善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

7月8日と9日に頂いたコメントへの返信

打ち上げの話をしたので、何となく出演者の記録をぺたり。私がわかる範囲では、出てたのはこの方々でしたー。
イ・ヨウォン、トッコ・ヨンジェ、チョン・ノミン、ホン・ギョンイン、オム・ヒョソプ、リュ・サンウク、イ・スンヒョ、チョン・ホグン、リュ・ダム、カン・ソンピル。あとトンマン子役ちゃんに、花郎とか郎徒の人達(詳しくはわからないです。汗) 他にすぐにわかる人はいなかったような。
ミシル、ユシン、チョンミョン、ピダム、チュンチュ、ミセン、ハジョンが来てないのは確実でした。来ていたらインタビューなり記事なり記録なり映像なりが残る人達ですから、間違いないです。
打ち上げに出ないことに対する批判をどうすべきかは困るところですが、あくまで私の基準で、例えばスンホくんのように学校の試験があるとかなら、仕方ないと思うんです。未成年の本分ですから。チョンミョンも、ドラマの登場回数や役割を見るに、仕方ない気もします。
ちなみに、打ち上げの参加率もこれが普通なのかどうか知りたかったので、同じ枠の長編時代劇「トンイ」の打ち上げを確認しました。確認した結果、打ち上げに参加した役者に対して、私は好意的な感情を持つようになりました。

何も調べず憶測で「打ち上げ」について語ったと思われるのは不本意なのでw、記録代わりに書いておきますー。

続きから頂いたコメントへの返信です!引き続き毒毒記事に拍手をくださった皆様、ありがとうございます。そして、お目汚しをお詫びします。


* *


●うさこ様●
うさこ様、こんにちは!お返事ありがとうございます!
ビジュアルと演技を別けるのは無意味……考えさせられるお言葉ですね。毒毒記事へのコメントがひと段落したら、自分への次の課題にするか考えます。(偉そうに…)
「ピダムの異常な嫉妬に絡めとられるトンマンとその逆パターン」ですか。い、異常と言うのは、どのレベルなんでしょう。すでに嫉妬深い二人なのですがw
ゆっくりお休みになれましたでしょうか?うさこ様の週末が楽しいものでありますように!

●ジャスミン様●
ジャスミン様、こんにちは!
ソルォンことノミンさんは、知れば知るほどクレバーな役者さんで、ちょっとグラグラ来ていますw 「ケベク」のドラマが気になるのも、イ・サンの主役とソルォンさんが共演するから、と言うのが一番大きな理由でして…。初の悪役で、役者としてのキャリアが長くはないことは私も存じ上げております。それを知って以来、益々グラグラ来てしまって!(笑)
ナムさんに対しては、そうなんですよね、ファンじゃないんですが、とにかく心配になります。私が知る限りでは、ファンの方があまり心配していないことも心配です。(これも余計なお世話ですね)

●efu様●
efu様、こんにちは!覚えていないわけがないです(笑)何回もコメントをくださった有り難い方を、忘れるものかと、なんだか執念深い台詞に聞こえますがw、えっと、コメントのやり取りを出来るのが嬉しいです、とにかく!
efu様が毒吐きを広い心で受け入れてくださったこと、有り難く思います…!これまでも毒を吐こうとしては、「いや、まだだ」と思い、止めましたが、やっと自分の中で全てのことをきちんと理論的に説明出来ると感じたので、放出しましたw
善徳女王はミシルで成り立っているみたいな風潮は、私も知っています。最初は「マスコミが煽ってるんだろう。スター女優さんなんだし、仕方ない」と思っていましたが、打ち上げや演技大賞を通して、「この女優が役者として傲慢だ」と考え直しました。そうなんですよ、ミシルはあくまで助演なのに、助演が一年の間にあったドラマを代表する「演技大賞」を受賞することに対し、何の違和感も感じていない。「演技大賞」をもらったにも関わらず、日本での公式イベントにも来ない。善徳女王のピダムでブレイクしたおかげで連続ドラマ初主演が出来たピダムも、授賞式と名の付くものには出ても、公式の宣伝イベントには出ない。感情的にも、不満ですw

●えいこ様●
えいこ様、こんにちは!
えええええ!?マジですか!私も昔一時入ってたんですよー!!!ファンクラブに取ってもらったチケットで博多座に飛んだ人を唐突に思い出しましたw
大和さんとナムさんが似ていると思うのは、演技の傾向(個性)です。道のりが全く違うことは存じ上げております。言葉足らずですみません…!(汗) ナムさんが「ヨウォンさんが理想の相手」と言ったのは、リップサービスか、ピダムがそう言う役だからとピダムの気持ちを理解しようとした結果、そう思うよう努力した、程度に解釈しています。「ラブシーンがあっても、人妻相手だとスキャンダルにならない」と冗談を言う人ですからw
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011.07.09(土) _17:47:05
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

<<7月9日と10日に頂いたコメントへの返信 | BLOG TOP | 7月6日と7日に頂いたコメントへの返信>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/07/10(日) 13:47:28 
  2.  
  3.  
  4. [ 編集 ] 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

六花様へ

  1. 2011/07/10(日) 22:45:20 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
六花様、こんばんは!お返事ありがとうございます!
今回は記事の内容が過激なので、コメントを書いてくださる方もかなり神経を使っておられるだろうとお察しし、出来る限り早めにお返事するよう心掛けています。すぐに内容がまとめられない時は、申し訳ないことに遅くなってしまいますが(汗)

六花様、正直、前回の六花様のコメントを読んで、凄くホッとして、気持ちが軽くなりました。強い口調で失礼なことをたくさん書いた私に、最後まで細やかなお心遣いをして頂けて、今回もそうですが、心から感謝しています…!後悔なんて、とんでもない!コメントを頂けて、本当に嬉しかったです。張り詰めていた糸が、和らぎました。

善徳女王を初めて見てからは一年半ちょっと、善徳女王にハマってからは一年ちょっとになります。こんなにあれこれ語ったり二次創作したりしたドラマは初めてなので、どうしてこんなに好きなのか解明したくて、一年以上、色んなブログを読み、手探りで考えてきました。
その上で、『善徳女王』と言うドラマに対する愛情の結晶であるSSをたくさん公表して、六花様の仰る通り、確かな事実と揺るぎない理論を持てたと確信出来た今、多数派に喧嘩を売るような真似をしました。(ミシルとピダムのファンが多いことは、それはもう、身をもって実感してきたので、半ば背水の陣ですね!(笑))
今なら、SSの中で役者さんの表情や口調、仕種を再現するよう心掛けてきたことが少しは伝わっているであろう今なら、役者さんの中傷をしたいわけではなく、私の、ドラマに対するありのままの評価も受け入れて頂けるかな、一笑に付されることはないかな、と思ったのですが、えーと、想像以上に色々とハードなことだったと痛感していますw
なので、六花様に「潔さに惚れ惚れする」と仰って頂けて、情けないことに、ちょっと泣きました。自分で撒いた種なのに、意志薄弱ですみません(汗) 六花様、本当に、お優しいお言葉をありがとうございます。幸せです!

SSで書いているピダムは、ドラマのピダムがベースです。脚本を中心にしてキャラクターを練り直しましたが、ナムさんの演技や、彼が見せた表情や彼の声、口調、仕種、そのどれをもきちんと考慮して書いてはきましたー。完全な別人になったら、私も萌えませんしw
SSを書いている六花様から、男としての魅力満載と仰って頂けて嬉しいです…!同業者(?)の方から誉めて頂けて、ホッとしましたv

って、た、『太一』ですか!うおおお恥ずかしい…!あれはまだ自分の中でのトン&ピ像を模索している最中のSSなので、好きな台詞もありますが、「うわあああこんなの違う!違うわ!」と言う部分が特にピダムにありましてw、誉めて頂くたびに赤面しております(笑)
あ、でも、「そして……私を失望させる」はちょっとお気に入りの台詞です。何度もピダムに好き勝手をやられて困ったトンマンとしては、一度くらい言っても良いだろうと思いました(ちょ)
「あなたの全てを奪わなければ生きていけないほどに……愛しているんだ」は、こ、こっ恥ずかしいですが、私の中で今でも変わらない、女王時代のピダムに対するイメージですね…。「こうだったら萌えだな、ウェ~ヘヘヘ」と言う感じのw

そしてそして!『言葉の記憶』の六花様ご本人と伺い、ちょっと興奮気味です!wwしかも二次創作を始めてくださる一助にもなれて、光栄です…!
いつも思うのですが、善徳女王の二次創作をしてくださるお仲間が増えるのは、とっても有り難いです。今回のことも、二次創作をしているのが私一人だったら、到底言えなかったと思います。今なら、他の方もかなりトン&ピの二次創作をされているし、最悪の事態になって私のブログが潰れても大丈夫だな、と考えたものでw(←無責任な…!)

ええと、私はまだ六花様の文章を批評出来るほど物書きとしてのレベルが高くありませんし(たまに自分の書いたものを携帯で読み返すと、「ギャアアアア何この日本語!!」と思います…(←だったら直せー))、何より、善徳女王への、トン&ピへの愛がある文章なら、そんな細かいことは気になりません…!新しい世界を思いっきり楽しみ、ついでにインスピレーションを受けて一石二鳥を目指そうといつもじっくり拝見しています(笑)
私のブログも、今回の一件の通り、私得なブログです。あ、いや、勿論「意見が合わない奴は出て行け」と言う意味ではありませんので! 六花様も、もしこれから「違うなー」と思うことがありましたら、遠慮なく仰ってください。言っても駄目だと思われた時は、み、見捨ててください…(出来れば見捨てないでください…)(←どっちだw)

六花様、私の方こそ、ダラダラ語ってしまってすみません…!最後まで読んでくださりありがとうございます!私も、今この時に六花様からコメントを頂けたこと、本当に感謝しています。私の方こそ、幸せ者ですv


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。