善徳女王の感想と二次創作を中心に活動中。

RhododendRon別荘

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

2月27日に頂いたコメントへの返信

熱の出ない風邪っぴきの為、懐かしい漫画を発掘、『はい/か/らさ/んが通る』を久々に読みましたv 個人的に和紀さんの漫画の中で一番好きです。
なんといっても、紅緒さんに惚れます(*´∇`*)(←紅緒さん好きの延長線上にトンマンLOVEはありそうですw)
んで、昔も今も、少尉や編集長より、蘭丸の黒髪の美しさと、ラリサさんの美貴族ヘアーにときめきます(えっ) キャラ的には、鬼島さんと、ギャグ化した時の編集長とつめ子さんが好きです(*´∇`*)
当時の風俗・暮らしにどっぷり浸れて、笑えて、切なさもあって、笑えて、いい漫画だ…と思います。
最近知った新たなツボは、映画版で鬼島さんを本田ひろたろーさんが演じていたことです(!) 思わず、鬼島さんってそんなにオッサンだったっけ…とか思ってしまいました。すみません。←


続きは頂いたコメントへの返信です。拍手をくださった方々、ありがとうございましたーv


* *


●美月様へ●
美月様、こんばんはーv
こちらこそ、お返事ありがとうございます!不具合がなくなってホッとしました(*´∇`*)
しかも、読み直しだなんて嬉しいですvv
レンタルビデオ屋さんであらすじを……新しいパターンです(笑) 最終回を見終わってから…と言う方が多いので、説明書きに打ちひしがられたと言う方とはお初なのですが、確かにそれはキツいです(ノд`;) 最終回も面白いので、気を取り直して、頑張ってご覧になってみてくださいvv 自家発電しながらお待ちしてます!(笑)
リレー小説の設定、私も好きです(爆)(ムンノとピダムのコンビも好きなので、もうムンノとソファで子育てしちゃえ!と、いつも思いますw)
郎徒(なんど)時代にユシンとピダムが出会ってたら、ヤバいですねw 特に、トンマンに砂袋をつけてる時代だったら、非常に大変なことになりそうです(ノ∀`)(笑)
美月様、嬉しいお言葉をありがとうございます~vvゆっくりしつつ、SSも書きます(・∀・)/
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012.02.28(火) _22:51:25
  2. 拍手コメントへの返信
  3.  コメント:8
  4. [ edit ]

<<2月28日に頂いたコメントへの返信 | BLOG TOP | ガラ亀とたまちゃん妄想レポ。>>

comment

和紀さんの漫画

  1. 2012/03/01(木) 06:42:17 
  2. URL 
  3. するめの唄 
  4. [ 編集 ] 
緋翠様

おはようございます。

私も、和紀さんの漫画が好きです。漫画文庫を数冊手にいれましたが、「はいから・・・」と「あさき・・・」は揃えていなくて、「はいから・・・」話に懐かしくなりました。

紅緒さんとトンマンは確かに結びつきます。おてんばで、おんなっけ無しで、環に美顔について怒られていたような・・・(笑)

この時代背景は私も好きで、サーシャとラリサはツボでした。
懐かしいお話をありがとうございます。読みたくなりました~。

ガラ亀も好きですが、お休みが多くて、現在どうなっているのかわかりません。

するめの唄様へ

  1. 2012/03/02(金) 22:39:07 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
するめの唄様、こんばんは~v

漫画ネタに反応して頂けて嬉しいです!
和紀さんの漫画は、とにかく絵が優雅ですよね(*´∇`*) あさきゆめみしを初めて読んだのは学校の図書館で、何故かビッグサイズだったんですが(笑)、惚れ惚れしました。
私も「はいからさん」も「あさき」も全部持ってはいなくて、たまにブックオフに行った時はついついチェックしてしまいます。←定価で買いなさいw

> 紅緒さんとトンマンは確かに結びつきます。おてんばで、おんなっけ無しで、環に美顔について怒られていたような・・・(笑)

そうなんです!編集長との結婚式の日には、環にお化粧してもらって「苦しい。ゆうに皮三枚は増えてる」と思ったりとか、なんかトンマンと似てますよねー(笑)

サーシャとラリサはあんなに優雅な二人とも悲惨な運命でしたよね…。もふもふ縦ロールなのに…。←意味不明

ガラ亀は、紅天女のキャスト&演出家候補がマヤチームと亜弓チームに別れて稽古をして試演を行い、試演の出来がいいチームが紅天女を演れる、と言う展開になってましたv そして、なんと、まだ両想いだとは知らないマヤちゃんと速水さんは、いきなりワンナイトクルーズするようです(爆)

No title

  1. 2012/03/03(土) 02:20:40 
  2. URL 
  3. げん 
  4. [ 編集 ] 
緋翠様 こんばんわ!

はいからさんとはこれまた懐かしいマンガですー。
私は紅緒さん&少尉もいいですが、鬼島さんと環さんカップルが好きでしたね。確か結婚を決めらちゃった(?)環さんを忘れるため(?もうあやふやな記憶です)満州に帰ってしまった鬼島さんを環さんが追いかける番外編のお話しが好きですv

そして番外編にはその後の紅緒さんと少尉に男の子が生まれてますが、編集長の名前をもらって秋星ちゃんだったと思いますが、なんかを一気食いする・・・将来大物になりそうな、楽しみですな…の図があって、顔は少尉、性格は紅緒さんというのが、そういえば、隠居連載のヒョンジョンみたいだなーと思いました

懐かしい思いに浸らせていただきました!ありがとうございます!



No title

  1. 2012/03/03(土) 09:21:33 
  2. URL 
  3. didi 
  4. [ 編集 ] 
「はいからさんが通る」に反応しちゃいました。なつかしい・・・。
いまだに読み返す作品ですよ、あれは。
ベルバラのオスカル・アンドレより、エースを狙えの藤堂さんより、少尉に焦がれた時代がありまして(ああ、年がばれる・・・)。
あんなメロドラマチックな展開を、クスクス感満載のコメディに仕立ててしまう大和和紀という才能は、やはりタダモノではないと思ってました。
紅緒さんの延長上にトンマン愛あり・・・ですか。
なんか、わかります。わかりすぎて、怖いです。
ワタクシめは、リンドグレーンの本を全部読んでいるんですが、やはり一番は「長靴下のピッピ」。
好きなヒロインの系列を追っていくと、必ず根底にピッピがいるって思ってました。
紅緒さんにも、あい通じるものが・・・?

あ、いえ。言いたかったのは、そこではなくて。
リレー小説、読み返しているところです。
「善徳女王」のIFの設定で、トンマンとピダムが一緒に育っていたら、というのは、最もおいしいところですよね。
シアワセな二人の描写、もっとよみたいです。




緋翠さまへ

  1. 2012/03/03(土) 17:05:49 
  2. URL 
  3. あき 
  4. [ 編集 ] 
緋翠さまこんにちは♪

緋翠さまの風邪は良くなられましたか?私の方は風邪か花粉かと一週間悩み?ましたが、先日持病の定期検診で病院を訪れた際、「扁桃腺真っ赤ですねー風邪です」と診察され、解決?しましたv
熱もないし埃っぽいから喉が変!と言い聞かせていたのに(T_T)
今は夜になると咳が出るので、ブログを見るのが楽しみですv←いや睡眠第一ですねf^_^;

でも、緋翠さまの『は♪いからさん』記事を見て、読みたくなりましたー!コミックス全巻持っていましたよ!結婚した時、「ヨ♪コハマ物語」と一緒にブックオフに送り出したあの本は今はどこにいるのでしょうか?

私が初めて読んだ大和さんの作品は『ヨ♪コハマ物語』でした。そこから『あさき』と『はいから』読破というパターンですねー。『あさき』以外はほとんど、タフで諦めない魅力的なヒロインが時代の流れに立ち向かいながら、夢を掴むという王道ストーリーで、シリアスとコメディのバランスも絶妙ですよねー(*^o^*)

何よりキャラが全員魅力的!絵が上手で漫画の域を超えて芸術!と思います。今見ても。

ところで、編集長は最後に紅緒似少年とムフフ←死語? でしたが、大河でもムフフな二人が出てきましたねーv 藤木さんはそっちもオッケーな役なのでしょうか?大河なので進展はないでしょうが、ちょっとびっくりしました。先が気になるので、後で緋翠さまの大河レビュー記事を読んで見ます。←この間はお楽しみにしておこうと思い、あらすじを読まなかったので(^w^)

それでは、緋翠さまもお大事に!

げん様へ

  1. 2012/03/04(日) 17:05:01 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
げん様、こんにちは~v

>はいからさん

げん様は鬼島さん&環さん派なんですねー!確か、行動力たっぷりのツンツン同士だった気が…(笑)
満州での番外編は、私にはちょっと話が重くて(ついついパラレルワールドの話や蘭丸の話を読み返してしまいます)(…)、何度もは読み返せませんが、チャイナドレスの環さんは凄く綺麗で、そこだけは何度も見直してしまいますv はいからさんは脇役の恋路まで追い掛けてくれて、サービスたっぷりですよね!

> 顔は少尉、性格は紅緒さんというのが、そういえば、隠居連載のヒョンジョンみたいだなーと思いました

確かに…!(爆) 男の子は母親に似ると言うので、完全なトンマン似にしようか悩んだのですが、でもやっぱりピダムに似た部分も欲しくなっちゃった覚えがあります(笑)
あ、秋星ちゃんは、蘭丸からもらったお菓子を一気食いしていた気がします。恐ろしいですねw

> 懐かしい思いに浸らせていただきました!ありがとうございます!

私の方こそ、反応して頂けて嬉しいです~vv(*´∇`*)ありがとうございます!

didi様へ

  1. 2012/03/04(日) 21:27:56 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
didi様、こんばんは~v

「はいからさんが通る」、私も持ってるぶんは今でも読み返します(笑) いつ読んでも笑えてドキドキ出来る作品です(*´∇`*) 本当に、あらすじだけ見ればかなり厳しい話にもなるのに、和紀さんの演出力は凄いなと、改めて実感しています。
あ、少尉には焦がれたことがない私でも、ラリサさんの髪型と美貌にめちゃめちゃときめきまして…。←ズレとる…。

> 紅緒さんの延長上にトンマン愛あり・・・ですか。

なんとなく、そんな気が(笑) 
そして、didi様の原点がピッピと伺って、深く頷いています。didi様のブログで取り上げられているつくしちゃんは、私の中ではピッピと同じカテゴリーなんです。紅緒さんの体育会系不屈の魂は、まさしくピッピではないかと…!
私の場合は、小学生の時に一番のめり込んだのが、キュリー夫人の伝記でしたv 好きな本は十五少年漂流記でしたし、善徳女王もはいからさんも、その延長戦上にあるように感じています。

そしてそして、リレー小説、お読みくださりありがとうございます!(*´∇`*)
『トンマンとピダムが一緒に育っていたら』と言う夢の設定は、書いていても本当に幸せです(笑) だんだん、「これはハッピーエンドだな」と言う気持ちにもなってきますしv
これからは幸せかどうか怪しいですが、力を合わせて全力で頑張ります!

あき様へ

  1. 2012/03/04(日) 23:56:04 
  2. URL 
  3. 緋翠@管理人 
  4. [ 編集 ] 
あき様、こんばんは~v
風邪は一進一退しつつ、でも良くなっていると思います!ありがとうございます……と言うか、あき様の方が大変ではないですか!(汗) 夜に咳なんて、苦しいですよね…(;Д;) 私のはアレルギーに近いので、夜になって体の機能が低下してくると、自然と咳も治まり、寝てる間はぐっすり♪なんですよー(汗) なので、あき様、どうかどうかお体ご自愛くださいませ…!!

話変わって、『ヨコハマ物語』も逞しいヒロイン二人が大活躍のお話でしたね、そう言えばv そちらは途中までしか読んだことがなかったのですが、今ふいに思い出しました。あき様が持っていたとお聞きしたからには、ブックオフで見つけて最後まで読んでみます!(だから買いなさいと…)
タフで諦めない魅力的なヒロインが時代の流れに立ち向かいながら、夢を掴むという王道ストーリー……その通りですねー。やっぱり、どんな時代設定でも、王道ストーリーっていいですよね!(*´∀`*) シリアスとコメディのバランスの絶妙さも、大好きですvv
絵柄も本当に美しくて……特に、『あさき』はB5かA4サイズのを学校の図書館で見つけたのが始まりなので、カラーページの美しさの衝撃は今も残っています。平安ものが早いうちに好きになれたのは、間違いなく和紀さんの絵の美しさゆえですね!(笑)

大河のムフフは、正直ビックリしましたw ノベライズの時は、そう言う風に感じなかったので、「え」と…。どっちかと言うと、男(役)同士が絡んでいる絵面は宝塚だろうと「ムサイ」と思うタイプなので(爆)、そんなに嬉しくなかったりしましたww あ、でもでも、義清と崇徳天皇は歴史的にも繋がりのある二人なので、仲良しこよしでもイイと思います(・∀・)/
そして、私の大河レビューと言うか、いい加減なノベライズレビューは、何の参考にもならない可能性が高いです…!す、すみません!(汗)

コメントの投稿機能に関しては、最近調子が悪いのか、携帯から投稿されたコメントは反映されるのが遅いみたいなんです…。「投稿が完了しました」みたいな画面が出ている場合は、コメント一覧にすぐに表示されなくても、ちゃんと投稿されているので、ご安心を~v あ、FC2さんには文句を言っておきますw(ブログの不具合で体調の悪いあき様にストレスをかけてしまって、申し訳ないです…!)


追伸:最後に、いつも丁寧なお気遣いをありがとうございますー(*´∀`*) 美人妻は癒しです(ちょ) 壁紙は、例によって例の如く、携帯からではわけがわからなくてすみません(笑)……と、簡単にお返事させて頂きます!


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。