善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

6月11日と12日に頂いたコメントへの返信

チャミョンゴを見てて、「なんでこのドラマは一番応援出来るのが子供の首を絞めるファワン様なんだ。まるで近肖古王の王妃様(テスやんママ)みたい…orz」と思ってたら、脚本家が同じ人でした。(近肖古王にはもう一人参加してます)

この脚本家さんは、時代背景とかの盛り込み方なんかは好きですが(詳しいんだろうなーと思います)、いかんせんキャラクターに魅力が足りない気が…。
とりあえず、誰を応援すればいいのかがサッパリわかりません(汗) それぞれに苦悩があるのはわかります。苦労もしてる(ハズ)。でも、応援出来ない。子役ですら可愛いげがない。何故だぁああああ。けなげさ?けなげさが足りないのでしょうか?
ヒロインのお母さんも悲劇っぽかったですが、理由はどうあれ赤ちゃんを殺そうとする大人には同情しない主義の私には、ラヒを池にドボンした段階でアウトでした…。つか、そんなに死なせるのが嫌なら一緒に逃げろ、と。マヤさんは産後すぐだから無理だとわかりましたが、あのママは川に入る元気があるじゃないですか(←冷たいw)

そして、「楽浪」と言う彫り物を見る度に笑っちゃってスミマセン…!(土下座)


続きから頂いたコメントへの返信です!週末もたくさんの拍手をありがとうございましたーv


* *


●えいこ様●
えいこ様、こんばんはーv
ヨウォンさんとナムさんの共演……見たいですねー!もう最悪恋人じゃなくて兄弟とかでもいいので、あの二人の並びが見たいです。49日の並びも悪くはなかったんですが、トン&ピがやっぱり素晴らしすぎて、未練が(笑)
子供の名前は、贅沢は言いませんw

●おこげぱん様●
おこげぱん様、はじめまして!管理人の緋翠と申します。…はじめまして、と申し上げたのですが、お名前に見覚えが…!リンク先のブログさんですれ違っていた気がしますv
私もドラマの結末に納得しながらも、納得出来ちゃうからこそ悲しくて、枕を濡らしつつ(笑)、創作し始めました。なので、お仲間を見つける度に、その方々からコメントを頂ける度に、「書いて良かった!」と幸せな気持ちになります。遅くなったなんて、とんでもない…!コメントをくださり、本当にありがとうございますーv
隠居シリーズもダーク連載も、私の妄想と野望の権化なのでw、これからも書けるだけ書きたいです。
ヨンチュンとピダムですか!…そう言えば、隠居シリーズでチラッと絡ませたくらいでしたねー。ドラマでそんなに絡みがなかったせいか、どうも…。妄想頑張ります(笑)
そうなんです、ピダムがトンマンを抱きしめた場所は、寝室なんですよー!皆で会議した後に二人で寝室行きって意味深ですよね、フフフ…(落ち着けw)
BSはカットバンバン版だって宣伝してないんですよね、卑怯な!DVDも音楽が差し替えられているので、もし環境、金銭的に大丈夫そうでしたら、kntv版をご覧になってみてくださいー。(私は一挙放送を待って、DVDを買わずにいます。汗)
アルバムは、次もネチネチ丁寧に作ります(笑) 楽しんで頂けて嬉しいです、ありがとうございますーvv
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011.06.13(月) _21:35:46
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

<<リレー連載『偽りが変化(か)わるとき ~砂漠編』  by 緋翠 | BLOG TOP | 6月9日に頂いたコメントへの返信>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/06/14(火) 01:46:16 
  2.  
  3.  
  4. [ 編集 ] 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

hi様へ

  1. 2011/06/15(水) 18:24:51 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
hi様、こんばんは!
いつも優しいお言葉をありがとうございます。私の住んでいる東京も、梅雨になって、毎日湿度が高く、過ごしにくい季節になりました(笑)hi様も夏バテにお気をつけて!
私の方こそ、いつも理解しにくい文章です…。hi様へのお返事だけは、翻訳機が翻訳しやすいように注意していますが、小説は読みづらいところがかなりあると思います。すみません…!前回の小説のタイトルである「りんりんと」は、石の間を清水が流れる様子を表す「りんりん」と、白梅の花言葉の「凛々」が同じ発音なので、「りんりんと」に命名しました。(←わかりづらいですね…(汗))
第一話の卵は、本当にビックリしました!(笑) 一瞬、「これは時代劇じゃなくて、ファンタジー!?指環物語!?」と慌てましたねー(笑)
世界中に卵生神話はありますが、不思議なことに、日本にはほとんどないんですよ。八百万も神様がいるのに(笑) 女神が卵を産む神話は一つだけ聞いたことがありますが、確か、新羅が関わっている神話でした。
第一話をきっかけに、韓国の神話を調べたら、新羅だけでなく、伽耶の始祖にも卵で生まれたという誕生説話があって、驚いた覚えがあります。卵が浮くと言う設定も、韓国では良く使われる設定なのかもしれない…と勘違いしていました。すみません!(汗) 「卵が浮く仕組みはなんだろう、豆じゃないだろうし」と疑問に思っていたので(笑)、神官の力と窺って、ようやく上天官の存在を思い出しました。彼女は、予言や予知をしていましたね!不思議な力がある人だったんですねー。
hi様、いつもありがとうございます!またのコメントをお待ちしております。百済のケベク将軍のドラマ、楽しみですね^^


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。