善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

7月9日と10日に頂いたコメントへの返信

お返事を書いていてふと思ったんですが、最終回のピダム無双のシーンは、とても神話的です…って、書いてなかったなと。
どこが神話的かと言うと、あそこでユシンは、トンマンの身体と女王としての立場を護る為にピダムを刺すことで、トンマンの心を刺し殺したからです。

あのシーンは色んなキャラがいましたが、大事なのはトンマン、ユシン、ピダムでした。
何度か「ピダム無双のシーンはトンマンのシーン」と書いたように、あの時、ユシンは女王としてのトンマンを象徴し、ピダムはトンマンの心を象徴していました。トンマンが見つめていたのは、自分の中でほとんど一つになっていた、「女王としてのトンマン(=ユシン)」と、「一人の人間としてのトンマン(=ピダム)」の戦いだったんです。
その二つが、互いを憎まず、互いを認め合いながらも刃を交えている。ピダムが降伏しなかったように、トンマンの心は、もう女王としてのトンマンに屈することが出来ないほど強くなっているけれども、ピダムが一人きりで斬り込んできたように、トンマンの心に味方し、戦ってくれる人はいない。
ピダムが血を流し戦っていくのと同時に、トンマンの心も血を流している。仲間で、自分の味方であるはずの者達に斬られ、ボロボロになっていく。
そして、最後にアルチョン、ユシンがトドメを刺した。女王としてのトンマンを護る為に、トンマンに忠義を誓い命を捧げた男と、トンマンを愛し続けている男が、トンマンの心を殺す。

そこには、悪意は一つもなかった。誰かを不幸にする為に戦っている者は、誰もいなかった。
でも、トンマンの心は死んだ。彼女が生み育てた「女王としてのトンマン」が、「一人の人間としてのトンマン」を殺した。
かつて、トンマンを助ける為に息を合わせて戦った男達は、トンマンの為に生き続け、トンマンを殺した。


この皮肉さを脚本家が意識したのかわかりませんが、よく出来てるよなぁあとこのシーンだけでも思いますw


続きは頂いたコメントへの返信です。コメントありがとうございますーv

そして、記事に対して反論してくださった皆様、私も一生懸命理詰めで反論し返した(つもりな)ので、いつでも構いません、出来ればまたコメントを頂けると嬉しいです。お許し頂けるなら、まったりペースで良いので、議論をしたいなと…。
申し訳ありません、おこがましいお願いとは自覚しております(汗)
でも、一度、女王時代の脚本に懐疑的な方と、論を戦わせてみたかったんです。何が、どこが、即位前より悪いのか、劣るのか、きちんとお伺いしたかったんです。別の方でも構いません。何故女王時代の脚本が悪いと思うのか、ご教授頂ければ幸いです。考えても考えても、何が悪いのか、私にはさっぱりわからないんです…。


* *


●えいこ様●
えいこ様、こんにちは!
生の大和さんと言うと、私は握手して頂いたのと、博多座で観た時に最前列の席だったんですが、そのお芝居で数分間目の前に立ち続けてくれているシーンがあって、あれが最高でした!握手は、「夢の世界の人と生で触れ合っちゃダメだ。なんか申し訳ない」と訳のわからん後悔に襲われw、ファンクラブを辞めちゃいました。ファンであり続けてますがv
生田斗真くんも長いですねー。デビューするかと思ってましたし。
そうですね、表現する仕事って、難しいと思います…。

●うさこ様●
うさこ様、こんにちは!
果たしてパスワードなしの記事でお返事して良いものか迷いますがw、モザイクをかけてお答えしますー。
毛ネタは、ちょっと生々し過ぎるので、どうかなぁと…。あと、形はなんであれ、ピダムがトンマンに刃を向けると言うのが私にはしっくり来ません(汗) 私の中では、あんだけ簡単に人を殺せるピダムが、トンマンだけは殺せない、剣を向けられない、って設定を作り、それに萌えてるのでw
一色碁、ピダムは初めてでもやりそうですが、トンマンは出来るんですかね…?トンマンは知恵はありますが、天才的な頭脳はないと思うので、相当努力しないと無理な気がw(←失礼な!) あと、碁を打つトンマン(アルチョン)と言うイメージがなかったもので、ビックリしました。ほぉお…。ありがとうございます!書けるかどうかはわかりませんが、考えますv
力不足なもので、何から何まで達成出来そうになくて、申し訳ないです(汗) あ、今回のネタも、もしかしたら他のブログの管理人様なら書けるかもしれません…!すみません…(土下座)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011.07.10(日) _15:25:24
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:7
  4. [ edit ]

<<何故ピダムは、死に物狂いでトンマンに恋をしなければならないのか。(※プチ追記) | BLOG TOP | 7月8日と9日に頂いたコメントへの返信>>

comment

  1. 2011/07/10(日) 17:04:55 
  2. URL 
  3. めい子 
  4. [ 編集 ] 
こんにちは。ここ数日は考えさせられる日々でした。
後半のストーリーが好きな方、
それを役者がうまく盛り上げたと思う方、そうでない方、
またそれが、監督や演出の責任だと思う方、役者の責任だと思う方
ストーリーは好きでない方
それをうまく盛り上げたと思う方、そうでない方
またそれが、監督や演出の力だと思う方、役者の力だと思う方
様々ですね。様々だから良いのに、盲目的にミシル・ピダムを評価するような報道・意見が多くてさぞもどかしい思いをされたことでしょう。
演技に対する考えや、脚本の解釈など、皆様深いコメントを残されていらっしゃるし、ナムギルさんに対するコメントも、もはや意味無いとおもいますし、まとめる頭もないので、SSに関する感想をば・・・・

以前にも書きましたが私はナムギルさん演じるピダムのファンです。(お好きではないとはわかりましたが、ここまでお嫌いとは知らず、書かなくてもいいことを書いていましたね。すみません。今後控えます。)
ストーリーの山場とは切り離し、単純にシーンとして好きなのが、緋翠様はびっくりされると思いますが、投獄されているユシンとピダムの怒鳴りあいのシーンです。(ほら、エェ!なんで!と思われたでしょ?(^^))
こんなに違うんです。
でもですね、緋翠様の書かれるSSの世界大好きです。
記事からすると、緋翠様の書かれるSSの世界のピダムは、緋翠様の解釈のピダムということですよね。
でも、自分の思うピダムとあまりに違えば、きっとここまで嵌りません。
私は、全く違うピダムも見てみたいと思う寛容な大人ではありません。(年はくっていますが)私の思うトンマン・ピダム達の宮中であり、その後を覗きにお邪魔していました。
SSに出てくるトンマンもアルチョンも、もちろんピダムも、役者の表情付きで目にありありと浮かびます。「あるある、言いそう!」と思って読ませていただいていました。
これって、何なんでしょう?
私の目には、緋翠様がこうして欲しかったと思うままのピダムが映っていたということでしょうか。謎です。

書いているうちに、記事が増えていましたので、早速考えてみました。深くないので素人の一般意見として読んでいただけると幸いです。
●何が、どこが、即位前より悪いのか、劣るのか、何故女王時代の脚本が悪いと思うのか?
・・・緋翠様はピダムの暴走でドラマの出来が悪くなったとお考えと読みましたが、元はといえば、これが根本なのですね。劣るのであれば、それがピダムの暴走のせいであると考えるという意味だったのでしょうか。
浅い考えの私は、物語としては前半が好き、俳優さんは後半が好きです。おっさんユシンやおっさんアルチョン、サンタクなどなど。後半も嫌いはないです。でなければ最後まで見ませんもん。
後半が劣っているとかいうことではないです。単に、チャングムや暴れん坊将軍のようにテーマと見るべき焦点が簡単なほうが好きだから。
後半も緋翠様の解説(?)を読んだ後にもう一度みると本当によくわかって泣きます。つまり解説前は理解しきっていないということです。
後半のように愛情や政治的立場とか微妙な感情の機微を表わしてこそナンボという方には前半がタルくて仕方がないでしょう。
私の意見としては、脚本というか、お話としての出来がわるいとかいうことではなく、主役の立身出世物語だと思って見はじめた人間の中に、もともと単純なものが好みの方が多く、後半が好みでなかっただけのこと。ピダムやミシルが良しとされるのもあからさまでわかりやすいから。
後半のような微妙な感情の機微がお好みの方も世の中にはたくさんいらっしゃっいますが、物語の途中から見始めるということは少ないでしょうから、善徳女王ではマイノリティーのようになっている。
と考えますがいかがでしょうか。

浅い、ワレナガラ浅すぎる!すみません。言いたいことが伝わるといいのですが。
追伸:何度読んでも「ピダム無双」という表現に笑えます。

めい子様へ

  1. 2011/07/11(月) 00:04:11 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
めい子様、こんばんは!えと、めい子様は「とくめいこ様」で宜しいのでしょうか…?も、もし間違っていたらすみません…!元「とくめいこ様」と判断してお返事させて頂きます。

いや、本当に仰る通り、様々ですね。様々であるから良いと思うのですが、聖人君子タイプではないもので(笑)、「こう言う見方もあるんだと、多数派の方に知って頂きたい。そして、少数派の書いたSSでも、多数派の方に楽しんで頂けるなら、少しドラマに対する見方を、感想を、それを発信することがどう言うことなのかを考えて頂きたい」と暴走してみました。めい子様のお言葉通り、これまでもどかしさだけは怨念のように積み上げてきてしまったものでw、少しは少数派のもどかしさを知って頂きたいなーと…。本当に、自己満足以外の何者でもないですが。

これだけは勘違いして頂きたくないのですが、私はナムさんのファンの方だからと偏見を持って接したことも、一方的に憎悪したこともありません。誰かのファンになることがどんなにその人の人生を明るくするか、私自身経験しています。
ですから、コメントで「ピダムのファンです」と見かける度に、「そうかー」と一抹の寂しさは感じましたが、それよりも、「ピダムファンではない」と明言している私の書いたものを読んでくださったこと、わざわざ時間を割いてコメントをくださったことの方が何倍も嬉しかったんです。ナムさんへの好意を綴ってくださることに対しても、それ自体に「けっ」とか思ったことはありません。
私が気分を悪くすることがあったとすれば、それは自分から見に行ったブログで、脚本やヨウォンさんの演技に対して、謂れない非難や批判を見かけた時です。ドラマを見てすぐに、深く考えたようにも見えないのに、ミシルやピダムを褒め称え、トンマンをこき下ろす、そう言うことに対して怒りは感じましたが、そんなことを私へのコメントで書いた方は一人もいません。めい子様を含め、どの方も、いつも嬉しいコメントをくださいます。

と言うわけで、その辺でご遠慮なさらず!ナムさんについて散々こっぴどく批判しましたが、大嫌いな役者さんの演技を長々と見続け、その表情や仕種を研究し、SSに反映させるなんて、私はそんな辛抱強いことが出来る人間ではありません。
ミシルの女優さんは多分一生好きになれませんが、正直、ナムさんはわからないんです。
ただ、善徳女王と言うドラマにおいて、彼は力不足であり、それを補う努力を怠ったと感じました。勿論、努力を感じる部分もありました。オムさんからも感じたように。ただ、オムさんは努力しても尚、即位前まで年齢の割に下手過ぎだと思いましたし、ナムさんは女王時代、努力する部分がズレていると感じました。オムさんは即位前までドラマの出来に大きく関わる主役の相手役でしたし、ナムさんは女王時代に主役の相手役だったので、彼らに対する私の評価の基準は、どうしてもそこに置かざるを得ません。相手役とそうでないのとは、大きく違うからです。

投獄されているユシンとピダムの怒鳴りあいのシーン、私も結構好きですよーv あの、司量部の牢屋のセットも良かったです。いかにもおどろおどろしくて、雰囲気抜群で!

↑でも書きましたが、ドラマを好きになってその二次創作をする以上、役者さんの演技への好悪に関わらず、役者さんの演技についてはしっかり確認して、SSに反映させるのが最低限の礼儀だと思っています。なので、私が変える必要があると感じたところ以外は、基本はドラマの役者さんのままなんです。脚本とズレていなければ。
ピダムに関しては、トンマンへの触れ方が、SSとナムさん(女王時代)とでは少し違うと思います。トンマンを抱きしめる時、私が書くピダムは、思いっきりしがみつくように抱きしめることが多いんです。そして、ムンノやミシルへの未練を薄くし、ひたすらトンマンに狂おしく恋しているように書きました。その方が私が萌えるのでw

> ●何が、どこが、即位前より悪いのか、劣るのか、何故女王時代の脚本が悪いと思うのか?

その通りです、↑が根本です。特にピダムに対してあれこれ語ったり批判したりしたのは、私が大好きな女王時代、彼が主役の相手役だったからでもありますし、私が知る限りでは、ナムさんファンの方に女王時代の脚本を非難する方が多いからです。
ええと、劣ると言うのは、ドラマの出来に対してでしょうか。出来に対して言うのなら、「主役の恋愛模様がわかりにくくなるような演技をした」と言う意味で、ナムさんはドラマの出来を悪くしたとは思っています。
ですが、それは彼の演技が下手だからではなく、彼が、主役トンマンへの、狂おしいばかりの、反乱さえ起こすほどの恋心を、死に物狂いで演じなかったからです。あの反乱は、ピダムがトンマンに対してどれだけの熱量で恋をしているか、執着しているかが全てなのに、その表現を彼は怠りました。それは、老け演技とか、司量部令としての腹黒演技とか、それまでの様々な演技で補える代物ではありません。物語の展開上の重要度が決定的に違うからです。
そして、ピダムの恋心が薄くなればなるほど、トンマンの気持ちはただの意志薄弱になり、チュンチュの行動はただの被害妄想の結果の暴走になってしまいます。ですから、ピダムの恋心がいかに狂おしいものであるかはとても大切だと、私は考えています。ドラマのクライマックスの出来を左右するほどの重大事項であると。

> 後半が劣っているとかいうことではないです。単に、チャングムや暴れん坊将軍のようにテーマと見るべき焦点が簡単なほうが好きだから。

あー…なるほど。ありがとうございます!そう仰って頂けると、凄く納得出来ます。「脚本が悪い」と言われるとカチンと来ますがw、好みの問題なんだと伺えば、その通りだと思います。(自分の嗜好が変わってることは、常々実感しているのでw) ああ、自分でもそうかもしれないとは思っても、いや違うかも、どうなんだろうとわからなくてウダウダしていた部分をスパッと解決して頂けた気がします…!!
私も即位前までの脚本の出来が悪いとか、嫌いだとは思っていないんです。女王時代の人物関係の核になる部分がぎゅっと詰まっているので、とても大切で、むしろ、もっときっちり見なければと感じています。

浅いなんて、とんでもないです!!!一つ一つの文章に、うんうん頷きながら拝見しました。丁寧で、公平なご意見、心から感謝致します…!気持ちよく月曜日を迎えられそうです。めい子様、ありがとうございましたーv


> 追伸:何度読んでも「ピダム無双」という表現に笑えます。

すみませんwwゲームの無双シリーズを昔楽しんだもので、ピダムのあのシーンを見て、「趙雲とかこう言うことしそうだなー」と思っちゃったんです…w

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/07/11(月) 22:29:12 
  2.  
  3.  
  4. [ 編集 ] 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/07/12(火) 11:10:53 
  2. URL 
  3. めい子 
  4. [ 編集 ] 
脚本の解釈や演出方法など、高度なお話は読者として大変楽しませていただいています。それは他の方におまかせするとして、ナムさんのファンとして少しお話してもいいですか?
ナムさんのファンとしては、あまり心配はしていません。
彼は沈黙という賢さは持ち合わせていないかもしれないけれど、あつ様がおっしゃったように、今までの彼の軌跡を見聞きし好ましく思っているからで、成長する人だと信じているからでもあります。心配するとすれば、打ち上げなどに参加しないなど、彼らしからぬ状況におかれるほどに、ブームのような瞬間的ナムさん需要は彼に合わないだろうと思う点です。
また、ご指摘の、『トンマンの気持ちを表現する手助けを怠った』つまりは『主役を主役たらしめるために演ずる』というのは、私には衝撃でしたね。今まで考えたこともなかったので(ほら、浅いでしょ(笑))。役を演じることに没頭する傾向はあるかも・・・。お伝えできるなら本人の意見も聞いてみたいなぁ。

さて、ナムさんへの批判は、トンマンへの愛を描くところにでなく、ピダムという人物を魅力的に描くことに力が向き、その結果トンマンの心情を分かりにくくし、つまりは後半のストーリーをわかりにくくしたということかと思いますが、
それがそうであれ、あれでよかったのだという意見であれ、ナムさん個人の責任もしくは成果だとは思っていません。緋翠様は監督にそこまで力はなかったと判断されましたが、私個人としては、演技を指導したり、役者の能力を引き出す力はないかもしれないが、勝手をゆるすほどではないと考えていますし、あつ様の書かれたようなことから、『愛想はいいが勝手な』役者ではないと考えているからです。あのピダムも、あれで良しとされたのだというのが私の考えです。
また、他の方も書かれているように、そららも含めて、なんであれ、誰か個人の責任となるものでもないとも考えています。
また、これは、『ピダム』をここで泣かせるべきだった、愛を出させるべきだったと論じる問題で、ナムさん自身を論じるものではないとも考えています。
でも、お返事などを読ませていただいて思うに、ナムさん自身が主論になるのは管理人様の本意ではないのではないかとも感じています。
ドラマを考えると、ピダムはこうあるべきと説明するにあたり、私のようなあまり考えの無い者が、『ピダムの何が悪かったって言うのよん!』とならないように、そう考えるに至った経緯と理由を説明されたと。
そりゃ、さいしょはギョっとしたところもありますよww
しかしですね、それはそのまま、他で脚本やヨウォンさんに対して思いやり無く書かれた記事が緋翠様に抱かせた感想と同じなのではないかと。
しかし、緋翠様はその一部の直情的な記事と同じにならないように、記事にする前に1年もかけて考え直し、情報を収集され、検証して、ご自身のブログで発信された。どの俳優であれ、作品であれ、安易に判断を下すな、下すにはこれだけ覚悟がいるのだぞということもおっしゃりたかったのではなかろうかと思うのです。
役者と友人になったり、参加した作品の脚本家や監督すべてに聞きまわることができない以上、ファンであろうと無かろうと調べられることに限界があり、大なり小なり解釈にそれぞれの主観が入るのはしかたのないことで、できればそこは余白として、確定事項と感じさせるものではなく、そういう感じ方をしたという書き方をしていただければ嬉しかったなとは思います。

なににせよ、個の俳優についてではなく、脚本の解釈や、こうしたらもっと良かったということを論じたり、管理人様の生み出すSSで、善徳女王を楽しみあう場であり続けていただけたらなと思う次第です。

あ~やっぱり難しい言葉は使えない!それと、有難うございました。

めい子様へ

  1. 2011/07/12(火) 17:45:50 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
めい子様、こんばんは!
ええと、大変恐縮なのですが、あつ様へのお返事と内容が被りまくりだったので、あつ様のお返事に纏めてしまいました(汗)
すみませんすみません!そちらをお読み頂ければ幸いです…!

そして、お気遣いありがとうございます。癒されますー。

  1. 2011/07/12(火) 20:44:20 
  2. URL 
  3. めい子 
  4. [ 編集 ] 
なるほど。私としては、俳優であれ監督であれ、個の責任ではないと考える。という事を書いたつもりですが、それも見方の問題では済まないと言うことですね。
それであれば、ご指摘の点は今一度受け止め直さねば。
また、言葉足らずでしたら申し訳ありません。自分も同じファンのブログで直情的な記事には賛同しかねたので、批判を書くにはこれだけの覚悟がいるのだ、そうでないなら書かぬことだと、身内と共に反省したわけで。


それらが甘く写ったらば申し訳ないです。
もっと勉強してから再トライいたします(>_<)
せっかく手間をかけさせぬようにしたつもりが・・・返信にも時間も手間もかかるでしょうから、返信不要が効くといいのですが(笑)

めい子様へ

  1. 2011/07/13(水) 00:45:23 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
めい子様、こんばんは!返信不要、効かないんですよ…!(笑) 何か受け取った以上、返さないことには落ち着けないんですw

> 俳優であれ監督であれ、個の責任ではないと考える。

ああ、なるほどー。
私の場合は、「この人がこのポイントだけでも上手くやってくれてたら、あとは皆でフォロー出来るのに」と思う傾向があるようでして。ソフトボール根性が染み付いているのか、どうせ誰であれ完璧な存在なんていませんから、それぞれのポジションを全うすべくプレーにベストは尽くした上で、監督に従いキャプテンに従い序列をはっきりさせ、お互いにフォローし合うのが大切だと思っちゃうんですよ。
だから、ドラマを見る時も、特に若手役者は無闇に監督なり脚本家なりに逆らうべきではないと思うんです。それが出来るのは、最高学年に当たる、経験と実績を積み上げてきた人達だけだと。若手は黙って脚本を理解しようと努力し、とにかく忠実に演じろ、と言うのは、「新入生は先輩の言うことに逆らわず、その世界のルールがわかるまではただ言われた通りに動け」と運動部で言われるのと同じことで。そう言うのが下積みって言うんじゃないかなあと身体に叩き込まれているらしいですw 実際問題、新入生には最高学年のことなんてほとんどわかってないも同然ですしね。
んでもって、最高学年でない1年や2年がエースピッチャーに起用されたら、いくらその人に才能があろうと、とにかく全員でフォローしなければどうしようもない。レギュラーは特に、学年が何年であろうとピッチャーを盛り立てピッチャーが気持ちよく投げられるようにすべきだし、女房役のキャッチャーはピッチャーのことを誰よりも考え優先すべきだと言うこの理論が、私は長編時代劇に、特に今回の善徳女王には当てはまっていると思いました。ええ、仲良くすることより勝つことを目指すソフトボール部理論です!(笑)

> また、言葉足らずでしたら申し訳ありません。自分も同じファンのブログで直情的な記事には賛同しかねたので、批判を書くにはこれだけの覚悟がいるのだ、そうでないなら書かぬことだと、身内と共に反省したわけで。

いえ、そんなことはないです…!すみません、あつ様とめい子様と、考えてみればお返事のトーンもテンションも違うお二人に対して、同じコメントでお返事するなんて…(汗)
私も直情的な記事には賛同しかねることが多いので(それでも新しい視点が養えると言う利点はありますが)、めい子様にそう思って頂けて光栄であると同時に、矛盾してますが(笑)、そんなことを反省させてしまってすみません、とも思います…。

甘く写ったら、とかそんなことはなく、ただ、視点が違う人もいるんだと言うことをお伝えして、物書きの端くれとして、脚本家の苦労や、脚本に対する評価の基準もお考え頂きたいなーとかなんか自己満足をぶちまけました。めい子様に温かく受け入れて頂けたことに深く感謝します…!


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。