善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

6月26日と27日に頂いたコメントへの返信

新聞のテレビ欄を見る時、ついドラマのタイトルを確認してしまいます。
SSを書くせいか、ついつい気になっちゃうんですよねー。一捻りありそうとか、いったいどう言う意味なんだろうとか、あれこれ考えてしまうんです。
特に大河ドラマなんかは一年ものですから、タイトルは気になります。主人公の名前そのままじゃない場合なんかは、どう料理するのか、一年追いかけるつもりで見始めるんです。見られる時はw

例えば、『功名が辻』が好きなのは、役者さんもありますが、タイトルの使い方がとても良かったから、と言うのも理由の一つなんです。
ドラマの中で、いつも口やかましい頑固な老臣@武田鉄矢が、主人公を叱咤する為に、最期の戦いで…それも最も壮絶な城攻めの一番乗りを競う時に発する言葉。それが、「なんの!ここが功名が辻じゃ!」でした。
旦那を出世させた賢い妻の話なんだから、妻に言わせても良さそうな台詞を、わざわざ第一話から旦那に付き従ってきた老臣の、最期の戦いで、それも、一兵士にとっては生死と出世のかかった究極の状況で言わせる(ちなみに話数は26話目)。まさしく大河ドラマならではの趣向で、初めて見た時は鳥肌が立ちました。脚本家の力量って、こう言うことを言うんだなあと。

同じように時代劇では確実に見所となる戦での雄叫びですが、善徳女王ではミシルの乱の時にちょっと意外な人選で驚きましたね。
ミシル側はソルォンさん、これは真っ当で、他に誰がいるんだって感じですが(例えミシルでもあそこで叫んじゃダメ。発声が出来てる人じゃないから)、なんと、トンマン側はその役目がチュンチュに回ってきました。ユシンやピダムではなく。
midorin様もコメントで仰ってましたが、これはわりと驚きで、ああ言う戦の前の決め台詞は「敵は本能寺にあり!」と同じで、絶対に外してはいけないポイントだから、腹式呼吸の出来ない下手な役者にはやらせられないんです。若いと声も安定してないし貫禄が出にくいから、尚更厳しい。
だから、ミシルの乱で最もハードルが高い要求をされたのは、個人的にはチュンチュのユ・スンホくんだと思うんですね。何せソルォンさんと向こうを張らなきゃならない上に、あそこがトンマン達の逆転ポイントだったわけですし。
その点、雄叫び対決(ちょ)をするにしても、ユシンは若手俳優さんのケベクに負けなきゃそれで良かったし(おまけに戦いの真っ只中と言う利点ありw)、ピダムは女性のトンマン相手に負けなきゃ良かったわけで(おまけにヨムジョンのサポートありw)、ハードルの高さがえっらい違うなあ…と、スれた見方をしたりもしました(お前…)(ヨウォンさんも腹式呼吸が出来ていなかったので、ああ言う場面は厳しかった気がしますが、物語上あのシーンのトンマンは重病患者だったので、まあ弱々しくてもOKかなと。(←甘いw) いやしかし、まあ、トンマン陣営はホンットに主役のサポートを出来る上手い脇役さんがいねぇな…と、あのシーンでは思いました。ピダムのとこはヨムジョンがダメでもミセンがいるわけで、まー贅沢なことwとグレたものです(ちょ))

続きから頂いたコメントへの返信ですー。拍手をくださった方々、ありがとうございます!普通のコメントへは明日お返事させて頂きますv


* *


●椿様●
母兼妻、ときどき善徳作家の椿さん、こんばんは!w こちらではお久し振りです~!!たくさんあって大変でしょうに、お返事ありがとうございました!嬉しかったですv あ、近況報告は、暇と余裕があれば、で結構ですので、そんなにお気になさらないでください…!
椿さんがいない間もマイペースに更新していたので、それなりの量になりましたw 隙間時間にでもご覧頂ければ幸せですww
私も先週ちょっとへこむことがありまして、週末は家族にビビられるくらい変なことをしまくりました。(一人でピザ頼んだり、肉食べまくったり、家族が誰もいない瞬間を狙って家中を掃除したり…w) 今日もリフレクソロジーをしてもらったら、かなりスッキリしました。それと同時に独り身の有り難さも感じたりして、もし友達に赤ちゃんが出来たら、(友達はさぞ不安でしょうがw)ちゃんと子守の出来る奴になろう…と思いました。まず問題があるとしたら、まだ子供のいる友達がいないところが問題ですねw
椿さんの妄想が羽ばたくよう、ブログ越しに私の妄想エキスを送っておきます!(←要らんw)

●あま茶様●
あま茶様、こんばんは~!
おおお、チビちゃんお好きなのですか!ムラムラして頂けて本望ですw(え) 私は小トトロより大トトロ、子パンダより大人パンダ派なので、赤ちゃんは可愛いとは思っても、ムラムラまではしないんですよー。なので、子育てブログさんとかを除いて赤ちゃんについて研究していますww
母子像なんかを見る度に「……父親は?」と思ったこともありましたが、確かにあの美しい光景にむさい父親は要りませんよね!(酷!)父親はあれです、デフォルメしないとちょっと赤ちゃんには似合わない気がしますw
双子は誕生した瞬間から大きかったですねー!(笑)他のドラマでもわりとそうですが、日本のドラマは生まれたばかりの赤ちゃん設定だと首の据わっていない子を使ったりしてるのに対し、韓国ドラマは生まれたばっかりでも丸々として首ががっちり据わっている気がしますw
なるほど、ヒョンジョンは朝青りゅ…ゲフン、トンマンの赤ちゃん時代にそっくりがやっぱり一番しっくり来ますね!
「あふー」考察も素晴らしいと言って頂けて嬉しいですv 母の愛は海より深く、砂漠より広いそうです(笑)
お客様ですか。うーん……皆忙しいので、来るとしたらチュクパンとか、隠居したヨンチュンでしょうか。でも二人とも薄ら笑ったり出来ない気がしますねー。と言うか、薄ら笑い=チュンチュしか浮かばないんですがwwwチュクパンに報告係になってもらって、徐羅伐でチュンチュとスンマンがウケる、とかになりそうです…!
あ、二重投稿にはなっていませんでした。お気遣い痛み入りますv

●めいこ様●
めいこ様、こんばんはーv
イクメンピダム、可愛いと言うか、子供二人と言う感じも多少しますがw、父親にもなっているので、その匙加減を考えるのが楽しいです。「あふー」はバレないように捻りました(笑)
実際のヨウォンさんは小学生の娘さんがいらっしゃるママさんなので、ナムさんのことはきっと「(ウケる的な意味で)面白い人、いい役者さん」程度の認識ではないかとw
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011.06.27(月) _23:54:46
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<6月28日に頂いたコメントへの返信 | BLOG TOP | SS 初音>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。