストーカー的しつこさです。しかもノックもコンコンからダン!ダン!になってきて最終的には体当たりなんで、ドア壊れるのが先かピダムが壊れるのが先か、になって流石にトンマンもすこうし開けて「ま・・・間にあってます!!」て言いかけたところを無理矢理涙目で踏みこまれた、そんなイメージです。←は?

りば様へ

  1. 2011/06/05(日) 23:55:56 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
りばさん、こんばんはーv

> ああ、そういう見地なんですねー!やっと合点がいきました。

おおお、良かったですー!誤解やすれ違いが反乱を呼びますし…!(え)

> 私の場合、アルチョンとか、女王時代以降のユシンとか、、自分よりも相手の想いを優先させる大人な男では、トンマンを結婚までもっていけないだろうと思ってるんですよね。

↑これはその通りだと思います。私の言ってることは、トンマンの一本気な性格を変えないことにはまず無理な話なので。
性格が変わらないとしたら、中途半端に想いの残っているユシンでは絶対に無理ですし(酷っ)、仕事仕事なアルチョンが、最終回で倒れそうなトンマンの腕を掴んで「おぶさってください」と言った時のように、想い云々は関係なく、トンマンの心身と仕事の状況を鑑みて、口煩く「陛下、独り身の王は早死にします」的なお説教をし続け、お説教に疲れたトンマンが受けいれる、みたいなパターンぐらいしか思いつかないですねー。結婚と言うより、介護を受け入れる、的な感じと言いますか(ちょ)

> だから女王の夫として認められる立場はもちろん、ピダムのようにあきらめ悪いっていうかしつこくないと(笑)ムリかなーと。なにせ女王の心の扉は鋼鉄製なので、その扉を10年叩き続けるくらいのストーカー的しつこさです。しかもノックもコンコンからダン!ダン!になってきて最終的には体当たりなんで、ドア壊れるのが先かピダムが壊れるのが先か、になって流石にトンマンもすこうし開けて「ま・・・間にあってます!!」て言いかけたところを無理矢理涙目で踏みこまれた、そんなイメージです。←は?

たっ、確かにそんなイメージですね!!(爆笑)
私も隠居連載か何かで、周囲に聞かれることなんて顧みずに「陛下陛下」喚くピダムにびびったトンマンが戸を開け、叱ろうとしたら押し入られた、的な展開を書いた覚えがあるんですが、それが↑のイメージと似てますね!ww
ピダムからすれば、「開いたー!」と思った瞬間に突撃なんでしょうけども、トンマンからすれば、それより「お前大丈夫か!?落ち着けよ!」と言う感じがしないでもないです。女王時代はw ピダムの寄り切りでしょうか(は?)


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。